無料ブログはココログ

Google +1

にほんブログ村

Instagram

にほんブログ村(記事一覧)

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月

2019年9月30日 (月)

TIGRATO(ティグラート) / 四ツ谷

# 6月のとある日の平日の話

この日は用賀のコーヒースタンドのオーナーのinstaからネタ拾い。カフェとしてはレアな四ツ谷の東側にジェラートカフェ&ショットバーがあるということで早速。

Img_5010_2

場所はJR駅の麹町口からビル街を入って程なくの場所にひっそりとある…

 

Img_5009_2

今回はこちら、TIGRATO(ティグラート)。 

 

 

Img_5018_2

入ると奥と手前にカウンター席が10数席、中央に丸テーブルが数席と基本カウンタースタイルのハコ、正面奥のバーカウンターにはアルコール類が並べられ、右手にあるマシンは都内ではまだ珍しいCIMBALIM34系列。右手がジェラートのエリアの構成。

この日は平日の18時頃、ちょうどbar timeとの端境時間帯だったため、お客さんはノーゲスト。今回は様子見で…

Img_5016_2

ジェラート2種、今回はピスタチオとアーモンドを。そしてカフェラテを(豆は練馬のロースターさん、とのこと…)。

続きを読む "TIGRATO(ティグラート) / 四ツ谷" »

コトリベーカリー / 豪徳寺・山下

この日は土曜の昼前にちょいと気になったお店を。カフェは少なめの豪徳寺商店街にイートインスペースを併設するベーカリーが出来てたということで。豪徳寺といえば緑道沿いのUがあまりにも有名だが、しかもお店はその手前側。

場所は駅から商店街を北へ2,3分ほど、ちょうどUとの中間地点のジムの向かい辺りの新しいアパートの1Fに入る…

Img_5062_2

コトリベーカリー、2019年5月にイートインスペースが出来た瀬田の環八沿いにあるラ・パニョッタの支店である。

 

Img_5051_2

入ると左手にパンがズラリと、右手のガラスケースにはサンドや要冷蔵sweets類が並ぶ。

イートインスペースは右手にテーブル席が2席×3組。ちょいとしたcafe使いが出来るよう、ほっこり系のインテリアになっている。この日はopenが若干遅れて土曜の11時過ぎ、今回は様子見で…

 

Img_5055_2

あんバターコッペ(?)とカフェラテと。

続きを読む "コトリベーカリー / 豪徳寺・山下" »

2019年9月27日 (金)

【北陸カフェラリーシリーズ2019:その5】東出珈琲店 / 十間町(金沢)

さて、先のパンビストロカフェからとあるコーヒー店に向かう前の時間調整として近江町市場近くの有名珈琲店に。

Img_6048_2

場所はその近江町市場の南側の通りの駐車場の間にポツンと立つ右手から煙突が伸びる一軒家…

 

Img_6049_2

今回はこちら、東出珈琲店、金沢では言わずとしれた有名自家焙煎珈琲店である。入口右手の部屋が焙煎室になっており、(おそらく)フジローヤルの銀色の年季が入った焙煎機が鎮座する。

 

Img_6054_2

入ると奥に長いハコ、左手のレジから続いてキッチン前のカウンター席が10席ほど並ぶ。バックカウンターには自家焙煎の豆が20種類ほどズラッと。

 

Img_6051_2

そして東側にテーブル席が20席弱、ステンドグラス的窓ガラスと濃緑のベンチシートを始めとしたレトロ調な店内とのマッチングがまた良い。

この日は7月下旬の平日の10時過ぎ、モーニングも一段落して昼までのマターリとした朝時。今回は様子見で…

Img_6050_2

アイスコーヒーを。

 

 

続きを読む "【北陸カフェラリーシリーズ2019:その5】東出珈琲店 / 十間町(金沢)" »

2019年9月26日 (木)

旅カフェ SHANTI(シャンティ) / 登戸

#6月の話

元ネタはいつも世話になっておりますこの方からの頂きネタ。登戸の多摩川沿いにバックパッカー出身の方のカフェがopenしたと。場所柄近くということもあり、openしてしばらく間が空いたのだが機会ができたので早速。

場所は小田急の登戸駅から多摩川沿いを二子新地方面へあることしばらく、登戸の渡しの先にある真新しいビル…

 

