無料ブログはココログ

Google +1

にほんブログ村

Instagram

にほんブログ村(記事一覧)

2023年7月 4日 (火)

2023年上半期総括

毎度恒例の上半期総括です。

○波カフェ(83店)

  1. coffee house takizawake(京成小岩)
    真っ白な店内、節々にあるギミック。店主の8年に渡る集大成の結集のお一人様カフェ。

  2. totto cafe&bar(都立大学)
    夜でもカフェらしいカフェ使いのできる1店。その出で立ちは学芸大学時代のtorseを彷彿とさせる。

  3. CAF'E MID STAMP EBISU(恵比寿)
    2010年代のコンクリ打ちっぱなし系薄暗目のハコに配されたローチェアが軸の回帰的1店。

  4. ジンジャーとピクルズや。(東海大学前)
    今年春に東海大学正門近くに移転。久しぶりの白色(フィンランド)系北欧カフェ。

  5. RIVERBED COFFEE BREWER&ROASTERY(中津川)
    東海地区以外にもっと知られてほしい中山道沿いの蔵リノベ系コーヒー店。
次点
続いてそれ以外は続きを。

» 続きを読む

2022年12月31日 (土)

2022年総括

 毎年恒例の年締め。

○波カフェ(154店)

  1. 茶室 雨と音(平塚市)
    今年も平塚からランクイン。谷根千からあの建物に一目惚れでopenされるとはかーなーり思い切った決断。
  2. Bar No.11(ヌメロ オンセ)(和歌山市)
    和歌山のハードボイルドカフェ代表。和歌山市内って概して夜カフェが多いのよね…。

  3. Raw Sugar Roast(経堂)
    小田急線沿線でもひと癖のある経堂でズバッとくるコーヒー店。

  4. カフェ ノースライト(田端)
    地形が生んだ奇跡の鉄カフェ。

  5. あさぎやみたけ(御嶽)
    高山から御岳の麓へ。Cribeさんといい、繋がりがほんと不思議な宿&カフェ。

(次はそれ以外)

» 続きを読む

2022年下半期総括

毎度恒例の下半期総括です。

○波カフェ(86店)

  1. 茶室 雨と音(平塚市)
    平塚駅南側の閑静な住宅街の中にある邸宅カフェ。もともとのハコの建築士さんの出来が良く、その居心地と千駄木雨音茶寮の姉妹店らしいツボを押さえたメニューは「◎」。

  2. カフェ ノースライト(田端)
    田端の崖線に立つ邸宅カフェ。久々の(View pointとして)大物鉄カフェであり、よくあるコンセプトカフェ振りしていないのも「○」

  3. あさぎやみたけ(御嶽)
    青梅の奥の街道沿いに佇む古邸宅リノベ宿屋&カフェ。店頭の苔むした階段はそのままに、適度にリノベされた客間。
    (カフェは冬季休業中(~3月上旬))

  4. hatome(下丸子)
    商店街端の住宅1Fをリノベしたカフェ×ギャラリー×ワーキングスペース。シェアキッチンとしての側面もあり、ワーキング使いとしても良い。

  5. 2343 FOODLABO(本厚木)
    オフィスビルのココ??という場所にある洗練されたカフェ。場所故にFe分も非常に高し。

次点:poool(さっぽろ)、NIWATORI COFFEE(新高円寺(堀ノ内))、マーメイドコーヒーロースターズ池袋本店(池袋)

(次はそれ以外)

» 続きを読む

2022年7月 4日 (月)

2022年上半期総括

毎度恒例の上半期総括です。

○波カフェ(68店)

  1. Bar No.11(ヌメロ オンセ)(和歌山市)
    和歌山の運河脇にある「男臭い系」のワイルド感あるカフェバー。このテは久しぶりに痺れた。

  2. Raw Sugar Roast(経堂)
    glitch系譜のロースタリーショップ兼カフェ兼ギャラリー。よくぞ経堂でこんなハコ見つけたな、という感。
    家具類も舶来モノをしっかりセレクトされておられる。

  3. Ogiso Cafe(高野)
    カフェは少なめの日暮里舎人ライナー沿線、古アパートリノベーション系カフェ。
    (ただし本の扱いはもうちょっと考えて…)

  4. æ - ash(渋谷(神南))
    渋谷を軸に展開するバーチェーングループが満を持して繰り出すコーヒーバー。

  5. After All Coffee(新宿西口)
    カフェ不毛地帯西新宿のオアシス。普段遣いの期待も大。

次点:カフェのある暮らしとお菓子のお店(曙橋)、Hamano coffeestand(幕張)

