無料ブログはココログ

Google +1

にほんブログ村

Instagram

にほんブログ村(記事一覧)

cafe・大阪市(中央区)

2018年10月20日 (土)

W/O stand Shinsaibashi(ウィズアウトスタンド心斎橋) / 四ツ橋・心斎橋


# 今回は小ネタ

先の心斎橋の喫茶からアメリカ村に移動、神戸発のVisual系コーヒースタンドに立ち寄ることに。そのお店とは、三角公園のちょっと北、阪神高速の四ツ橋ランプ入口から少し東側にある…

Img_5093_2
W/O stand Shinsaibashi(ウィズアウトスタンド心斎橋)、黄色い自販機のようなものが入口である。

Img_5094_2
入ると他店と同様シンプルなハコ、タイル張りのカウンターにLA MARZOCCOのFB/80が鎮座する。そしてネオンサインとお約束のスタイル。

客席は入口脇窓際にカウンター席が3つ、入口右手の壁面カウンター席3つといった構成。他店(神戸元町の本店や原宿店)にあるようなコンセントはなし。

この日は金曜日の13時頃、お客さんは入れ替わりでパラパラと。今回は流石に暑いので…

Img_5095_2
下北沢で頂いたとき以来のブルーソーダを。心斎橋店のロゴはニック・ジャガー、もとい、ミック・ジャガー。

続きを読む "W/O stand Shinsaibashi(ウィズアウトスタンド心斎橋) / 四ツ橋・心斎橋" »

2016年10月 5日 (水)

【移転休業中】【関西カフェラリーシリーズ2016-2:その6】COCHI CAFE(コチカフェ) / 谷町六丁目・松屋町


Img_6561_2
元ネタはこれまたLマガジン系雑誌、そして玉造から谷六に移転して現在休業中のカフェMの店主からの頂きネタ。谷六~松屋町の間のカフェの空気感が良い、いうことで何度か行こうとしたのだがタイミングが合わず、そうこうしているうちに建物取壊しのため8月いっぱいで移転するとのこと。それでは…ということでこの日の2つ目の主目的カフェとして設定した次第。

場所は谷六の西側の階段を降りて、大阪の下町を松屋町方面に歩くこと2,3分ほど、古い長屋街が並ぶ中にパラソルが店頭に立ててあるお店が1軒…

Img_6560_2
今回はこちら、COCHI CAFE(コチカフェ)、この界隈では有名なカフェである。

Img_6564_2
この日はGallery開催日ということもあり、お店の東側半分が展示スペースに割かれ、残りは窓際と西側に8席ほど。古長屋の香りを残しながら壁面は白と水色に塗られたあの雑誌でみたあの雰囲気。南側に小窓がありそちらの奥にキッチンが。

この日は盆の平日の15時過ぎ、お客さんは8割程度の入り、辛うじて空いていた席に座らせてもらって…

Img_6562_2
暑さに負けてかき氷を、キウイシロップがけで。

続きを読む "【移転休業中】【関西カフェラリーシリーズ2016-2:その6】COCHI CAFE(コチカフェ) / 谷町六丁目・松屋町" »

2016年7月 4日 (月)

【関西カフェラリーシリーズ2016-1:その15】KOHORO(コホロ) 淀屋橋店(KOHORO ELMERS GREEN COFFEE COUNTER) / 淀屋橋・北浜


関西シリーズの終盤戦の続き、心斎橋から今度は淀屋橋に移動。かねてからLisette系列のカフェが北浜との間にあることは知っていたのだが、なかなか行く機会が無かったので今回のタイミングに合わせて。

場所は御堂筋線の淀屋橋駅と堺筋線の北浜駅の中間、土佐堀通から南へ2つ下ったところのビルの1Fに入る…

Img_5529_2
KOHORO(コホロ) 淀屋橋店(KOHORO ELMERS GREEN COFFEE COUNTER(コホロエルマーズグリーンコーヒーカウンター))。その名のとおり二子玉川にあるKOHOROの姉妹店、そして北浜(既訪)や泉北(未訪)にあるエルマーズコーヒーの姉妹店でもある。

Img_5531_2
入口を入ると正面に小さなキッチン前のカウンター席が4つあり、主に右手に10席程度のテーブル席といった構成。

Img_5530_2
左手から奥にかけて広いフロアにKOHOROお得意の器や各地からセレクトされた食材や雑貨といったモノが並ぶ。多分二子玉川のお店より倍はあるかなぁ、と。

