無料ブログはココログ

Google +1

にほんブログ村

Instagram

にほんブログ村(記事一覧)

cafe・大阪市(その他)

2016年10月14日 (金)

【関西カフェラリーシリーズ2016-2:その15】LEAD COFFEE(リードコーヒー) / 桜川・汐見橋


さて、関西シリーズの最終日、いつものように三郷のカフェFでモーニングを済ませて、前日のリベンジのため再び桜川に。

場所は汐見橋交差の南東角、丸い古風な新桜川ビルの西面の1Fに入るコーヒースタンド…

Img_6135_2
今回はこちら、LEAD COFFEE(リードコーヒー)。

Img_6664_2
入ると白い壁面、左手(北側)に木板のシンプルなカウンター、天井からは裸電球が下ろされたシンプルかつシュッとした店内。入口脇のマシンはSynessoのCyncraか。

Img_6665_2
客席は入って右手壁面にそってベンチが3,4人分程度といったシンプルさ。しかしながら、その脇には階段下の収納スペースだったらしき場所をキッズスペースにしてみたりと遊びココロ感ある造り。

この日は日曜の10時過ぎ、都心部、かつ盆休みということもありお客さんはさすがにまだ居らず。今回頂くは勿論…

Img_6668_2
カフェラテを。豆は苦楽園口の人気ロースター、TAOCA COFFEE(未訪)から。

続きを読む "【関西カフェラリーシリーズ2016-2:その15】LEAD COFFEE(リードコーヒー) / 桜川・汐見橋" »

2016年10月 4日 (火)

【関西カフェラリーシリーズ2016-2:その5】cafe de GAMOYON(カフェ・ド・ガモヨン) / 蒲生四丁目


<前フリ>
私を始め大阪人はとかく地名を略するのが好きだ。谷四、谷六、谷九を始め、天六(といっても天一だと某ラーメン店になるので(ry))といったように、関西圏ではその略称でだいたいの場所が理解できる。首都圏でも略すことは略するが、「ムサコ」と言われて武蔵小山、武蔵小杉、武蔵小金井のどこになるのか都内の人でも解らん。

大阪の概念では地下鉄の駅名設定もあり、「地名」+「x丁目」が一つの地域として成立する。今回はそんな街のカフェのお話。
</前フリ>

さて、先のお店からおけいはんに再び乗って大阪の中心部へ。元ネタは某カフェアプリに頻出していたことから。

Img_6551_2
場所は京橋から鶴見緑地線に乗って1つ東の蒲生四丁目(通称「がもよん」)。そこから京橋側に少し戻ったところにある城東警察署前の路地を南へ入ると長屋の一軒に真っ白い壁のお店が現れる。

Img_6552_2
cafe de GAMOYON(カフェ・ド・ガモヨン)、そう地名まんま店名のカフェである。

Img_6556_2
入口入るとすぐにキッチン前のレジがあり、右手から奥にかけて客席、白い壁面と天井に長屋の梁が残る広々とした明るいリノベ空間。
客席はほぼテーブル席で2間20席強ほどの空間(といってもお店インドアビューで公開されているのだが)

この日はお盆の平日の13時過ぎ、ランチ後半時もありお客さんは7割程度の入り、勿論ご近所マダムさんがほとんど。sweetsを…と思ったら14時からということなので今回は様子見で…

Img_6557_2
自家製ジンジャーエールを、割と甘口。

続きを読む "【関西カフェラリーシリーズ2016-2:その5】cafe de GAMOYON(カフェ・ド・ガモヨン) / 蒲生四丁目" »

2015年4月27日 (月)

【関西カフェラリーシリーズ2015-2:その10】Bird(バード) / 清水・新森古市


# 本写真は許可をもらって撮影です(理由は後述)

Img_0653_2
以前から鶴見緑地公園の北西側に有名なファニチャーショップ、TRUCKのカフェが有るのは知っていた。しかしながらなかなか行けない&行列を成す、という話を聞いていたので、今回CafeSnapのネタ拾いも兼ねて万を持して突撃。

最寄り駅は大阪市営地下鉄の小さな空気輸送路線、今里筋線の清水か新森古市。今回は清水駅から南西に伸びる道をひたすら進むこと5,6分ほど。内環状線とR163近くの「小中学校に囲まれた文教地区」に隣接して2軒の古風なビルがある。今回はこの南側のビルに入る…

# 今回はGoogleストリートビューで代用(理由は後述)


Bird(バード)、言わずと知れた大阪の有名店である。カフェ開店30分ほど前に着いて先客が1組。すでに店頭では警備員のオバちゃんが駐車場誘導をしている。そしてあれよあれよという間に開店時には30名強ほど並んで本日の営業スタート。