Img_4928_2

旅カフェ SHANTI(シャンティ)、2019年4月20日にopenした、かつて下北沢にあった旅カフェGIFT(既訪)のスタッフの方によるカフェである。 (なお、fuglenはこのビルの2つ駅寄り。まぁ、世界を旅してきて日本に帰ってきてカフェを開くというのはちょくちょくあるケースですが…)

 

Img_4941_2

入るとちょいとコチャコチャっとした店内、種類バラバラのusedなチェアも混じったテーブル席が14席ほど、右手に合板のカウンターとともにキッチンがあり、カウンター席が4席といった構成。左手のガラス向こうにテラス席が数席。

この日は6月の日曜の16時頃、お客さんは他に4,5組程度。今回は様子見で…

Img_4931_2

ブルーラテを。バタフライピー茶葉を使用したもの。

続きを読む "旅カフェ SHANTI(シャンティ) / 登戸" »

2019年9月25日 (水)

Cafe Fete le marche(フェットルマルシェ) / 向ヶ丘遊園

 

# 今回は小ネタ

元ネタは元を正せば居抜き店舗サイトから。以前訪れた川崎市の多摩区役所近くのカフェが物件に出ているのを確認した後、別のお店がopenしているということでちょいと行ってみることに。

場所は多摩区役所の東側のビルに入る…

 

Img_4705_2

Cafe Fete le marche(フェットルマルシェ)、ほっとカフェ(既訪)跡に2019年4月25日にopenしたお店である。お店自体は階段を上がって2Fへ。 

Img_4710_2

階段を上がると広めのテラスがあり、やはり以前と同じくこちらにもテーブル席が8席ほど。

入ると右手にケーキ類等が入れられたガラスケースがあり、その奥にキッチンとカウンター。奥には<a href="http://www.lamarzocco.com/">LA MARZOCCO</a>の<a href="http://global.lamarzocco.com/en/linea-classic-en/">Linea Classic</a>1連が鎮座する。

店内客席はハコの特性上少なく、奥にテーブル席が4席、手前にテーブル席4席といった程度。キッチン前のカウンター席もあるが、そちらはランチ用に色々置かれていたらしく使えるか使えないか微妙なところ。

この日は6月の15時頃、お客さんは他に1組。今回は様子見で…

 

Img_4707_2

カフェラテと米粉のシフォンケーキと。

続きを読む "Cafe Fete le marche(フェットルマルシェ) / 向ヶ丘遊園" »

2019年9月24日 (火)

【北陸カフェラリーシリーズ2019:その4】ひらみぱん / 香林坊(金沢)

 

# 北陸シリーズの続き

先の「櫻井家カフェ3号店」店主からオススメされて(というかすっかり忘れてた)、せせらぎ通りをさらに北上。すぐ近所に有名パン屋さんがあるということでそちらに。

Img_6035_2

場所はその小学校の角地の交差点角にある古い建物に入る…

 

Img_6033_2

今回はこちら、ひらみぱん、金沢ではというか全国区で言わずとしれた有名パン屋さんである。

Img_6047_2

入るとすぐに所狭しとパンが並ぶ。カフェと言うかレストラン客席はその右手のフロアに。

 

Img_6038_2

客席はusedの家具類で構成されたテーブル席が22席ほど。写真では前のテーブルが傾いているが、床が「実際に傾いている」んです、はい。窓際にはワインボトルが並べられ、そこに花が生けられる。

 

Img_6040_2

天井は見るからに大正時代の鉄工所跡の建物を色濃く残す梁周り、壁面は白く塗られ仏系インテリアでまとめられる。

この日は7月下旬の金曜日の9時半頃、お客さんは8割程度の入りで、ちょうど空席があったので滑り込みセーフ(写真は後半に撮影)。すでにモーニングセット用にナイフやフォーク類がセットされていたが、今回はあえて店頭パンのイートイン使いで…

 

Img_6044_2

チーズパンと紅茶のスコーン。スコーンは香り高いけど水分持っていかれるタイプ…。ドリンクはカフェラテをアイスで。(エスプレッソマシンは<a href="http://www.ranciliogroup.com/">RANCILIO</a>のEpoca 1連)。

続きを読む "【北陸カフェラリーシリーズ2019:その4】ひらみぱん / 香林坊(金沢)" »

2019年9月13日 (金)

