無料ブログはココログ

Google +1

にほんブログ村

Instagram

にほんブログ村(記事一覧)

cafe・宮城県

2012年9月 6日 (木)

【仙台カフェラリーシリーズ2012:その5】Sweet Spice Asano(スイート スパイス アサノ) / 花京院(仙台)


さて、先のお店から今度は東のほうへ、期間限定のかき氷があると。

駅前通りを北上、場所は花京院の少し北の住宅街中にある長屋の1Fに入る…
Img_1200_2
Sweet Spice Asano(スイート スパイス アサノ)。

以下店内撮影禁止となったので拙い文章で説明を…。

元々別の商店だった雰囲気のあるお店で古風な引き戸を開けると手前側がたたきになっておりそこに客席が10席そこそこ、奥には年季の入ったショーケースの中に焼き菓子が並べられる。
客席はアンティーク系の椅子と机。東京で例えるなら雰囲気は千歳船橋のいつものあそこ(喫茶K)に近い。

2段上がって奥の居間がキッチンになっており、古風なかき氷器が。

今回は勿論、自家製シロップ、仙台いちごのかき氷を頂く。口の中でふわっと溶ける頭に来ない優しい氷と甘過ぎないシロップのマッチングがなかなか。



お店データ

Sweet Spice Asano


大きな地図で見る
住所:宮城県仙台市青葉区花京院2-1-40
営業時間:11:00~19:00
定休日:日,第1月
電話番号:022-266-1755
http://sweetspice426.blog72.fc2.com/
# 全席禁煙

Img_1201_2
普段は焼き菓子系カフェだが、かき氷に関しては特にシロップに定評があるようでイベントがあるとあちこち出張されているよう。ハコも比較的シンプルながらちょっとレトロな落ち着きがあり、少人数ならなかなかハマる空間。この界隈はあまりカフェは多くないエリアだが、夏になれば一度は訪れたい1店である。

【仙台カフェラリーシリーズ2012:その4】cafe haven't we met(その3) / 国分町(勾当台公園・仙台)


# 今回は小ネタ

ちょいと時間があったので、やはり国分町のいつものところへ。

Img_1197_2
国分町といえば、はい、、いつものcafe haven't we met(その1,その2)。

今日はもう少し奥へ、窓際の席に座らせてもらう。
Img_1193_2
今回もそこそこ人がおられたので店内の写真はなし。シンプルな中に光るセンスは相変わらず。

さて、お茶としますか。
Img_1194_2
カプチーノとガトーショコラ、ここで始めて定番のラテアート登場。



お店データ

cafe haven't we met


大きな地図で見る

所在地:宮城県仙台市青葉区国分町3-9-2 佐々木屋ビル3F
営業時間:11:00~23:00(月~土)
     11:00~20:00(日祝)
定休日:なし
電話番号:022-212-1755
http://haventwemet.jp/

Img_1195_2
いつ来ても変わらない空間、最近仙台で選択肢に迷ったら真っ先に足が向いてしまっているところ(^^ゞ

今度は夜のお店の顔を見るのもありかな…と。

2012年9月 3日 (月)

【仙台カフェラリーシリーズ2012:その2】IWASA COFFEE PRODUCT(イワサ コーヒープロダクト) / 一番町(仙台・勾当台公園)


Img_1276_2
先のお店から続いて、数年前から気になっていた、しかもコーヒー豆もお土産に頂いていた珈琲店があるのだが、いかんせん平日営業のみとなってしまったのでほぼ絶望視していたところ。しかもwebの情報は土曜日営業は「あり」という判定だったがために、なおさらその真偽確認のために前述した長期出張期間中の仙台ラリー時に何度も店頭に立ち寄ったが、その度にopenの看板は掛けられていなかった。

そして、ついに今回悲願の平日ラリーができることになったので、勿論意地でも予定にねじ込むことに。

場所は一番町、三越近くの飲み屋街の長屋の1店に水色の扉が目を引くお店、
Img_1182_2
IWASA COFFEE PRODUCT(イワサ コーヒープロダクト)、今度こそ「open」の看板がかかってる、満を持して扉を開ける。

