無料ブログはココログ

Google +1

にほんブログ村

Instagram

にほんブログ村(記事一覧)

cafe・宮城県

2018年11月27日 (火)

【仙台カフェラリーシリーズ2018:その5】道玄坂 / 青葉町一番通(国分町)


# 8月の仙台シリーズはこれで最後

仙台のラストは、定休日でなければ国分町のhさん一択なのだが、この日は定休日ということもあり、19時以降もopenしているカフェに意外とこれといったお店が無いことあって流れ着いたのがこちら。元ネタはやっぱり県域情報誌最強説、仙台ならS-Styleから。

Img_5531_2

場所は国分町の西、肴町公園の向かいの角地のビルに入る角地に蔦がぎっしり絡まったファザードを見せる喫茶店…

Img_5532_2
今回はこちら、道玄坂、渋谷のではない、仙台の道玄坂である。

Img_5535_2
入ると電球色に包まれたテーブル席が20席そこそこのwoodyなハコだが、びっちり詰まった漫画本の棚、上にはモデルガンと「
男の趣味全開」のハコ。このテのお店は数年前に閉店した世田谷上町のObo Cafeさん以来。

Img_5536_2
そして左手奥にキッチン前のサイフォン器具が並べられたカウンター席、奥がキッチンなのだが、やはり仙台の有名店だけにタレントさんのサインやら写真等が飾られる。

この日は平日の19時近く、お客さんは他に1組。今回はちょいと小腹を、とオモタがfoodメニューは皆無らしく…(´・ω・`)

Img_5533_2
クリームソーダを。

続きを読む "【仙台カフェラリーシリーズ2018:その5】道玄坂 / 青葉町一番通(国分町)" »

2018年11月14日 (水)

【仙台カフェラリーシリーズ2018:その5】DAILY COFFEE SERVICE(デイリーコーヒーサービス) / 広瀬通(一番町)


# 8月の仙台シリーズ後半戦

要件が終わって、新幹線の時間まで少し余裕があるのでもうちょっとラリーを再開。

場所は仙台三越裏の路地角、ちょっと先の商店長屋にコーヒー店I(既訪問)があるエリア…

Img_5523_2
今回はこちら、DAILY COFFEE SERVICE(デイリーコーヒーサービス)。

北側がtakeout用のカウンター、角側にお店の入口が。

Img_5525_2
入るとすぐカウンターが左右逆L字の島状にあり、裏側にはマフィン等の焼菓子類が並べられる。入口正面にあるマシンはLA MARZOCCOのLINEA Classic。

1Fは店内スタンディングでも頂けるスタイルだが、奥右手から階段を上がって…

Img_5527_2
2Fは2段構成のイートインスペース的フロア。客席は12席ほどのテーブル席と北側にカウンター席が数席。壁面にはギャラリーとして使われている様子。

この日は平日の18時過ぎ、お客さんは1Fに常連さんが1人といったところ。今回は様子見で…

Img_5528_2
ふつーにレギュラーのカフェラテを。チョコかナッツ系がほんのり。

続きを読む "【仙台カフェラリーシリーズ2018:その5】DAILY COFFEE SERVICE(デイリーコーヒーサービス) / 広瀬通(一番町)" »

2018年11月 6日 (火)

【仙台カフェラリーシリーズ2018:その4】cafe haven't we met opus(カフェハヴントウィーメット オーパス) / あおば通(クリスロード)


# 8月の仙台シリーズ、ここが本命

さて、仙台の4本目、先のお店はここの時間調整で訪れた後、七夕で混雑する商店街を駅方面へ。
向かったのは、かねてからここは開店当初から絶対に押さえておきたかった、クリスロードのマクドナルドの隣のビルが入口になる…

Img_5490_2
cafe haven't we met opus(カフェハヴントウィーメット オーパス)、国分町のcafe haven't we met(既訪)の2号店である。しかーし、ここはまだLabyrinthの入口であって、看板だけしか出ていない。

Img_5491_2
まずは階段を下ってすき家の左手脇にある入口を入って中へ。

Img_5504_2
そして看板の案内のとおりビルの廊下をひたすら奥へ、通路脇にある人形店の脇を抜けて外にでると…

Img_5503_2
蔦の絡まったビルの外階段脇に看板が。さらにこの階段を上がって…

Img_5495_2
やっとお店の入口に到達、まさに迷宮である。

(手元のみ撮影可ということで許可をもらって撮影)