この日は連休中日の11時頃、さすがにお客さんはまばら。今回は様子見で…

Img_5532_2
アイスコーヒーを。

続きを読む "【関西カフェラリーシリーズ2016-1:その15】KOHORO(コホロ) 淀屋橋店(KOHORO ELMERS GREEN COFFEE COUNTER) / 淀屋橋・北浜" »

2016年6月20日 (月)

【関西カフェラリーシリーズ2016-1:その7】coffee HUT(コーヒーハット) / 松屋町


さて、先の高槻のお店でちょっと消化不良気味に出た後、本来ならばここでバスで枚方に向かうつもりが後の予定もあって、これは押さえておきたい1店が連休の谷間ながら開いていたので大阪市内に向かうことに。

Img_5445_2
場所は人形とおもちゃの問屋街、松屋町。松屋町といえば5秒ラジオCMがループするおっさんホイホイな世代…(^-^;

松屋町交差からおもちゃや花火の問屋が並ぶアーケド街を南の暫く下ると現れる白いファザードの一軒…

Img_5446_2
今回はこちら、coffee HUT(コーヒーハット)。

# 以下店内手元以外撮影禁止ということで拙い説明で

入ると左手にテーブル席が8席ほど、右手の階段下に小さな焙煎機があり、奥にカウンターが。全体的に年季の入った木材で構成された家具類でどことなく天満橋のS珈琲店(既訪)と類似した雰囲気を醸し出す。

この日は平日の15時過ぎ、お客さんはおられず、今回はお茶使いで…

Img_5447_2
夏みかんのタルトとアイスコーヒーと。

続きを読む "【関西カフェラリーシリーズ2016-1:その7】coffee HUT(コーヒーハット) / 松屋町" »

2014年9月 5日 (金)

【京阪神カフェラリーシリーズ2014:その4】CAFE NOTO COFFEE(カフェ ノオト コーヒー) / 玉造


Img_9558_2
元ネタはInstagramのフォロワーさんからの写真から。玉造の長堀通沿いにカッチョええコーヒースタンドがあるとのこと。写真も見るにこれは、ということで先の箕面船場のお店から転進。

途中玉造のお気に入りのお店で挨拶がてらお茶をしつつ(てかここで気づいた)、営業時間の終盤に慌てて突入。

Img_9554_2
場所は玉造でも西側、空堀町交差の北西角に佇む…

Img_9555_2
今回はこちら、CAFE NOTO COFFEE(カフェ ノオト コーヒー)。

Img_9556_2
入るとちょいと薄暗目の白い壁面と板張りの床の店内に纏められた家具群と観葉植物。客席は主に右手に10数席、左手窓際にカウンター席が4席ほどといった構成。

Img_9557_2
正面にカウンター、奥にキッチンがあり、マシンはLA CIMBALIのM24?29?系。手前にはプレーヤーがありLP盤でBGMを奏でる。

この日は閉店30分前滑り込みということもあり、エスプレッソマシンは火を落としてた…(´・ω・`) とのことなので…

Img_9559_2
アイスコーヒーを。

続きを読む "【京阪神カフェラリーシリーズ2014:その4】CAFE NOTO COFFEE(カフェ ノオト コーヒー) / 玉造" »

2014年4月 6日 (日)

HOKUO cafe(北欧カフェ) 心斎橋店 / 心斎橋


Img_7586_2
先のお店から続いて、少々夜遅目で開いているお店を探してみることに。次に行ったのは…、心斎橋筋北商店街を北に少々上がった右手にある…(向かいはSUBWAY)

Img_4977_2
HOKUO cafe(北欧カフェ) 心斎橋店。元は北海道のベーカリーチェーン店だが、関西はほっかほっか亭等を展開するハークスレイがFC展開(ちなみに関東の店舗小田急グループがFC受け)。2013年8月にopenし、関西エリアのHOKUO系列では初のカフェ店舗である。

入ると奥に長く、左手にベーカリー系が並び、左手にカウンター席。右手奥にカウンターがあり、パン屋によくあるイートインコーナーが付いたただのベーカリーカフェとと思いきや…

Img_7581_2
カウンターにはLA MARZOCCOGB/5が鎮座、これは正直予想を大きく裏切られた驚き。

左手奥にテーブル席が12席ほどあり、その手前にB1Fへの階段が。B1Fは40席は間違いなくありそうなハコで中央で喫煙フロアと禁煙フロアで仕切られている(ただし仕切りは甘め)。

