無料ブログはココログ

Google +1

にほんブログ村

Instagram

にほんブログ村(記事一覧)

cafe・横浜市(中心部)

2016年11月 1日 (火)

Marks house Cafe(マークハウスカフェ) / 元町・中華街


さて、先の横浜港近くのお店から今度は元町の山手へ。元ネタは夏にも訪れた生駒の自家焙煎珈琲eさんの豆がなんと横浜で頂けることが判明。どうやら手繰ってみるとハコも良さ気、しかもこの方も訪問済みということで。

場所はMM線の元町・中華街駅直結のビルの3F(5番出口)からアメリカ山公園を経由して、横浜地方気象台脇を抜けたところにある外国人墓地の入口の向かいのマンション、その1Fに入る…

Img_6982_2
今回はこちら、Marks house Cafe(マークハウスカフェ)。

Img_6986_2
入ると住宅販売&内装業者が運営するカフェだけあり、オサレなインテリア。ショールームを半ば兼ねたお店ということでリビング的フロアに窓側3席のローテーブル席、本棚を挟んでキッチン側にテーブル席3席といった構成。

Img_6987_2
そして奥にカウンターが有り、ドリッパー等が並ぶ。キッチン奥に有るマシンはVBMのDOMO BARか?

この日は平日の13時半頃、お客さんは流石に居らず、マターリとした昼下がり。今回は様子見で…

Img_6988_2
カフェラテを、なかなかヒネリのあるテイスト。

続きを読む "Marks house Cafe(マークハウスカフェ) / 元町・中華街" »

2016年10月31日 (月)

&ima(アンドイマ) / 元町・中華街


Img_6975_2
さて、みなとみらいの次は元町・中華街へ。以前ビルまではたどり着いたが場所が分からなくて断念したお店に。

場所は横浜マリンタワーの対面のビル、1FにBARNEYS NEW YORKが入るビルの7Fにある…

Img_6710_2
&ima(アンドイマ)、以前六本木の南の方にカフェを併設していたお店の2号店である。ビルの入口はバーニーズの裏手のエレベーターから(ビル周囲には看板が出ておらず、エレベーターに来てはじめて分かる位ほとんど看板は出ていないので非常に解りづらい)。

エレベーターを出て左側3/4ほどがショップと写真スタジオのエリア、右手海側の残りのスペースがKITCHEN(カフェ)となる(ただしレジはショップと共通)。

Img_6979_2
入ると清楚なハコに手前側キッチンを含むの20席ほど、そして北側2面窓に面した20席程度の2区画に別れる。

そしてご期待どおり、窓からは…

Img_6977_2
マリンタワーの足元の向こうに横浜港が一望できる風景。

この日は平日の13時頃、お客さんは3組程度とまばらでマターリとしたランチ時後半。今回は様子見で…

Img_6980_2
レモネード系ドリンクを。(というのも健康診断の後ですから、ええ。)

続きを読む "&ima(アンドイマ) / 元町・中華街" »

2015年12月 2日 (水)

Cafe Elliott Avenue(カフェ エリオットアベニュー) / 元町・中華街(山下公園)


さて、石川町のお店を出て最後は山下公園の最終目的地へ。以前から話には聞いていたが(個人的には)横浜界隈はどうも苦手でなかなか行けなかった次第。目指すお店は横浜人形の家の1Fに入る…

Img_2824_2
Cafe Elliott Avenue(カフェ エリオットアベニュー)、言わずと知れた横浜を代表するエスプレッソ系カフェである。

店内は手元のみ撮影可ということで拙い説明にて。手前にテラス席があり、入口は左手から。入ると右手にカウンターがあり、カウンター上にあるマシンはLA MARZOCCOのStrada EP(バックヤードにLinea Classicもあるが、普段は使用していない様子)。

客席はその右手から奥にかけて細長くベンチシートを含む20数席といった形で割とシンプルに仕上げている。

この日は平日の16時頃、お客さんは2組ほど…って後からバリスタさんの親戚っぽい人が大挙して押しかけてきた…(^-^;

豆は毎週シアトルから空輸されるVivaceの豆と国内ロースターのノーマルの豆の2種類があるが、今回は様子見ということで…

Img_2826_2
ラテを。イイ表面張力。Vivaceの豆でオーダーしない場合は真っ白なカップになる模様。

続きを読む "Cafe Elliott Avenue(カフェ エリオットアベニュー) / 元町・中華街(山下公園)" »

2015年11月30日 (月)

Cafe de Lento(カフェ・ド・レント) / 石川町


さて、鎌倉の後は横浜へ移動。次は石川町の南、山手の斜面に立つカフェZを…と思ったら土日祝しかやっていないのね(´・ω・`)