Img_5497_2
入ると左手にガラーンと30席超のテーブル席、シンプルに白い壁面、板張りの床に紺色のモケットのシートと、国分町のお店とはガラッと変わった印象。それでいて昼間でも薄暗い、余計なモノを削ぎ落とした感のハコ。

キッチンは入口入って正面右手にあり、マシンはおそらくLa Cimbaliの M32系列。

この日はopen直後でin。さすがに開店30分もすると後からお客さんが続々と、出る頃には満席に。今回は一応昼も兼ねて…

Img_5498_2
ここはやはりカプチーノはmustで。そしてシュリンプツナサンドと。

続きを読む "【仙台カフェラリーシリーズ2018:その4】cafe haven't we met opus(カフェハヴントウィーメット オーパス) / あおば通(クリスロード)" »

2018年11月 4日 (日)

【仙台カフェラリーシリーズ2018:その2】darestore(デアストア) / 広瀬通(一番町)


# 8月の仙台ラリー続き

お次は地下鉄で広瀬通へ。駅を出て一番町商店街の東、フォーラスの南側の雑居ビルに入る…

Img_5468_2
今回はこちら、darestore(デアストア)。お店は階段を上がって3Fに。

Img_5473_2
入ると東西に長いハコ。大テーブル席2組、20席強ほどの構成で入って右手(北側)に長く、キッチンと奥にバリスタカウンターが。手前の棚にはパン類が並べられ、奥にあるマシンはLA MARZOCCOのLINEA PB。

大テーブルにはそれぞれ真ん中に花が置かれる。

Img_5471_2
そしてこの時期ならでは、七夕の短冊が。

この日はちょうどモーニング終了直後で(値段が変わることもあって)一気にお客さんが引いたりと。今回はちょいと朝使いで…

Img_5480_2
クロワッサンのクロックムッシュを。

続きを読む "【仙台カフェラリーシリーズ2018:その2】darestore(デアストア) / 広瀬通(一番町)" »

2018年11月 2日 (金)

【仙台カフェラリーシリーズ2018:その1】SPARK COFFEE ROASTERS(スパークコーヒーロースターズ) / 五橋

この日はとある要件で仙台へ。ちょうど七夕シーズンもあり早めに仙台入り(指定席がねぇ…)。私的には6年ぶりの仙台ということもあり、まず向かったのは朝から開いてそうなところということで、五橋から東北本線側へ歩いた交差点角のビルに入る…

Img_5463_2
今回はこちら、SPARK COFFEE ROASTERS(スパークコーヒーロースターズ)。


Img_5464_2
北側から入ると右手中程から奥にかけてカウンターが有り、エメラルドブルーのLA MARZOCCOのFB/80が鎮座する。そして西奥が焙煎室。

客席は通り側入口入ってすぐ左手にカウンター席が3つ、正面から奥にシンプルにテーブル席が8席とハコの割に余裕のある構成。

この日は午前中ということもあり落ち着いた時間帯。今回は様子見で…

Img_5465_2
ふつーにカフェラテを。はっきりとわかるフルーティー系テイスト。

続きを読む "【仙台カフェラリーシリーズ2018:その1】SPARK COFFEE ROASTERS(スパークコーヒーロースターズ) / 五橋" »

2012年9月 6日 (木)

【仙台カフェラリーシリーズ2012:その5】Sweet Spice Asano(スイート スパイス アサノ) / 花京院(仙台)


さて、先のお店から今度は東のほうへ、期間限定のかき氷があると。

駅前通りを北上、場所は花京院の少し北の住宅街中にある長屋の1Fに入る…
Img_1200_2
Sweet Spice Asano(スイート スパイス アサノ)。

以下店内撮影禁止となったので拙い文章で説明を…。

元々別の商店だった雰囲気のあるお店で古風な引き戸を開けると手前側がたたきになっておりそこに客席が10席そこそこ、奥には年季の入ったショーケースの中に焼き菓子が並べられる。
客席はアンティーク系の椅子と机。東京で例えるなら雰囲気は千歳船橋のいつものあそこ(喫茶K)に近い。