さて、今回は晩ごはん後、しかも閉店時間も近かったということもあり、有無を言わさず…

Img_7584_2
ラテを、このクオリティで\300なら正直安い。

続きを読む "HOKUO cafe(北欧カフェ) 心斎橋店 / 心斎橋" »

2014年4月 5日 (土)

W cafe(ダブリュー カフェ) / 四ツ橋・心斎橋(アメリカ村)


Img_7572_2
この日はひょんなことから大阪に。宿は心斎橋だったのだが、この界隈にW's Company系列のカフェが有るということは記憶にあったので、空き時間が出来たことから早速。

場所は心斎橋駅から長堀通の1本南の通りを西へ少々、阪神高速の少し手前のビルの1Fに、LA MARZOCCOFB/70が窓際に鎮座するお店がある。

Img_7573_2
今回はこちら、W cafe(ダブリュー カフェ)。

Img_7574_2
入るとカフェとしては超大箱の天井の高いオサレ空間。手前の空間だけで7,80席はあろうかというキャパ。さらに南東側にも奥まったテーブル席があり、全体で120席らしい。

この日は平日の夜、しかも小雨ということで人もまばら。今回は晩ごはん使いで…

Img_7580_2
ロコモコ丼を、ちゃんと石焼きにしてある。

勿論後は…

Img_7577_2
ラテ、シュガースティックに上島のモノが使われていたので豆は上島?

続きを読む "W cafe(ダブリュー カフェ) / 四ツ橋・心斎橋(アメリカ村)" »

2013年12月21日 (土)

【大阪カフェラリーシリーズ2013:その2】MOTO COFFEE(モトコーヒー) / 北浜


先のお店から続いて、谷六のとあるお店に向かったものの、お目当てのお店は臨時休業…onz

ということで北浜のかねてから目をつけていたお店に…、とその前にすぐ近所に小耳に挟んだお店があるのでそちらを先に。

場所は北浜の堺筋のライオン橋(難波橋)の袂、そのビルに入る…

Img_6749_2
MOTO COFFEE(モトコーヒー)。

# 以下店内撮影禁止とのことなので拙い説明を

入るとすぐにLA MARZOCCOLinea Classicがカウンターで出迎える。キャッシュオンデリバリーのスタイルを取り、その脇でオーダー。

客席は1Fのカウンター裏のテラス席、建物内は白い壁面の地下と2Fにそれぞれ10席弱ほどといった配置。今回は2Fが空いていたのでそちらをチョイス、ただし2Fは一旦外に出て別の入口から狭い階段を上に上がる。

大きな窓からは夜のライオン橋と中之島を一望できる中で、ラテを。豆は名古屋のcoffee kajita(=LCF系)らしい。

続きを読む "【大阪カフェラリーシリーズ2013:その2】MOTO COFFEE(モトコーヒー) / 北浜" »

2012年3月19日 (月)

【大阪カフェラリーシリーズ season2012:その5】 mill pour(ミルポア) / 心斎橋


# 元ネタは京阪神コーヒーの本より…

時間調整を兼ねて近くで気になったエスプレッソスタンドをちょいと引っ掛けていくことに。

先のお店からさらに北上、長堀通を越えて船場に突入、戎橋筋の1本東の通り沿いのビルに小さく入る…

Img_1209_2
millpour(ミルポア)。

Img_1210_2
お店はカウンターと窓際に少々のスタンド程度。座るなら道路側の腰掛けに。

そして鎮座するマシンはLA MARZOCCOLINEAシリーズ。

こちらで頂くは…、hotdogなんかもあったが…、お昼はこのあとに全力をかけてた(ぉぃ)ので、
Img_1211_2
勿論ラテを。(ちょっとオーニングの影響で赤っぽいですが)

続きを読む "【大阪カフェラリーシリーズ season2012:その5】 mill pour(ミルポア) / 心斎橋" »

2010年7月25日 (日)