Img_1184_2
奥に長い店内は1Fが赤いタイル張りのカウンター席が4つほど、一番奥に焙煎機が見える。手前の階段を上がるとなかなかなハコの2Fになるのだが、今回は先客が居られたので2Fは断念(それほど席数は無いため調整されるよう)、1Fに誘導される。

店主と常連さんがコーヒ談義を語らうのを聞きつつ…

今回は…
Img_1183_2
先日焙煎したてのものがあるよ、ということで、ケニアを。ペーパーのドリップ系でクリアかつしっかりとした味。



お店データ

IWASA COFFEE PRODUCT


大きな地図で見る

所在地:宮城県仙台市青葉区一番町4-7-7
営業時間:12:00~19:30
定休日:土日祝
電話番号:022-262-6662

Img_1185_2
最近は平日しか開けていないとのことだが、どうやら体をこわされたような感じのようで、焙煎も時々しかおこなっていなさそう。しかしながら色々とお話を頂いた中でやはり無類の珈琲好き(というか本職)だけあって節々に芯からコーヒーが好きだというのがひしひしと感じる(ちょっとM過ぎる所も見え隠れするようだが)。

そんなわけで(かーなーり個人的感情が入っているところだが)、仙台でドリップ系を、かつ平日行けるなら「是非行っとけ!」と言うほど推しておきたい。それで2Fに入れればなお良し、のお店である。

2012年8月20日 (月)

【南東北長期カフェラリーシリーズ、仙台編:その18】JAM CAFE(ジャムカフェ) / 一番町(仙台)


Img_1049_2
この日の最後、お世話になった地元の方と別れて帰る前にちょいとメシの食えるカフェを…と探して選んだお店がこちら。場所は一番町の商店街内、三越の少し南にある呉服店(?)のビルの2Fに入る…

Img_1048_2
JAM CAFE、間違っても同じ名前でも三茶のあそことは何の関係もない。

Img_1050_2
階段を上がって2Fがカフェ、店内は30席そこそこのハコにオサレなデザイナーズチェアが多数。ワンポイントで観葉植物を置いている所がハコに引き締めを与える。

Img_1053_2
奥側はイームズのチェアに壁面は一枚絵画とシンプルながらもやっぱりオサレ系。奥の棚にはデザイン本がチラホラ。

さて、今回はちょっと早いが晩飯使いで…
Img_1052_2
アボガドサーモン丼を。どちらかと言うとワンプレートなカフェ飯、といったところか。

合わせてドリンクは
Img_1054_2
自家製レモンソーダを。



お店データ

JAM CAFE


大きな地図で見る

所在地:宮城県仙台市青葉区一番町4-5-20 松葉屋ビル2F
営業時間:11:00~23:00(金~火)
      11:00~21:00(水)
定休日:木
電話番号:022-221-7210
http://jam-cafe.main.jp/
http://ameblo.jp/jamcafe0707/

Img_1055_2
仙台のオサレ系カフェとして場所柄非常に使いやすい位置にあるのは大きなメリットで、カフェとしてそこそこまんべんなくカバーしているのは良い点であり、一番町のカフェとしてMozart(既訪、波カフェ)と並んで普段使い候補に十分入るお店。

ただ、頂けないのが、カフェのコンセプトが「完全東京渋谷系に向いてしまっている点」。一番目についたのが店内の一番目立つマガジンラックにあるカフェ本が全部グラフィスの(東京系)**カフェシリーズ(しかも渋谷と青山とそのあたりのみ)というのは(私的観点からして)仙台という地にあるからこそのオリジナリティを真っ向から否定している感ありありで、首都圏から来た人から見ると姿勢に「か~な~り」残念感が漂う。
# 普通はそこにS-Styleとか全国系デザイン誌orカフェ本を置いて、他地域の本は本棚に置くべきだと思うんだけどなぁ…

