無料ブログはココログ

Google +1

にほんブログ村

Instagram

にほんブログ村(記事一覧)

« 【電車の見えるカフェ】【関西カフェラリーシリーズ2016-1:その11】八六八ビル / 寺地町(堺市) | トップページ | 2016年上半期総括 »

2016年6月28日 (火)

【関西カフェラリーシリーズ2016-1:その12】海のカフェ高木 / 箱作(阪南市)


さて、先の堺のカフェから今度は一回乗っても南海電車でさらに南に移動。場所はピチピチビーチの最寄り駅、阪南市の箱作。駅から旧街道を歩くこと10分ほど、集落の途中にトタン葺の古い平屋の納屋か倉庫っぽいハコ、その軒先にベンチが並べられたお店が見えてくる。

Img_5503_2
今回はこちら、海のカフェ高木。元建具屋の工場をリノベ(?)したカフェである。

入口を入ると手前に一段土間(?)があり、さらにもう1つ扉が。

Img_5506_2
中に入ると工場跡らしく土塀の大きなハコ、古材をふんだんに活かした大テーブル席や、キャンピングチェアなどで構成された20席少々の構成。

Img_5508_2
正面やや左手にカウンターとオープンキッチンがあり、その左手脇には七輪が、というのもここで焼くパンが有名らしい。

入口脇には看板犬の居住スペースが用意されている(この日は散歩に出ていたらしい)。

この日は連休の15時半ごろ、天気もあまり良くなかったこともあり、お客さんは1組。今回はお茶使いで…

Img_5509_2
チーズケーキとコーヒー、深煎りを。豆は徳島のaalto coffeeから、ドリップはKONOのペーパー。



お店データ

海のカフェ高木

所在地:大阪府阪南市箱作2302
営業時間:10:00頃~18:00位(土~木)
定休日:金,第3月火
電話番号:090-2190-8619
http://www.cafetakagi.com/
# 全席禁煙
# 店頭に駐車場6台ほどあり

Img_5511_2
メニューは地元や和歌山の食材を活かしたパンベースの昼ごはん、sweetsはbaked系を中心に数種類といったところ。ドリンクハ少なめでaaltoのコーヒーとレモングラス程度とかなり割りきったラインナップ。

どうやら家族で営まれているようで、ゆるゆるっとした空気が流れる。時々ウクレレ教室も行っておられ、海は直接見えないが、海辺の集落のマターリ系古民家(古屋)カフェとも言うべき1店である。

« 【電車の見えるカフェ】【関西カフェラリーシリーズ2016-1:その11】八六八ビル / 寺地町(堺市) | トップページ | 2016年上半期総括 »

cafe・大阪市外」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 【電車の見えるカフェ】【関西カフェラリーシリーズ2016-1:その11】八六八ビル / 寺地町(堺市) | トップページ | 2016年上半期総括 »

カテゴリー

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30