とりあえず最終目的地が山下公園なので元町商店街を東の方へ歩くこと少々、元町5丁目南交差点から商店街へ入るとすぐのビルの1Fにとあるカフェがあることに今更気づく。

Img_2818_2
今回はこちら、Cafe de Lento(カフェ・ド・レント)。元下北沢のチクテカフェのスタッフの方がopenされたお店でいつの間にやら横浜元町の人気カフェにのし上がっている。ちょいと覗いてみると席が開いていたのでお茶使いに滑り込み。

Img_2820_2
入ると右手にベンチシートを含むテーブル席が10席、左手にもテーブル席が6席ほど。左手やや奥にカウンターとレジがあり、奥の方にも別区画で4席ほどある様子。シンプルながらもちょっと暗めに落ち着いた店内。

この日は平日の15時過ぎ、それでもマダム方々で8割程度の入りとは流石。今回はお茶使いで…

Img_2822_2
アップルタルトを。しっかりとしたテイスト。

続きを読む "Cafe de Lento(カフェ・ド・レント) / 石川町" »

2014年6月 2日 (月)

MINORITIES COFFEE(マイノリティーズコーヒー) / 黄金町(横浜)


Img_8378_2
さて、先のお店を後にして、黄金町方面へ京急線沿いをてくてくと。

Img_8377_2
ぬこが気持ちよさそうに軒先で寝とる…。次のお店の場所はその少し先、黄金町駅がそろそろ近づいてきたあたりにお店が集中して軒を連ねる長屋(このエリアだけでもカフェが4軒あるという…)の1軒に。

Img_8379_2
今回選んだのはこちら、MINORITIES COFFEE(マイノリティーズコーヒー)。

Img_8381_2
入ると左手にカウンター席が6席ほど、ちょいと喫茶店的要素もあるカウンター上にはガラス瓶に詰められた自家焙煎の豆がズラリと並ぶ。

Img_8380_2
右手にもカウンター席が3,4席ほど、洋物の雑誌やら(何故か)サメの絵やらなんやらが積み上がる。客席はどうやら2Fにも客席はある模様。

さて、今回は様子見で…

Img_8382_2
フツーにブレンドを、しっかりとしたボディのあるテイスト。

続きを読む "MINORITIES COFFEE(マイノリティーズコーヒー) / 黄金町(横浜)" »

2014年5月31日 (土)

よんふくcafe(よんふくカフェ) / 日ノ出町(横浜)


Img_8372_2
元ネタは多分OZmagazineあたりの横浜特集から。横浜の京急沿線界隈、日ノ出町~黄金町の京急ガード下&脇あたりがここ数年綺麗になって、治安がそこそこ良くなって来ているのに合わせてカフェが増えているようで、以前にとある音楽カフェ(既訪、波あり)に行った時以上に良くなっているようなので、ちょいとネタ拾いに。

日ノ出町から京急と大岡川の間の細い区画を川沿いに黄金町方面に歩くこと3,4分ほど、新しく立った長屋のテナントの1つにちょこんと看板が出ているお店がある。

Img_8371_2
今回はこちら、よんふくカフェ、右隣はギャラリーである。

Img_8375_2
入ると11席ほどのこじんまりとしたハコ。そんな中で皆さんランチを頂いておられるようで、かろうじて空いていた奥のカウンター席に座らせてもらう(そんなわけで店内の写真はこれだけ)。配置は正面がキッチン、正面右手奥には雑誌やら普通の書籍やら、左手奥には漫画本がぎっしりと。カウンター席にはちょこんと文庫本等の読み物が置かれており、ちょっとしたBOOK CAFE的要素も。

今回頂くは様子見で…

Img_8373_2
シークァーサーソーダを。お茶うけはしるこサンドがデフォらしい。

続きを読む "よんふくcafe(よんふくカフェ) / 日ノ出町(横浜)" »

2013年7月 5日 (金)

喫茶コマドリ / 仲木戸・東神奈川


# 京急シリーズの最後はこちら。

Img_5303_2
元ネタは東横線沿線には強いこの方Instagramから。京急沿線ではほとんどカフェのない神奈川区エリア、しかも京急のさらに東側の湾岸地帯に喫茶店というかカフェというかお店が有ると。お店のページを確認すると…、ほぅ、これは何となく来るなという直感が。しかも営業日が平日の午後のみという平日勤め人にとっては超難所。