これにて南東北長期シリーズの「仙台編」は終わりです、が…

まだ最後に福島が2つほど残ってまして、さらに出張終了後に再び仙台に行って課題店の総仕上げモノが7,8つほど…onz
---
ちなみに、波(Wi-Fi)については、スタッフに伺ったらお店のWi-Fiルータ007Zに接続させてくれました(ありがとうございます)。
# でも、それ一定通信量超えると「ソフトバンククオリティな」なかなか残念仕様の帯域制限がかかるので
# それをお客さん用に使わせるのはあまり好ましくないと思うの…、やっぱりしっかりしたモノを入れていた
#だかないと。
# 先のMEALSと言い、この辺のどこか抜けてる感が仙台(中心部)カフェが東京の1,2年遅れ(と私が言った)所以…

2012年8月17日 (金)

【南東北長期カフェラリーシリーズ、仙台編:その17】La Casa del Caffe Bal Musette(ラ カーサ・デル カフェ・バルミュゼット) / 泉中央(仙台)


# 今回は仙台ラリーのメインターゲット

先に山形で訪れたBritish Pubなカフェのマスターに、東北ならまずここでしょう、と教えてもらったお店に。

しかしながら問題は仙台市営地下鉄の北の果て、泉中央から更にバスといった車持ちでない限り難所にあるのだが…、今回、私が電話な時代の頃からの知り合いの地元の方のご協力を頂いて向かうことに。

広瀬通から車を走らせること30分弱、泉中央から更に北の桂のいかにもな住宅地に突然現れるお店…
Img_1047_2
La Casa del Caffe Bal Musette(ラ カーサ・デル カフェ・バルミュゼット)。

入口手前のデッキに少々テラス席があり、そこから入る。
Img_1045_2
店内は左手に10席そこそこといったこじんまりしたハコ。正面裏手にエスプレッソマシンがあり、マシンはLA MARZOCCOStrada。勿論豆も自家焙煎のよう。

今回は日曜の午後ということもあり、お客さん多数なのでかろうじて空いた隙を使いつつ店内の雰囲気を。

そして頂くは…
Img_1042_2
ティラミスと…

Img_1039_2
勿論ラテを。味はやっぱりミルクミルクせずしっかりしている。



お店データ

La Casa del Caffe Bal Musette


大きな地図で見る

所在地:宮城県仙台市泉区桂 4-5-2
営業時間:11:00~20:00
定休日:木
電話番号:022-371-7888
http://www.bal-musette.com/
http://www.facebook.com/pages/%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%A7-%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%82%BC%E3%83%83%E3%83%88/109195549165715

Img_1041_2
仙台のエスプレッソ系カフェとしては定評があり、オーナーも頻繁に国内外を飛び回っておられるよう。少々場所柄難所故に県外から来るには難しいところであるが、仙台で自家焙煎の上質のエスプレッソ系コーヒーを頂くなら十分にオススメできる1店。sweetsもそれに合わせてなかなかの出来なので合わせていただきたい。

# もし意地でも公共交通機関で行くなら…
# 市営地下鉄泉中央駅から泉アウトレット経由寺岡三丁目行のバスで、最寄りバス停は桂1丁目北
# (実は迷鉄、もとい名鉄グループ宮城交通)

# Special Thanks Noriyuki氏

2012年8月16日 (木)

【南東北長期カフェラリーシリーズ、仙台編:その15】MEALS(ミールズ) / 片平(仙台)


さて、ランチに選んだのは…、先のお店からずーっと南下、青葉通りを越え、仙台高裁前まで。その交差点角にあるオサレなファザード…
Img_1017_2
MEALS(ミールズ)。どっかで見たような雰囲気のファザード、そう、東京駒沢の有名カフェ、バワリー・キッチン(既訪、波カフェ)と同じ形見一郎氏デザインのお店である。

Img_1020_2
店内は2フロアに分かれ、手前の白い空間が喫煙席、左手に半オープンなキッチンがあり奥に広めの客席(たしか禁煙)がある。
そのハコはあー、200x年代のheads系だねぇ…、という感じ。それもそのはず、openは2002年らしい。