2段上がって奥の居間がキッチンになっており、古風なかき氷器が。

今回は勿論、自家製シロップ、仙台いちごのかき氷を頂く。口の中でふわっと溶ける頭に来ない優しい氷と甘過ぎないシロップのマッチングがなかなか。



お店データ

Sweet Spice Asano


大きな地図で見る
住所:宮城県仙台市青葉区花京院2-1-40
営業時間:11:00~19:00
定休日:日,第1月
電話番号:022-266-1755
http://sweetspice426.blog72.fc2.com/
# 全席禁煙

Img_1201_2
普段は焼き菓子系カフェだが、かき氷に関しては特にシロップに定評があるようでイベントがあるとあちこち出張されているよう。ハコも比較的シンプルながらちょっとレトロな落ち着きがあり、少人数ならなかなかハマる空間。この界隈はあまりカフェは多くないエリアだが、夏になれば一度は訪れたい1店である。

【仙台カフェラリーシリーズ2012:その4】cafe haven't we met(その3) / 国分町(勾当台公園・仙台)


# 今回は小ネタ

ちょいと時間があったので、やはり国分町のいつものところへ。

Img_1197_2
国分町といえば、はい、、いつものcafe haven't we met(その1,その2)。

今日はもう少し奥へ、窓際の席に座らせてもらう。
Img_1193_2
今回もそこそこ人がおられたので店内の写真はなし。シンプルな中に光るセンスは相変わらず。

さて、お茶としますか。
Img_1194_2
カプチーノとガトーショコラ、ここで始めて定番のラテアート登場。



お店データ

cafe haven't we met


大きな地図で見る

所在地:宮城県仙台市青葉区国分町3-9-2 佐々木屋ビル3F
営業時間:11:00~23:00(月~土)
     11:00~20:00(日祝)
定休日:なし
電話番号:022-212-1755
http://haventwemet.jp/

Img_1195_2
いつ来ても変わらない空間、最近仙台で選択肢に迷ったら真っ先に足が向いてしまっているところ(^^ゞ

今度は夜のお店の顔を見るのもありかな…と。

2012年9月 3日 (月)

【仙台カフェラリーシリーズ2012:その2】IWASA COFFEE PRODUCT(イワサ コーヒープロダクト) / 一番町(仙台・勾当台公園)


Img_1276_2
先のお店から続いて、数年前から気になっていた、しかもコーヒー豆もお土産に頂いていた珈琲店があるのだが、いかんせん平日営業のみとなってしまったのでほぼ絶望視していたところ。しかもwebの情報は土曜日営業は「あり」という判定だったがために、なおさらその真偽確認のために前述した長期出張期間中の仙台ラリー時に何度も店頭に立ち寄ったが、その度にopenの看板は掛けられていなかった。

そして、ついに今回悲願の平日ラリーができることになったので、勿論意地でも予定にねじ込むことに。

場所は一番町、三越近くの飲み屋街の長屋の1店に水色の扉が目を引くお店、
Img_1182_2
IWASA COFFEE PRODUCT(イワサ コーヒープロダクト)、今度こそ「open」の看板がかかってる、満を持して扉を開ける。

Img_1184_2
奥に長い店内は1Fが赤いタイル張りのカウンター席が4つほど、一番奥に焙煎機が見える。手前の階段を上がるとなかなかなハコの2Fになるのだが、今回は先客が居られたので2Fは断念(それほど席数は無いため調整されるよう)、1Fに誘導される。

店主と常連さんがコーヒ談義を語らうのを聞きつつ…

今回は…
Img_1183_2
先日焙煎したてのものがあるよ、ということで、ケニアを。ペーパーのドリップ系でクリアかつしっかりとした味。



お店データ

IWASA COFFEE PRODUCT


大きな地図で見る

所在地:宮城県仙台市青葉区一番町4-7-7
営業時間:12:00~19:30
定休日:土日祝
電話番号:022-262-6662

Img_1185_2
最近は平日しか開けていないとのことだが、どうやら体をこわされたような感じのようで、焙煎も時々しかおこなっていなさそう。しかしながら色々とお話を頂いた中でやはり無類の珈琲好き(というか本職)だけあって節々に芯からコーヒーが好きだというのがひしひしと感じる(ちょっとM過ぎる所も見え隠れするようだが)。