 

(次はそれ以外)

» 続きを読む

2021年12月31日 (金)

2021年総括

 毎年恒例の年締めです。今回は後期偏重のためちょっと下半期シフトか。


○波カフェ(147店(12/30に1店増えました))

  1. KALM(上野毛)
    写真撮影に煩くなった分、客層も洗練されつつある一軒家の自家焙煎珈琲店。

  2. ちえの実 平塚(平塚)
    平塚駅北口の地味系古民家自家焙煎珈琲店。

  3. ゆめたま(多磨)
    多磨霊園表参道沿いの築100年超石材店の宴会場転用(文化財級)古商店カフェ&イベントスペース。

  4. 角砂糖(近鉄郡山)
    矢田寺近くの元喫茶店再リノベ系喫茶店(実は前K COFFEEの焙煎所でもある)。

  5. FAR EAST KITCHEN(東武宇都宮)
    宇都宮の市街地西方の住宅街の中にある「カフェ食堂」、次はランチ使いしたいところ。

  6. 喫茶深海(十条)
    銭湯カフェシリーズはやはり併設の方に軍配。次はひとっ風呂後で一杯やりたいですな。

  7. Coffee Battery(町屋)
    銭湯カフェ(こちらは銭湯前だけど)シリーズのもう片方。baked sweetsはいつ来ても良いよね。

  8. Lounge Sputnik #1 (方南町)
    ここ1,2年地味に良店が増える方南町のカフェレベルアップに貢献している、と思われる1店。

  9. ユーカリと尨(千川)
    千川の南のブックカフェ。instaのタイムライン具合を見るに、普段遣いで溶け込みすぎて意外と目立たない。

  10. シルビア 綾瀬店(綾瀬)
    ゴージャス系喫茶の王道を行く新店なのだが、綾瀬という土地柄が災いしてか、それともスタッフさんのinsta向けPRが弱いのか、持てるポテンシャルの割にこちらも目立たないところ。

(次はそれ以外)

» 続きを読む

2021年12月30日 (木)

2021年下半期総括

いつものこの時期がやってまいりました。

まとめだけはblogに残しておきます、2021年の後半戦結果。

○波カフェ(104店)

  1. 角砂糖(近鉄郡山)
    奈良は矢田寺近くの元喫茶店再リノベ系喫茶店。昭和感を活かした奈良は比較的珍しいコンセプト、もちろんK COFFEEさんの豆も「○」。

  2. FAR EAST KITCHEN(東武宇都宮)
    宇都宮の市街地西方の住宅街の中にある「カフェ食堂」。道具商も兼務されておられるようで、ミッドセンチュリー系の家具類がOLD-NEW感あり新鮮。そして嬉しいモーニング設定。

  3. 喫茶深海(十条)
    十条の西にある銭湯併設喫茶。以前から喫茶はあったがリニューアルされより喫茶色強めに、そして波あり電源ありと今へのマッチ具合も良。

  4. ユーカリと尨(千川)
    千川の南のブックカフェ。普段遣いにしたいユルさとお手軽感がよろし。

  5. シルビア 綾瀬店(綾瀬)
    西新井店が有名な、パチンコ店が運営元の本社併設喫茶、梅島からの移転。王道のゴージャス感はそのままに。

 次点:RAD BROS CAFE(高円寺),フロムトップ(恵比寿),PLAY BALL! Cafe(焼津),Swell coffee roasters(中目黒),カフェミスポンヌ(代田橋)

(次はそれ以外)

» 続きを読む

2021年6月30日 (水)

2021年上半期総括

いつものこの時期がやってまいりました。

今年も過去6ヶ月ほど貯めに貯めて書ききれてないお店があるのですが、来ちゃいましたので記録。

○波カフェ(42店)

  1. KALM(上野毛)
    洗練された一軒家の自家焙煎珈琲店。2Fはギャラリーとしても使用される広々とした空間。

  2. ちえの実 平塚(平塚)
    平塚駅北口の古民家自家焙煎珈琲店。元の建物の手の加えなさ具合とBGMの無いひっそりとした落ち着き具合が「◎」

  3. ゆめたま(多磨)
    多磨霊園表参道沿いの築100年超になる石材店の宴会場転用(文化財級)古商店カフェ&イベントスペース。

  4. Coffee Battery(町屋)
    荒川のこの周りだけ昭和感あふれる中にある銭湯前のコーヒースタンド。

  5. Lounge Sputnik #1 (方南町)
    方南町商店街沿いにあるカレーと焼き菓子のお店。カヌレ評が高く、空気感も良く普段遣いにしたい1店。

(次はそれ以外)