やはり有名老舗カフェということもありランチ時は繁華街からそこそこ離れてはいるもののそれなりに人が入ってくる。

今回のランチは…
Img_1023_2
キッシュ系を…って奥のサラダの脇にちょろっと見えてるのがそうか。



お店データ

MEALS


大きな地図で見る

宮城県仙台市青葉区片平1-1-11 片平ビル 1F
営業時間:11:30~26:00
定休日:なし
電話番号:022-265-7373
http://meals-enjoy.com/
http://ameblo.jp/meals/

Img_1024_2
仙台の老舗オサレ系カフェとして不動の地位に居るお店だが、やはり経年変化は否めないようでどことなく年季感を感じる。それはそれでいいのだが、そしてもう1つギャップを感じるのがお店側が「イタリアン&フレンチ レストラン」(お店のブログより)と称していること。heads系のお店をいくつか見てる身からするとどう転んでもランチメニューもお店のスタンスも「カフェ」にしか見えない。

そういう意味で、一言で言うなら「バワリー・キッチンになりきれない仙台のバワリー・キッチン」、しかしながらメニューもアルコールも豊富で普段使いにはそこそこ使えるお店であろう。建築デザイナーズ系カフェが好みの方なら一度は見ておいても良いお店である。

# 波(Wi-Fi)はこーいうお店こそfreeであるべき姿なのだが、よりによって白犬偽fonのみという…(苦笑)

2012年8月15日 (水)

【南東北長期カフェラリーシリーズ、仙台編:その14】ホシヤマ珈琲店 本店 / 勾当台公園(仙台)


Img_1016_2
さて、お次はランチをする前に有名所を押さえておくということで、三越前まで戻り。

目指したのはビルの3Fに入る…仙台では有名な
Img_1010_2
ホシヤマ珈琲店本店。雑居ビルの看板に溶け込んでしまってすごく判り難いのだが、牛たんの利久が階下にあるのでそちらを目指せば意外と簡単か。

Img_1012_2
店内は東西に長く、喫茶店の王道を行く背面のカップとソーサー群。左手が喫煙、右手(商店街側)が禁煙フロアになっており、花を添えるところはなんとなく渋谷の茶亭羽當(既訪)のイメージが被ってくる。

さて、今回は簡単に…
Img_1013_2
アイスコーヒーを。氷はなんとコーヒーベースの氷。



お店データ

ホシヤマ珈琲店 本店


大きな地図で見る

所在地:宮城県仙台市青葉区一番町4-9-1 かき徳玉澤ビル3F
営業時間:10:00~22:00(月~土)
     10:00~20:00(日祝)
定休日:元旦
電話番号:022-263-5560
http://www.hoshiyama.co.jp/shop_honten.html

Img_1014_2
その前評判故に値段面で覚悟はしていたが、「最低でも4桁は確実に行く」高級喫茶店。しかしながらそれに相応しいスタッフと珈琲の丁寧さとは流石といえよう。

個人的にオーダーするならアフタヌーンセットがすべての面においてお得度高し、と見る。基本的には「アフタヌーンセットを頂くため」か「大切な人と大事な話をするため」に行くお店。その用途なら鉄板的にお勧めするが、普段使いでは絶対オススメしません(笑)

# ちなみに電力ビルのラウンジカフェの方はmin\735~、壱弐参横丁のニューエレガンスは京都イノダの豆メインなのでmin\630~、アエル店は本店と同じだが+\105(おそらくテナント料チャージと思われ)

<チラシの裏>
何やら有力筋情報によると、波はないことがわかっているが、電源については申告すればスタッフがコンセントのある場所まで誘導してくれる、という話を地元の方経由で某中の人のお偉いさんのコメントを聞いている。
</チラシの裏>

2012年8月13日 (月)

【南東北長期カフェラリーシリーズ、仙台編:その11】ゴリラ食堂 / 一番町(仙台)


# 今回はcafeとして入れるのは微妙な所だが…
Img_0957_2
元ネタはCAFESENから。仙台で日曜に開いているお店の中で、夕方~夜にそれなりにごはんが頂けるお店を探していてヒットしたお店。しかもネーミングがこれまた怖いもの見たさ(ぉぃ)で行きたい感を擽る。そんな訳で最後はこちらに。