そんなわけで(かーなーり個人的感情が入っているところだが)、仙台でドリップ系を、かつ平日行けるなら「是非行っとけ!」と言うほど推しておきたい。それで2Fに入れればなお良し、のお店である。

2012年8月20日 (月)

【南東北長期カフェラリーシリーズ、仙台編:その18】JAM CAFE(ジャムカフェ) / 一番町(仙台)


Img_1049_2
この日の最後、お世話になった地元の方と別れて帰る前にちょいとメシの食えるカフェを…と探して選んだお店がこちら。場所は一番町の商店街内、三越の少し南にある呉服店(?)のビルの2Fに入る…

Img_1048_2
JAM CAFE、間違っても同じ名前でも三茶のあそことは何の関係もない。

Img_1050_2
階段を上がって2Fがカフェ、店内は30席そこそこのハコにオサレなデザイナーズチェアが多数。ワンポイントで観葉植物を置いている所がハコに引き締めを与える。

Img_1053_2
奥側はイームズのチェアに壁面は一枚絵画とシンプルながらもやっぱりオサレ系。奥の棚にはデザイン本がチラホラ。

さて、今回はちょっと早いが晩飯使いで…
Img_1052_2
アボガドサーモン丼を。どちらかと言うとワンプレートなカフェ飯、といったところか。

合わせてドリンクは
Img_1054_2
自家製レモンソーダを。



お店データ

JAM CAFE


大きな地図で見る

所在地:宮城県仙台市青葉区一番町4-5-20 松葉屋ビル2F
営業時間:11:00~23:00(金~火)
      11:00~21:00(水)
定休日:木
電話番号:022-221-7210
http://jam-cafe.main.jp/
http://ameblo.jp/jamcafe0707/

Img_1055_2
仙台のオサレ系カフェとして場所柄非常に使いやすい位置にあるのは大きなメリットで、カフェとしてそこそこまんべんなくカバーしているのは良い点であり、一番町のカフェとしてMozart(既訪、波カフェ)と並んで普段使い候補に十分入るお店。

ただ、頂けないのが、カフェのコンセプトが「完全東京渋谷系に向いてしまっている点」。一番目についたのが店内の一番目立つマガジンラックにあるカフェ本が全部グラフィスの(東京系)**カフェシリーズ(しかも渋谷と青山とそのあたりのみ)というのは(私的観点からして)仙台という地にあるからこそのオリジナリティを真っ向から否定している感ありありで、首都圏から来た人から見ると姿勢に「か~な~り」残念感が漂う。
# 普通はそこにS-Styleとか全国系デザイン誌orカフェ本を置いて、他地域の本は本棚に置くべきだと思うんだけどなぁ…

これにて南東北長期シリーズの「仙台編」は終わりです、が…

まだ最後に福島が2つほど残ってまして、さらに出張終了後に再び仙台に行って課題店の総仕上げモノが7,8つほど…onz
---
ちなみに、波(Wi-Fi)については、スタッフに伺ったらお店のWi-Fiルータ007Zに接続させてくれました(ありがとうございます)。
# でも、それ一定通信量超えると「ソフトバンククオリティな」なかなか残念仕様の帯域制限がかかるので
# それをお客さん用に使わせるのはあまり好ましくないと思うの…、やっぱりしっかりしたモノを入れていた
#だかないと。
# 先のMEALSと言い、この辺のどこか抜けてる感が仙台(中心部)カフェが東京の1,2年遅れ(と私が言った)所以…

2012年8月17日 (金)

【南東北長期カフェラリーシリーズ、仙台編:その17】La Casa del Caffe Bal Musette(ラ カーサ・デル カフェ・バルミュゼット) / 泉中央(仙台)


# 今回は仙台ラリーのメインターゲット

先に山形で訪れたBritish Pubなカフェのマスターに、東北ならまずここでしょう、と教えてもらったお店に。

しかしながら問題は仙台市営地下鉄の北の果て、泉中央から更にバスといった車持ちでない限り難所にあるのだが…、今回、私が電話な時代の頃からの知り合いの地元の方のご協力を頂いて向かうことに。