そこまでお膳立てをされればこっちとしても行きたくなるってモノ。そんなこともあって最初からここだけは絶対に外さずに(というか軸にして)今回の予定を組んだ次第。

追浜から横須賀の商店街のお店(結局お目当てのお店は移転してその跡にレンタルスペースのカフェになっていたが、なかなか年季が入って味のある良いハコ)に一度寄ってから一気に横浜まで戻り、京急ダルマさんに乗り換えて川崎方面へ2つ、降りた駅は仲木戸。

そこから第一京浜を南へ下ること少々、運河側の簡易宿泊所も点在する町工場と住居がクロスしたカオスなエリアの中、路地の角地に平屋の白い壁面のお店がひょっこりと現す。

Img_5299_2
今回はこちら、喫茶コマドリ。まさにあのホームページのトップの画面どおりのお店である。この日は小雨だったため看板は仕舞ってある様子。

引き戸をガラガラ~と開けると、

Img_5304_2
左手一面にカフェらしからぬキッチン前のカウンター席が6つほど、右手に6席ほどの小上がり席があり、奥に2段上がって居間を改装したと思われるフロアがあったりと。壁周りの柱や壁などのしつらえがいかにも元何のお店かな…とぐぐってみるとどうやらやはり元鮨屋だったハコのよう、納得。

今回は小上がり席に座らせてもらって、
Img_5305_2
バナナクランブルケーキを、二十四節気にちなんだトッピング、この時期は次の節気の直前だが、「芒種」、種をまく時期ということで…、種蒔きに見立てて、ケーキの土にミントが新芽、種の代わりに黒ゴマとケシの実が入った袋が、なかなか可愛らしい。コーヒーは白楽のTERA COFFEE and ROASTER

続きを読む "喫茶コマドリ / 仲木戸・東神奈川" »

2012年9月18日 (火)

poro珈琲 / 天王町


Img_1315_2
保土ヶ谷の先のお店から続いて、もう1つと考えて向かったのはやはり相鉄線沿線。場所は天王町。

Img_1308_2
駅から旧東海道を北に歩くこと3,4分、脇道にそれて程なくデッキのあるお店が現れる、今回はこちら、poro珈琲

Img_1314_2
店内は右手奥に長くテーブル席が12ほどとこじんまりとしたハコだが北欧小物グッツがてんこ盛りな状態。cafe自体はテラス席があるためかキャッシュオンスタイルを取る。

Img_1313_2
しかもなぜかメニューのメインが北欧モノでなかったりとちょいと肩透かしを食らう所だが探すと所々微妙に北欧っぽいメニューも取り混ぜながらの構成。テレビに流れるはフィンランド系の放送(?)、BGMもフィンランド語のラジオといった徹底ぶり。

さて、今回は…
Img_1310_2
poroブレンドとなぜか全然関係ないガトーショコラ(たぶん)を。



お店データ

poro珈琲


大きな地図で見る

所在地:神奈川県横浜市保土ヶ谷区天王町1-11-4 矢澤ビル1F
営業時間:11:00~21:00
定休日:火
電話番号:045-442-4667
http://www.poro-coffee.com/
# 全席禁煙

Img_1311_2
店主は1年そこそこフィンランドに居られたようで、そのあたりの経験が今のカフェにかなり出ているよう。端的に言うなら「北欧グッツの地元系カフェ」である。間違ってもfoodやdrinkにそのカラーはそれほど目立って出てこない。

首都圏北欧カフェというと吉祥寺の有名カフェmや荻窪のi、最近だと代々木公園のfなどのようなシンプルかつ品のあるお店が挙げられるが、お店特有のコチャコチャっとした感がどちらに振れるかは感性次第で評価が割れそうなお店である(私的にはアリだと思うが…)。

# 波(Wi-Fi)については残念ながら白犬偽fonのみでした…onz(お店の波は非開放)

2012年6月15日 (金)

Charan Paulin(チャラン・ポラン) / 日本大通り


Img_0143_2
さて、逗子から途中寄り道をしつつ横浜まで戻り、どうしても押さえておきたかったお店を少々。場所は日本大通り、横浜港界隈。

日本で5番目に短い国道(R133)に出ると…、げっ、開港祭でホコ天になってやがる。そんな中を抜けながら開港資料館前へ。

Img_0141_2
海岸通りの石造りの古いビルの入口に看板が、今回の横浜のターゲット、Charan Paulin(チャラン・ポラン)。ネーミングからして非常に気になっていたお店である。

恐る恐る2Fへ上がると…

Img_0142_2
おおっと、cafe timeは意外にも人は少なめ。だいたいということで窓際の席に座らせてもらう。

Img_0148_2
窓からは廃線跡である山下埠頭線の高架部分と横浜港が一望できる景色。

さて、今回は…
Img_0145_2
アイスコーヒーとガトーショコラを。豆は徳島のaalto coffee。

ちょいと汗ばむ陽気の開港祭のお祭り気分を下に見ながらマターリと。



お店データ

Charan Paulin


より大きな地図で マップ を表示

所在地:神奈川県横浜市中区海岸通1-1 海岸通壱番館 2F
営業時間:11:30~23:00
定休日:月
電話番号:045-651-5881
http://arahabaki.jp/charanpaulin/