【電車の見えるカフェ】FUGLEN COFFEE ROASTERS(フグレンコーヒーロースターズ)(移転後) / 登戸

 

元ネタはinstagram方面から。北欧ノルウェー発の有名ロースタリーの日本での焙煎所が移転すると聞いたのは夏の半ば。そしてこのpostでほぼ場所は特定、実は直前に近所のカフェS(既訪、波カフェ、後日掲載予定)訪問時になんとなく場所は覚えていた次第。9月にopenしたということで早速。

 

Img_7015_2

場所は登戸駅の東、見た目より意外と近く歩いて3分ほど、多摩川の登戸の渡しを少し歩くと現れる真新しい建物…

 

Img_7041_2

今回はこちら、FUGLEN COFFEE ROASTERS(フグレンコーヒーロースターズ)、2019年9月8日に渋谷のNHK近くから移転したロースタリーである。2F以上は登戸の北にあった日本料理の柏屋の移転先。

 

Img_7029_2

入ると広いハコに北欧インテリアながらも直線感のある家具類。キャッシュオンスタイルをとり、カウンター上のマシンは<a href="http://www.lamarzocco.com/">LA MARZOCCO</a>の<a href="http://global.lamarzocco.com/en/linea-pb-en/">Linea PB</a>。ガラス奥には最近このテで規模を大きくした珈琲店ではよく見かけるLoring Smart RoastS35が鎮座する。キッチンはその手前だが右手奥はカッピングフロアと作業場となっている様子。

Img_7028_2

客席は先のカウンター席が3つと、入口脇のテーブル席が4席、奥のテーブル席が4席1組、そして窓際のカウンター席6席にその外のテラスベンチ、という構成だが…

 

Img_7019_2

やはり場所柄堤防の向こうに小田急線の多摩川橋梁が見渡せる。堤防上にはチャリダーやランニングしている方が頻繁に行き界い、さながら和泉多摩川にあったcafe finelを彷彿とさせる。

この日はopen日の日曜の15時過ぎ、お客さんはだいたい5~6割程度。話を聞きつけて訪れる方が豆を買っていったりと。今回は様子見で…

 

Img_7022_2

カフェラテを。

続きを読む "【電車の見えるカフェ】FUGLEN COFFEE ROASTERS(フグレンコーヒーロースターズ)(移転後) / 登戸" »

2019年9月12日 (木)

【北陸カフェラリーシリーズ2019:その3】cafe ASHITO(カフェ アシト) / 香林坊(金沢)

 

 

 

 

 

# 北陸カフェラリーシリーズの2日目

1日目は富山で泊の後、朝から旧北陸本線(あいの風富山鉄道&IRいしかわ鉄道)を西へ、向かったのは金沢。さらに南に下って香林坊へ。

Seseragi_free_wifi

朝からとあるお店をめがけて長町の町家街への坂を下って、その境にあるせせらぎ通り商店街を北へ少々上がると、川向うのビルに店名のない、「COFFEE SHOP」との看板だけがあるお店が。

 

Img_6018_2

今回はこちら、cafe ASHITO(カフェ アシト)、2018年8月27日にopenしたお店である。

Img_6028_2

入ると突き当りにカウンターと左右の白い漆喰の壁面、右手の一部だけに壁紙が…ってこの壁紙にピンと来れば貴方は東京カフェ通。リニューアル後のcafe lotta(既訪)の壁紙と同じ、そう、世田谷のカフェアンジェリーナ(既訪)の店主ご夫婦のご子息のお店、遡ると世田谷の白黒(既訪)の移転先である。

 

Img_6020_2

客席はシンプルにテーブル席が2組4席、テーブル上には小さく花が生けられる。残るは川の上のテラスベンチ、といったシンプル構成。

 

Img_6030_2

入口からはまっすぐ長町の町家街へ道が伸び一望できる風景。

この日は7月下旬の金曜の9時過ぎ、香林坊へ向かう地元の方々が通過し、時々店主に声をかける姿も。お客さんは他に1組、あとから1人と。今回は朝ごはん使いで…

Img_6022_2

コーヒーとあんバタートーストと。豆はどこか忘れた…(^-^; 

続きを読む "【北陸カフェラリーシリーズ2019:その3】cafe ASHITO(カフェ アシト) / 香林坊(金沢)" »

2019年9月11日 (水)