場所は一番町アーケードが終わる明治屋の交差点からさらに南へ続く歓楽街っぽい雰囲気の中程なく、

Img_0953_2
雑居ビルのお店の看板の1つにコックのゴリラなシルエットのイラストが、ゴリラ食堂

お店は地下にあり、通り側からの階段を降りると変哲のないどデカい文字が目に入る。入口は右手から。

Img_0955_2
お店を入ると左右2フロアに別れており、右手はいかにも定食屋か呑み屋っぽいキッチンとカウンター的とテーブルといった構成だがどことなく節々のインテリアにカフェ的なものを感じる。
(お客さんが居られたので写真は無いが)左側のフロアは更にカフェ度が上がって壁面に絵がこじんまり書かれていたり小物の棚があったりとカフェ度が一気にupするフロア。全部で24席ほど。

さて、今回はカウンター側のテーブル席に座らせてもらって…
Img_0956_2
(たしか)冷やし鳥おろしそばセットを。ちゃんと蕎麦は冷水で締めてるし、出汁も一辺倒でなく濃すぎもしない。名前によらず、やるな…。



お店データ

ゴリラ食堂


大きな地図で見る

所在地:宮城県仙台市青葉区一番町1-6-22 シャンボール一番丁B1F
営業時間:14:00~24:00(日,月,水,木)
     14:00~26:00(金,土,祝前日)
定休日:火,その他不定休
電話番号:022-748-7737
http://gorilla-shokudo.com/

Img_0954_2
その場所柄故に夜シフトで呑み屋的要素もあるが、基本魚系定食がウリのごはんしっかり系なお店。仙台では珍しくカフェと定食店と呑み屋のトライアングルの間に位置するようなお店であり、都内で例えるならもぐら食堂@高田馬場にアルコール類が増えたといったイメージか。お値段も内容の割に手頃であり、ひとりメシから小グループまで、お酒も交えながらしっかりとメシが欲しい、といった時にはまずお勧めしたい1店である。

【南東北長期カフェラリーシリーズ、仙台編:その10】book cafe 火星の庭 / 勾当台公園(仙台)


さて、山形を後にして仙山線で仙台入り(仙台に関しては後日さらに1日、8月の平日にさらに2日ほど当ててこれでもかというほどの押え込みをかけてたり…(^-^;)。この日は日曜の夕方ということもあり開いているお店を簡単に。

そんな中で選んだのは、錦町公園から定禅寺通を少し東へ、ビルの軒先に金属オブジェがある、

Img_0946_2
book cafe 火星の庭、その名のとおりのブックカフェである。

Img_0948_2
店内は入ると左半分が古書がずらりと、主に芸術系、ドキュメント系、サブカル系が主か(そのラインナップはお店のページに現有在庫一覧があるのでそちらを参照のこと)。そして右手にカフェの客席が12席ほど、その奥にキッチンといった構成。

この日はお客さんがひっきりなしに出入りする状態なので、ぱっと見店内が分かる写真はなし。勿論お店の書籍はcafeで閲覧が可能。

さて、空いている席に座らせてもらって、今回は…
Img_0949_2
チョコレートブラウニーとブレンドを。豆は焙煎工房がらしゃのものを使用、割と酸味のある方か。



お店データ

book cafe 火星の庭


大きな地図で見る

所在地:宮城県仙台市青葉区本町1-14-30 ラポール錦町1F
営業時間:11:00~19:00
定休日:火,水
電話番号:022-716-5335
http://www.kaseinoniwa.com/

Img_0950_2
仙台では数少ないブックカフェとして不動の位置に君臨する。そのジャンルの寄り故に特定層にはファンも多いようで1回で数時間滞在する方も結構おられるよう。sweetsも焼き菓子系を中心にそれなりにあり、本のラインナップが合う方には結構ハマるお店ではないかと思われる。

