無料ブログはココログ

Google +1

にほんブログ村

Instagram

にほんブログ村(記事一覧)

« ねこまる茶房 / 鶯谷 | トップページ | AOZORA COFFEE SHOP(アオゾラコーヒーショップ)【その2】 / 学芸大学(碑文谷) »

2012年10月26日 (金)

【移転:山梨カフェラリーシリーズ2012:その1】nice time cafe(ナイスタイムカフェ) 育てるきっちん anuttara / 富士川町(市川大門)


# 2013年6月22日で富士川町(anuttara)での営業は終了(お店のblogより)、移転先は北杜市長坂の予定。
Img_1945_2
元ネタは下高井戸のお店が閉店する際に移転先を聞いていたのでちょくちょく情報は入れていたのだが、いかんせん場所が場所だけに無理かと半分諦めていた所に、先行で男子カフェ部の方が車で乗っつけて行ったついでに情報をくれた、「電車より高速バスのほうが近い」と。

よし、これで射程圏内に入ったということで機会を伺って。


新宿から朝一の身延行きの高速バスに乗り2時間半ほど、途中の青柳バス停(注:山梨交通の路線バスにも同じバス停名があるが全然場所が異なる(後述するが、足回りとしては路線バスのほうが断然近い))で下車。そこから南へ歩くこと15分ほど。

Img_1947_2
身延道(国道52号)の少し右にカーブがかかった所に立派な一軒家が見えてくる、その一番道路側にあのカフェの名前が。そう、今回はこのblogでは移転先訪問シリーズと言うべきであろう、その2本目、nice time cafe(ナイスタイムカフェ) 育てるきっちん anuttara。


Img_1951_2
入るとガラスケースとレジがあり、その上は2Fの床部分を取っ払って元の家屋の形状を色濃く残した吹き抜けとしている。あー、ここに押し入れがあったんだなぁ…とか色々考えてみたり。

Img_1952_2
客席自体は入って左右ともあるのだが、右手が一段上がってメインとなる。焼板ベースのテーブルでだいたい全体で40席ぐらいはあろうか、板張りフロアに観葉植物を添えて落ち着きのある雰囲気に仕上がっており、余裕のある配置で全く閉塞感を感じない。一番奥は一面の本棚に文学系書籍とbook cafe的要素もあったりと。

ランチは11:30からなので今回は…
Img_1953_2
ちょいと遅いモーニング感覚でさつまいもと黒ごまのマフィン。コーヒーは下高井戸の頃と同じくプレスで淹れるスタイル。



お店データ

nice time cafe 育てるきっちん anuttara


大きな地図で見る

所在地:山梨県南巨摩郡富士川町青柳町1057
営業時間:10:00~18:00
定休日:日,月(変則営業の場合が多いので要注意、事前にblog確認のこと)
電話番号:0556-48-8234
http://ntcmemo.exblog.jp/(nice time cafe anuttara)
http://sodaterukitchen.blogspot.jp/(育てるきっちん)
# 全席禁煙

Img_1954_2
下高井戸の頃とはうって変わって古民家でのびのびとお店を営まれているように見える。あの店主の顔も相変わらずのようだったし、さらに色々なイベント等にチャレンジされておられるよう。ハコも古民家系としてはなかなかのもので、身延方面に行ったら是非押さえておきたい1店である。



ここで、恒例の「車で行けない人のための(フツーでない人の)行き方」を。

3つほど選択肢があるが、難易度の低い(笑)ものから以下順に。

1:新宿駅西口の高速バスターミナルから身延行の高速バス(京王バス山梨交通)で青柳バス停(セブンイレブンの前)下車。そこから徒歩15分ほど(通常片道運賃\2,300)。

ルートはこんな感じ。

大きな地図で見る

ただ、これの場合、行程に使えるバスの時間帯が相当限られる&(休日は特に)中央道の渋滞に巻き込まれることから、片道だけで使うことをオススメする。


2 甲府駅バスターミナル(南口 5番乗り場)から山梨交通バス「鰍沢営業所行き」(44,47,53系統:時刻表)で青柳バス停(50分強ほど \840位)下車、さらに身延道を徒歩1分ほど(これが一番近いし楽)。

3 JR身延線市川大門駅から徒歩約40分(これ、帰りにやりましたw)
  身延線自体は甲府から各停(所要時間35分 \320)が最低でも1本/hはあるが、特急ワイドビューふじかわ(所要時間20分)が良く混じるので注意(ただし自由席特急券は甲府からだと特定区間料金適用で+\310)。

ルートは以下のとおり。

大きな地図で見る

一応、市川大門駅からお店の北側の交差点である青柳二丁目近くに出るコミュニティバスがある(時刻表)が、土日祝運休で帰り以外は時間帯的に「使いものにならない」。

個人的にはカフェ巡りで後々の行程を考えるなら、晴れていればハイキング気分で3の方法が一番良いと思われる、富士川大橋から見る甲府盆地の景色もわりと良い。

---
そんなわけでこの日は富士川を渡って市川大門まで行き、次の身延線沿線のお店へ…(続く)

« ねこまる茶房 / 鶯谷 | トップページ | AOZORA COFFEE SHOP(アオゾラコーヒーショップ)【その2】 / 学芸大学(碑文谷) »

閉店済cafe」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ねこまる茶房 / 鶯谷 | トップページ | AOZORA COFFEE SHOP(アオゾラコーヒーショップ)【その2】 / 学芸大学(碑文谷) »

カテゴリー

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31