Cafe neige(カフェ ネージュ) / 東高円寺・新高円寺

# 6月の高円寺の続き

# 今回は小ネタ

南口の某コーヒーイベント訪問の後、東高円寺に抜けることに。道中そういえばと思い出して向かったのが、青梅街道と環七がクロスする高円寺陸橋のちょっと西側にある…

Img_4692_2

今回はこちら、Cafe neige(カフェ ネージュ)。

 

Img_4694_2

入ると右手1/3強がキッチンを占め、手前のガラスケースにはケーキが並べられる。客席はその続きのカウンター席が2つ、奥にテーブル席が8つといったこじんまりながら凝縮感のあるハコ。

この日は6月の土曜の15時半ごろ、お客さんは他に1人。ケーキは大半が予約モノだったので…

Img_4698_2

いちごのショートケーキを。噂には聞いていたが、イートインのフルーツデコレーションがなかなか。

続きを読む "Cafe neige(カフェ ネージュ) / 東高円寺・新高円寺" »

2019年9月10日 (火)

【北陸カフェラリーシリーズ2019:その2】Cafe Charo(カフェ チャロ) / 県庁前・新富町(富山)

# 富山の続き

 先の鉄喫茶から県庁前まで戻って…と思ったところだが、富山中心部のカフェは意外にも夜が早い(要するに閉店時間が早い(例えるなら奈良並))。(当初は県民会館のdに行くつもりだったが、平日は17時closeという唖然状態)これは夜飯食いっぱぐれる危険性が出てきたので、某所からヘルプネタを頂いて、近くのお店に。

Img_5971_2

場所は県庁前公園のすぐ北道向の古い雑居ビル、その1Fに入る…

 

Img_5972_2

今回はこちら、Cafe Charo(カフェ チャロ)。むむー、白犬ステッカー

 

Img_5973_2

入ると中は数区画に区切られたテーブル席が40席弱ほど、入口左右に本棚があり、雑誌やら漫画本やら並べられる。北端にカウンターとキッチン、といった構成。

この日は平日夜の18時半ごろ、お客さんは他に2組ほどと落ち着いた夕暮れ時、今回はご飯使いで…

Img_5975_2

チキンカレーの普通盛り、スネ足どどーん。

続きを読む "【北陸カフェラリーシリーズ2019:その2】Cafe Charo(カフェ チャロ) / 県庁前・新富町(富山)" »

2019年9月 5日 (木)

【北陸カフェラリーシリーズ2019:その1】珈琲駅 ブルー★トレイン / 安野屋(富山)

 

 

# 先の松本のカフェの続き

元ネタは純喫茶系ムックから、富山にやたらFe分の高い純喫茶があると。これはということで以前から目をつけてはいたのだが、いかんせん行く機会がなかなか無く、攻めあぐねていたところで今回、富山泊の設定で攻めることに。

松本から必殺徐行区間を含む大糸線を縦走、糸魚川からワープして富山に到着。そこから地鉄の市内線に乗って10分そこそこ、富山大橋の手前の電停を降りて、

Img_5952_2

けやき通りを南へ少々下ると右手に青い看板…

 

Img_5953_2

今回はこちら、珈琲駅 ブルー★トレイン、富山はもとより全国レベルで知られたその名のとおり「鉄」な純喫茶である。

 

Img_5956_2

入ると昭和感満点ながらも丸屋根や曲線を組み合わせた天井、旧型客車を彷彿とさせるボックスシートをあわせて20席少々。年季が入りながらも手入れされた店内。

 

Img_5967_2

入口入ってすぐ右手の数段上がったところにはVIP席(4席)が。手前には雑誌やメディアの紹介記事があちこちに。

 

Img_5958_2

カウンターはHOゲージが走るガラス張りのハコ、後方も壮観のHOゲージ群と整理された鉄道グッツがずらりと。長らく営業された経緯か寄贈品もコレクションに加わる。

 

Img_5957_2

ボックス席脇は窓に仕立て、その向こうにはこれまたHOゲージが走る。おお、懐かしの関西線春日色113系…

この日は平日の18時過ぎ、ほぼ滑り込み状態でとりあえず一杯、ということで…

 

Img_5960_2

クリームソーダを。断面が斜めのちょいと変則的なグラス。

続きを読む "【北陸カフェラリーシリーズ2019:その1】珈琲駅 ブルー★トレイン / 安野屋(富山)" »

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

カテゴリー

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31