(実は個人的にこのテの本はジャンル外…、でもとある方向けのお土産にこけし本を捕獲)

2012年7月23日 (月)

【南東北長期カフェラリーシリーズ、仙台編:その6】cafe haven't we met(カフェ ハヴント ウィー メット) / 勾当台公園(仙台)【その2】


# 今回は小ネタ

さて山から降りてきて、仙台に来たらやっぱり行っておきたいお店を。
Img_0506_2
国分町のcafe haven't we met(カフェ ハヴント ウィー メット:その1)。

Img_0592_2
今回はレジ脇の席に座らせてもらう。カウンターは見えないけど雨も上がった窓からの景色の明るさと、店内の暗の部分のコントラスト差がオサレ系カフェの魅力を引き立てる。

今回はこれまた一杯ひっかけで…
Img_0593_2
ラテマキアートを。



お店データ

cafe haven't we met


大きな地図で見る

所在地:宮城県仙台市青葉区国分町3-9-2 佐々木屋ビル3F
営業時間:11:00~23:00(月,火,木~土)
     11:00~20:00(日祝)
定休日:水
電話番号:022-212-1755
http://haventwemet.jp/

Img_0594_2
いつ来ても変わらぬ安定感があるのは好感が持てる。勿論お店においてある他のお店のショップカードを色々と探すわけだが、なかなかセンスというかレベルの高いショップカードを発見したので、次はそちらへ…(まだまだ続くよっ!)

# チラシの裏
# どうやら階下のヘアサロンにau Wi-Fiが置かれていてお店でもそこそこ使えるようになっている状態だったり。

その他のカテゴリー

cafe・千代田区 | cafe・港区(東京都) | cafe・中央区 | cafe・新宿区 | cafe・渋谷区 | cafe・品川区 | cafe・大田区 | cafe・目黒区 | cafe・世田谷区 | cafe・中野区 | cafe・杉並区 | cafe・練馬区 | cafe・豊島区 | cafe・板橋区 | cafe・文京区 | cafe・北区(東京都) | cafe・台東区 | cafe・荒川区 | cafe・江東区 | cafe・墨田区 | cafe・足立区 | cafe・葛飾区 | cafe・江戸川区 | cafe・武蔵野市 | cafe・三鷹市 | cafe・小金井市 | cafe・国分寺市 | cafe・国立市 | cafe・立川市 | cafe・調布市 | cafe・狛江市 | cafe・府中市 | cafe・稲城市 | cafe・多摩市 | cafe・西東京市 | cafe・清瀬市 | cafe・東村山市 | cafe・小平市 | cafe・日野市 | cafe・八王子市 | cafe・青梅市 | cafe・羽村市 | cafe・町田市 | cafe・宮城県 | cafe・山形県 | cafe・福島県 | cafe・茨城県 | cafe・栃木県 | cafe・群馬県 | cafe・埼玉県 | cafe・千葉県 | cafe・横浜市(中心部) | cafe・横浜市(北部) | cafe・横浜市(西部) | cafe・川崎市(南部) | cafe・川崎市(北部) | cafe・川崎市(中部) | cafe・神奈川県(県央部) | cafe・神奈川県(湘南地区) | cafe・神奈川県(西部) | cafe・鎌倉市 | cafe・神奈川県(三浦半島地区) | cafe・山梨県 | cafe・長野県 | cafe・静岡県 | cafe・岐阜県 | cafe・名古屋市 | cafe・三重県 | cafe・滋賀県 | cafe・京都市 | cafe・京都府下 | cafe・大阪市(北区) | cafe・大阪市(中央区) | cafe・大阪市(西区) | cafe・大阪市(天王寺区) | cafe・大阪市(その他) | cafe・大阪市外(その他) | cafe・神戸市 | cafe・兵庫県(阪神間) | cafe・兵庫県(明石市以西) | cafe・奈良県(北部) | cafe・奈良県(中部) | cafe・和歌山県 | cafe・岡山県 | cafe・香川県 | cafe・その他 | 「元」cafe化 | 閉店済cafe | グルメ・クッキング

カテゴリー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30