入ると年季の入った板張りの床、中央に革張りの椅子の大テーブル席があり、周囲に4人がけのテーブル席を主としてだいたい30席ほどの構成、なので開店時の行列で埋まってしまう状態。キッチンは右手から奥にかけて長く配される。


さて、今回はランチ使いで…(店内オーダーしたものは撮影OKということで)

Img_3828_2
アボガドとベーコンのサンド。しっかしデカい。

続きを読む "【関西カフェラリーシリーズ2015-2:その10】Bird(バード) / 清水・新森古市" »

2014年1月11日 (土)

【京阪奈カフェラリーシリーズ2014:その4】森森舎 カフェ&陶芸教室 / 姫松・西田辺


2日目は大阪市内集中攻略。年始に開いているお店の中でこれは…と探しているとInstagram方面からなかなか良さ気なお店が。しかも例の速攻系blogの方も東京から行かれているようで、最寄り路線のFe分具合も相まってそちらに行くことに。

Img_3054_2
最寄り駅は阪堺電車の姫松か大阪市交通局御堂筋線の西田辺。今回はスルッとKANSAI 3dayを持ちながらもあえてここは久々に天王寺から住吉さん初詣で賑わう阪堺電車で。

姫松の電停を降りて南港通を東へ、大阪あるある、ど派手な看板のスーパー玉出が目に入る播磨町交差を南へ少々行ったあべの筋沿いにシャビーな看板が出ているお店がある。

Img_6983_2
今回はこちら、森森舎(しんしんしゃ) カフェ&陶芸教室。隣のパチ屋の待ちと間違えられながらも開店時間を待ってお店に。

Img_6985_2
元商社のガレージだったような1Fを改装した店名に相応しくwoodyな店内は右手がカフェとなり、古い工業用ミシンの台や椅子を取り混ぜた席が20席ほど、奥にキッチンに面したニコルチェアのカウンター席が4席、左手奥に6人ほど収容可能なお子様連れ向けの壁面に黒板がある半個室の小上がり席といった構成。

壁面のインテリアの古さもそこそこに、洋物古道具系小物がセンス良く配されている。

Img_6988_2
そして左手はアトリエ兼陶芸教室スペースで、週数回定期的に教室が行われていたりと。

さて、今回はモーニング使いで…

Img_6992_2
エルサルバドルとトーストで。ドリップはハリオ。

続きを読む "【京阪奈カフェラリーシリーズ2014:その4】森森舎 カフェ&陶芸教室 / 姫松・西田辺" »

2013年12月23日 (月)

【大阪カフェラリーシリーズ2013:その4:電車の見えるカフェ】HEAVEN'S CAFE(ヘブンズ・カフェ) 新大阪 / 西中島南方・南方


# 大阪シリーズはこれでラスト。

Img_2177_2
大阪の夜は諸事情によりあまり動けなかったので、最後は宿に近いこちらを。

場所は西中島南方、新御堂筋と阪急京都線のクロスする踏切脇の角にあるビルの2Fに入る…

Img_2176_2
HEAVEN'S CAFE(ヘブンズ・カフェ) 新大阪。十三に本店(?)があるようだが、こちらは2013年7月にopenしたお店である。

階段を上がって右手の入口を入ると…

Img_6762_2
正面から右手に広めの全部で40席ほどの余裕のあるオサレ系のハコ、奥にはグランドピアノが置いてあったり、写真右手の階段上にはプチお籠もりのロフト席があったりと。南東端には8席ほどの個室も備えていたりする。

Img_6760_2
そして左手のカウンターのマシンは、LA MARZOCCOStrada、しかも黄色ロゴなのでMP(これ重要)。バックにはBROOKLYN ROASTINGの缶が濃紺の壁面の小物に。

Img_6761_2
そして東側の窓からはテラス席越しにFe分補充の阪急電車な風景。

さて、今回頂くは…

Img_6763_2
ラテと、foodの選択肢があまりなかったのでベーコンレタスサンド?を。

続きを読む "【大阪カフェラリーシリーズ2013:その4:電車の見えるカフェ】HEAVEN'S CAFE(ヘブンズ・カフェ) 新大阪 / 西中島南方・南方" »

2011年11月15日 (火)

珈琲館 ロックヴィラ / 鶴橋


# ネタカフェというのは色々とありまして・・・、今回も部類的にはそちらの方

実家帰省の最終日、新大阪経由で帰るところを途中に寄れ!という要望が・・・。場所は、鶴橋。鶴橋といえば夕方近鉄のホームに立つと焼肉の匂いが腹をすかせて電車を待つ奈良府民に追い打ちをかけることで有名だが、そのニオイのもとの地域に行くことに。(実は某趣味であれだけ近畿中徘徊したのにこの地区は生まれてこの方一度も行ったことがない)。