Img_0147_2
元々food使いで有名なお店だけにLunchやDinner時は予約がbetterなほどの人気店。そのハコの素性の良さからcafe使いも案外イケると思うのだが意外と使えることが知られてないのか何なのか。この後行ったカフェがえらく混んでいたことを考えると、時間帯次第では穴場的に使えるお店である、個人的には十分おすすめ出来る1店。

2011年2月 8日 (火)

ブックカフェ風信 / 野毛(桜木町)

 桜木町の某カフェに再度トライしたときの話。

 お目当てのお店が開店準備中だった間に、目をつけておいたお店を。

Img_0420_1
動物園通りから野毛坂を上がってすぐに路地に入ること少し、蔦の絡まった一軒家が見える。

Img_0425_2
名はブックカフェ風信。ごく普通なポストがごく普通の一軒家と思わせるファザード。

おそるおそる扉を開けてみると・・・
Img_0421_2
7,8席もない空間に壁面びっしり本棚と本の山、ある意味圧巻である。元々のハコの性格から靴を脱いではいるスタイル。

店内には店主と年配の男性が本を読む静かな空間。
そんな中で、今回は・・・
Img_0422_2

コーヒーと、付け合せでクッキーを。



お店データ

ブックカフェ風信


大きな地図で見る

所在地:横浜市中区野毛町3-142
営業時間:12:00~19:00(水,木,日)
     12:00~21:00(金,土)
定休日:月(祝日の場合は変動あり),火(不定)
電話番号:045-242-3768
http://home.netyou.jp/33/fushin/

Img_0423_2
隠れ家的ブックカフェというべきか、1人でどっぷり読書に耽るには十分適したお店。お供にする珈琲もそこそこ種類があり、散歩ついでに・・・というよりは狙って訪れるほうが得るものは大きいかと思われる、そんなお店。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

cafe・千代田区 | cafe・港区(東京都) | cafe・中央区 | cafe・新宿区 | cafe・渋谷区 | cafe・品川区 | cafe・大田区 | cafe・目黒区 | cafe・世田谷区 | cafe・中野区 | cafe・杉並区 | cafe・練馬区 | cafe・豊島区 | cafe・板橋区 | cafe・文京区 | cafe・北区(東京都) | cafe・台東区 | cafe・荒川区 | cafe・江東区 | cafe・墨田区 | cafe・足立区 | cafe・葛飾区 | cafe・江戸川区 | cafe・武蔵野市 | cafe・三鷹市 | cafe・小金井市 | cafe・国分寺市 | cafe・国立市 | cafe・立川市 | cafe・調布市 | cafe・狛江市 | cafe・府中市 | cafe・稲城市 | cafe・多摩市 | cafe・西東京市 | cafe・清瀬市 | cafe・東村山市 | cafe・小平市 | cafe・日野市 | cafe・八王子市 | cafe・青梅市 | cafe・羽村市 | cafe・町田市 | cafe・宮城県 | cafe・山形県 | cafe・福島県 | cafe・茨城県 | cafe・栃木県 | cafe・群馬県 | cafe・埼玉県 | cafe・千葉県 | cafe・横浜市(中心部) | cafe・横浜市(北部) | cafe・横浜市(西部) | cafe・川崎市(南部) | cafe・川崎市(北部) | cafe・川崎市(中部) | cafe・神奈川県(県央部) | cafe・神奈川県(湘南地区) | cafe・神奈川県(西部) | cafe・神奈川県(鎌倉市) | cafe・神奈川県(三浦半島地区) | cafe・山梨県 | cafe・長野県 | cafe・静岡県 | cafe・岐阜県 | cafe・名古屋市 | cafe・三重県 | cafe・滋賀県 | cafe・京都市 | cafe・京都府下 | cafe・大阪市(北区) | cafe・大阪市(中央区) | cafe・大阪市(西区) | cafe・大阪市(天王寺区) | cafe・大阪市(その他) | cafe・大阪市外 | cafe・神戸市 | cafe・兵庫県(阪神間) | cafe・兵庫県(明石市以西) | cafe・奈良県(北部) | cafe・奈良県(中部) | cafe・和歌山県 | cafe・岡山県 | cafe・香川県 | cafe・その他 | 「元」cafe化 | 閉店済cafe | グルメ・クッキング

カテゴリー

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28