» 続きを読む

2021年6月 7日 (月)

Flumina(フルミナ) / 渋谷・表参道

# 2020年11月下旬の話

Img_8429_2

北赤羽から転回してこの日の最後は渋谷の宮益坂上へ。青山学院大手前のエリアにカフェができているのとの報を受けてそちらへ。

場所は青山通りの1本南側にあるカフェ集中地帯。1FにTが入るビルの3Fに入る…

Img_8431_2_20210605093201

今回はこちら、Flumina(フルミナ)、昼は定食屋、その続きで喫茶というお店である。

 

Img_8434_2

入ると入口脇のカウンター席2席、メインの客席は合板で構成されたテーブルとベンチが2人席×4組ほど、右手奥にキッチンといったシンプル構成。壁も真っ白で全体的にイメージとしては南青山のbuikに似るか。

この日は土曜の16時頃、お客さんはほぼ満席で、入れ替わり空いた席にうまく滑り込み。今回は様子見で…

 

Img_8437_2_20210605093201

コロンビアの中深、豆は能登のニ三味珈琲(!)から。

ミルクはちゃんと温めてサーブされるし、豆も器も選んでる感はあるが…(後述)

» 続きを読む

2021年6月 1日 (火)

MÖWE COFFEE ROASTERS(メーヴェコーヒーロースターズ) / 高円寺(北)

# 2020年11月下旬の話

この日はチャリダー行軍で高円寺まで。北口にロースタリーカフェがpre-openしているということでちょいと様子見に。

場所はあづま通り商店街の入口あたりにある…

Img_8342_2

今回はこちら、MÖWE COFFEE ROASTERS(メーヴェコーヒーロースターズ)。2020年11月17日にpre-openしたお店である。

(店内写真はほぼ割愛)

Img_8343_2

入るとすぐ右手に本棚があり、自家焙煎の豆の小売袋とコーヒー本や文庫本がセンスよく並べられる。

正面中程から左手奥にかけてがキッチンエリア、キッチン手前から奥にかけてレジとカウンター席(3席ほど)があり、右奥にガラーンとしたエリアが。こちらに焙煎機が置かれる予定(って今は置かれているものと思われる。)

この日はpre-openして程なくした日曜の14時頃、手前のテーブル席に座らせてもらって、今回は様子見で…

Img_8348_2

カフェラテとチーズケーキと(試作のスタイルのため、現在はカッティング形状が異なっている、はず。)。このときの豆は暫定で両国のSingle Oさん(既訪)から。

 

» 続きを読む

2021年5月28日 (金)

roo cafe(ルーカフェ)(カンガルー) / 新百合ヶ丘

# 2020年11月下旬の話

鶴川の続き、新百合ヶ丘に戻って途中ヘアサロン&コーヒースタンドのお店を確認しつつ、麻生区役所裏のとあるお店が開いていることに気づいたのでそちらへ。元ネタはカタマリ師匠昔のネタ拾い。

場所は麻生警察署の南東側、麻生川の東岸沿いの道にある3階建てのビル、その1Fに入る…

Img_8273_2

今回はこちら、roo cafe(ルーカフェ)、左隣は老舗(?)人気パン屋さんのカンガルー、そのカフェである。運営は同じビルに入る一級建築士事務所、もともと2Fにカフェがあったのだが、 2019年に1Fに引っ越して現在のスタイルとなった次第。

Img_8276_2

入ると東西に長く、隣のパン屋とは消防法の関係もあり、天井部分が開いた状態で間伐材の木板で仕切られている。中央に大テーブル席が4席、入口右手にカウンター席が2つ。脇には本が置かれた机があり、手縫い感のあるほっこり系のインテリア。

本来であれば右手窓際にもカウンター席があるのだが、今回はギャラリースペースとして使われているので大テーブル席へ。そして正面奥がキッチンと言ったこじんまりとした構成。この日は土曜の15時頃、お客さんは展示に来られた方が何名か。今回は先にお茶してきたこともあり、様子見で…ってアレがあるじゃない。

Img_8274_2

紅茶とスコーンをプレーンで。

» 続きを読む

«beans farm(ビーンズファーム) / 鶴川

カテゴリー

2023年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31