広瀬通から車を走らせること30分弱、泉中央から更に北の桂のいかにもな住宅地に突然現れるお店…
Img_1047_2
La Casa del Caffe Bal Musette(ラ カーサ・デル カフェ・バルミュゼット)。

入口手前のデッキに少々テラス席があり、そこから入る。
Img_1045_2
店内は左手に10席そこそこといったこじんまりしたハコ。正面裏手にエスプレッソマシンがあり、マシンはLA MARZOCCOStrada。勿論豆も自家焙煎のよう。

今回は日曜の午後ということもあり、お客さん多数なのでかろうじて空いた隙を使いつつ店内の雰囲気を。

そして頂くは…
Img_1042_2
ティラミスと…

Img_1039_2
勿論ラテを。味はやっぱりミルクミルクせずしっかりしている。



お店データ

La Casa del Caffe Bal Musette


大きな地図で見る

所在地:宮城県仙台市泉区桂 4-5-2
営業時間:11:00~20:00
定休日:木
電話番号:022-371-7888
http://www.bal-musette.com/
http://www.facebook.com/pages/%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%A7-%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%82%BC%E3%83%83%E3%83%88/109195549165715

Img_1041_2
仙台のエスプレッソ系カフェとしては定評があり、オーナーも頻繁に国内外を飛び回っておられるよう。少々場所柄難所故に県外から来るには難しいところであるが、仙台で自家焙煎の上質のエスプレッソ系コーヒーを頂くなら十分にオススメできる1店。sweetsもそれに合わせてなかなかの出来なので合わせていただきたい。

# もし意地でも公共交通機関で行くなら…
# 市営地下鉄泉中央駅から泉アウトレット経由寺岡三丁目行のバスで、最寄りバス停は桂1丁目北
# (実は迷鉄、もとい名鉄グループ宮城交通)

# Special Thanks Noriyuki氏

その他のカテゴリー

cafe・千代田区 cafe・港区(東京都) cafe・中央区 cafe・新宿区 cafe・渋谷区 cafe・品川区 cafe・大田区 cafe・目黒区 cafe・世田谷区 cafe・中野区 cafe・杉並区 cafe・練馬区 cafe・豊島区 cafe・板橋区 cafe・文京区 cafe・北区(東京都) cafe・台東区 cafe・荒川区 cafe・江東区 cafe・墨田区 cafe・足立区 cafe・葛飾区 cafe・江戸川区 cafe・武蔵野市 cafe・三鷹市 cafe・小金井市 cafe・国分寺市 cafe・国立市 cafe・立川市 cafe・調布市 cafe・狛江市 cafe・府中市 cafe・稲城市 cafe・多摩市 cafe・西東京市 cafe・東久留米市 cafe・清瀬市 cafe・東村山市 cafe・小平市 cafe・日野市 cafe・八王子市 cafe・青梅市 cafe・羽村市 cafe・福生市 cafe・町田市 cafe・宮城県 cafe・山形県 cafe・福島県 cafe・茨城県 cafe・栃木県 cafe・群馬県 cafe・埼玉県 cafe・千葉県 cafe・横浜市(中心部) cafe・横浜市(北部) cafe・横浜市(西部) cafe・川崎市(南部) cafe・川崎市(北部) cafe・川崎市(中部) cafe・神奈川県(県央部) cafe・神奈川県(湘南地区) cafe・神奈川県(西部) cafe・神奈川県(鎌倉市) cafe・神奈川県(三浦半島地区) cafe・山梨県 cafe・長野県 cafe・静岡県 cafe・岐阜県 cafe・名古屋市 cafe・三重県 cafe・滋賀県 cafe・京都市 cafe・京都府下 cafe・大阪市(北区) cafe・大阪市(中央区) cafe・大阪市(西区) cafe・大阪市(天王寺区) cafe・大阪市(その他) cafe・大阪市外 cafe・神戸市 cafe・兵庫県(阪神間) cafe・兵庫県(明石市以西) cafe・奈良県(北部) cafe・奈良県(中部) cafe・和歌山県 cafe・岡山県 cafe・香川県 cafe・その他 cafe・福岡市内 「元」cafe化 閉店済cafe グルメ・クッキング 鉄カフェ

カテゴリー

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31