大阪カフェ夏の陣その2、maho-net cafe(マホネットカフェ)@心斎橋

 先のお店から移動して心斎橋。元はこのネタから波(Wi-Fi)の疑いがあり、と読んで来たお店、maho-net cafe。

Img_1465_2
御堂筋から少し西に入った大阪のカフェ激戦区の一角にあるお店。

Img_1467_2
白と黒のモノトーンですっきりまとまった店内、階段脇のカウンター席にネット端末が少々、といった構成か。

Img_1466_2
右手の壁面の席の足元にはコンセントがずらり。

Img_1470_2
今日はアイスロイヤルティーを。

お店データ

maho-net cafe(マホネットカフェ)

大きな地図で見る

所在地:大阪府大阪市中央区南船場4-8-5
営業時間:11:30~22:00
定休日:不定(隔週木?)
電話番号:06-4963-3344
http://ameblo.jp/maho-netcafe/

このお店、実は前にCafe Continueが入っていたテナントで、

Img_1469_2しかもフレッツ・スポットエリアだったらしく(というかNTT西日本のフレッツ・スポットエリア検索では生きている状態(!))その残骸(NWA54)がこのとおり梁に固定された状態で放置されている。

しかも不幸なことにmaho-net cafeには引き継がれず、「波(Wi-Fi すなわち無線LAN)のない」お店として存在している。電源もネット端末もありながら波なしなんて・・・今時、ねぇ・・・、と思う私。
# まぁ、再びフレッツ・スポットのエリアになっても恩恵を受ける人はそんなに居ないと思うのだが、特に林檎ユーザについては。

「ネットができるカフェ」としての売りはそれでいいのだが、運営の経験が無いというコメントから見て取れるように、今の流れは「備え付けの端末より自分の端末(それこそ手持ち端末がiPhoneやiPadな林檎ユーザは必死で無線LANを使えるお店を探している状態なのに・・・)」というが読めていないような気がかなりする。

しかもお店の基本的情報が非常に取りづらい(blogにしても、特に定休日はいつなのか?)のは「本当に来店してもらいたい気があるのか?」という疑念がつくづく。
(後述:blogで掲載されるようになりました。)

# 個人的に、基本的に出来ていない部分(閾値以下)があると徹底的に指摘したくなる質なので・・・。

その点さえ除けば比較的まとまったお店だと思う、今後に期待。

その他のカテゴリー

cafe・千代田区 cafe・港区(東京都) cafe・中央区 cafe・新宿区 cafe・渋谷区 cafe・品川区 cafe・大田区 cafe・目黒区 cafe・世田谷区 cafe・中野区 cafe・杉並区 cafe・練馬区 cafe・豊島区 cafe・板橋区 cafe・文京区 cafe・北区(東京都) cafe・台東区 cafe・荒川区 cafe・江東区 cafe・墨田区 cafe・足立区 cafe・葛飾区 cafe・江戸川区 cafe・武蔵野市 cafe・三鷹市 cafe・小金井市 cafe・国分寺市 cafe・国立市 cafe・立川市 cafe・調布市 cafe・狛江市 cafe・府中市 cafe・稲城市 cafe・多摩市 cafe・西東京市 cafe・東久留米市 cafe・清瀬市 cafe・東村山市 cafe・小平市 cafe・日野市 cafe・八王子市 cafe・青梅市 cafe・羽村市 cafe・福生市 cafe・町田市 cafe・宮城県 cafe・山形県 cafe・福島県 cafe・茨城県 cafe・栃木県 cafe・群馬県 cafe・埼玉県 cafe・千葉県 cafe・横浜市(中心部) cafe・横浜市(北部) cafe・横浜市(西部) cafe・川崎市(南部) cafe・川崎市(北部) cafe・川崎市(中部) cafe・神奈川県(県央部) cafe・神奈川県(湘南地区) cafe・神奈川県(西部) cafe・神奈川県(鎌倉市) cafe・神奈川県(三浦半島地区) cafe・山梨県 cafe・長野県 cafe・静岡県 cafe・岐阜県 cafe・名古屋市 cafe・三重県 cafe・滋賀県 cafe・京都市 cafe・京都府下 cafe・大阪市(北区) cafe・大阪市(中央区) cafe・大阪市(西区) cafe・大阪市(天王寺区) cafe・大阪市(その他) cafe・大阪市外 cafe・神戸市 cafe・兵庫県(阪神間) cafe・兵庫県(明石市以西) cafe・奈良県(北部) cafe・奈良県(中部) cafe・和歌山県 cafe・岡山県 cafe・香川県 cafe・その他 cafe・福岡市内 「元」cafe化 閉店済cafe グルメ・クッキング

カテゴリー

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30