無料ブログはココログ

Google +1

にほんブログ村

Instagram

にほんブログ村(記事一覧)

« TIGRATO(ティグラート) / 四ツ谷 | トップページ | 【北陸カフェラリーシリーズ2019:その5】Curio Espresso and Vintage Design Cafe(キュリオ) / 金沢(安江町) »

2019年10月 3日 (木)

ほんのみせ コトノハ / 国立

 

元ネタはいつも世話になっております中央線の鬼のこの方から、国立の富士見通り沿いにブックカフェが出来たのでぜひ、ということで、とある日の土曜に。

Img_5063_2

場所は国立駅から南西へ伸びる富士見通り沿い、さえきの少し手前に1Fがブティック2Fに本・cafeという看板が。しかーし、入口は通り側にないので裏側へ。

 

Img_5064_2

裏側に回って、今回のお店はこちら、ほんのみせ コトノハ。 

Img_5066_2

階段を上がるとカーペット敷きのハコに壁面の本棚。カウンターは北東側(階段上がって左手背面)にあり、手前のテーブルにも本が並べられる。

 

Img_5069_2

客席は南側(通り側)に一枚板のカウンター席が6席、と非常にシンプルな構成。テーブル上にはこちらも本が並べられており、こちらの分だけ(?)カフェ使いでは自由に本を読むことが出来る。

 

この日は6月の土曜の15時近く、お客さんはノーゲスト。今回は様子見で…

 

Img_5067_2

アイスコーヒーを。豆は北口の国立コーヒーロースターズ(豆売専業)さんから。


お店データ

ほんのみせ コトノハ

所在地:東京都国立市中1-19-1 2F

営業時間:

定休日:

電話番号:非公開

https://kotonohabookcafe.com/

https://twitter.com/kotonohabcn

https://www.instagram.com/kotonoha.book/

# 全席禁煙

 

Img_5068_2

メニューはキッチンの制約もありパスタとカレー、そしてシフォンケーキとドリンクといった比較的軽めのラインナップ、だがパンケーキもあり。

地域を反映してかというかコンセプトが「小説の書き方、出版業界に関わる人々のエッセイ(後略)」と選書が文学系寄りのため好みが割れるかもしれないが、地域のおひとりさまブックカフェ、とおぼえておいて良いかもしれない1店である。

« TIGRATO(ティグラート) / 四ツ谷 | トップページ | 【北陸カフェラリーシリーズ2019:その5】Curio Espresso and Vintage Design Cafe(キュリオ) / 金沢(安江町) »

cafe・国立市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« TIGRATO(ティグラート) / 四ツ谷 | トップページ | 【北陸カフェラリーシリーズ2019:その5】Curio Espresso and Vintage Design Cafe(キュリオ) / 金沢(安江町) »

カテゴリー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30