日曜の午前10時すぎにもかかわらず人2人がやっと並んで通れる程度の商店街は所々黒山の人だかり。まぁ、例のブームは大久保と同様こちらでも。

そんな中、昼に選んだのは・・・ほぼ一択。
Img_0086_2
商店街のほぼ中央に位置する、珈琲館 ロックヴィラ

店内は奥に長く右手にカウンター席、左手にテーブル席と大阪のごくごく普通な喫茶店スタイル。そして黄色か白の袋に入ったアツアツの(夏はちゃんと冷やす)布しぼりも関西系喫茶店の定番。

Img_0088_2
強面の店主がサイフォンを操り、制服姿のスタッフが店内店外とあちこち行き来する。どうやら時々外で見かけたのはお店にサンドイッチの出前に出ているらしい。

コーヒーは、ブレンド、ストロング、アメリカンの三種と大阪の喫茶店らしくわかりやい。今回チョイスしたのは・・・

Img_0089_2
ストロングコーヒー。酸味と苦味と同時に来る、あー、これこれ、という納得の味。個人的にもヨメ評にもブレンドよりストロングの方が美味しい。

勿論foodは頂くわけで・・・
Img_0093_2
こちらは普通のハムサンド(といっても肉厚のハム)、そしてこの地ならではのネタは勿論外さず・・・

Img_0092_2
このお店の定番、キムチサンドを。あまりキムチは辛くないのがミソ。



お店データ

珈琲館 ロックヴィラ


大きな地図で見る

所在地:大阪府大阪市東成区東小橋3-17-23
営業時間:08:00~18:30
定休日:水
電話番号:06-6975-0315
http://r.gnavi.co.jp/kac9200/
(ちなみに勿論全席喫煙可)

Img_0090_2
この日もひっきりなしにいかにも買い物ついでに来ました~というおばちゃん連中が次々と。普段ならご近所のお茶使いかと思われる様相だが、黙々とサイフォンでコーヒを入れていく店主。微妙なギャップ感を感じながらそれでいて商店街にしっかり溶け込んでいる街の喫茶店である。

---
で、キムチサンドは・・・?ってまぁ、こんなもんかなぁ・・・と。

その他のカテゴリー

cafe・千代田区 | cafe・港区(東京都) | cafe・中央区 | cafe・新宿区 | cafe・渋谷区 | cafe・品川区 | cafe・大田区 | cafe・目黒区 | cafe・世田谷区 | cafe・中野区 | cafe・杉並区 | cafe・練馬区 | cafe・豊島区 | cafe・板橋区 | cafe・文京区 | cafe・北区(東京都) | cafe・台東区 | cafe・荒川区 | cafe・江東区 | cafe・墨田区 | cafe・足立区 | cafe・葛飾区 | cafe・江戸川区 | cafe・武蔵野市 | cafe・三鷹市 | cafe・小金井市 | cafe・国分寺市 | cafe・国立市 | cafe・立川市 | cafe・調布市 | cafe・狛江市 | cafe・府中市 | cafe・稲城市 | cafe・多摩市 | cafe・西東京市 | cafe・東久留米市 | cafe・清瀬市 | cafe・東村山市 | cafe・小平市 | cafe・日野市 | cafe・八王子市 | cafe・青梅市 | cafe・羽村市 | cafe・福生市 | cafe・町田市 | cafe・宮城県 | cafe・山形県 | cafe・福島県 | cafe・茨城県 | cafe・栃木県 | cafe・群馬県 | cafe・埼玉県 | cafe・千葉県 | cafe・横浜市(中心部) | cafe・横浜市(北部) | cafe・横浜市(西部) | cafe・川崎市(南部) | cafe・川崎市(北部) | cafe・川崎市(中部) | cafe・神奈川県(県央部) | cafe・神奈川県(湘南地区) | cafe・神奈川県(西部) | cafe・神奈川県(鎌倉市) | cafe・神奈川県(三浦半島地区) | cafe・山梨県 | cafe・長野県 | cafe・静岡県 | cafe・岐阜県 | cafe・名古屋市 | cafe・三重県 | cafe・滋賀県 | cafe・京都市 | cafe・京都府下 | cafe・大阪市(北区) | cafe・大阪市(中央区) | cafe・大阪市(西区) | cafe・大阪市(天王寺区) | cafe・大阪市(その他) | cafe・大阪市外 | cafe・神戸市 | cafe・兵庫県(阪神間) | cafe・兵庫県(明石市以西) | cafe・奈良県(北部) | cafe・奈良県(中部) | cafe・和歌山県 | cafe・岡山県 | cafe・香川県 | cafe・その他 | 「元」cafe化 | 閉店済cafe | グルメ・クッキング

カテゴリー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31