無料ブログはココログ

Google +1

にほんブログ村

Instagram

にほんブログ村(記事一覧)

cafe・川崎市(中部)

2019年8月30日 (金)

COYAMA(コヤマ) / 向河原・武蔵小杉

 

元ネタはinstagram方面から。向河原と武蔵小杉の間にブックカフェができたということでちょいと様子見に。

場所は南武線が川崎に向かって大きく曲がるあたりの住宅地の中にある路地の角地に、元工場っぽい木造の白い壁面のお店がちょこんと佇む…

 

Img_4023_2

今回はこちら、COYAMA(コヤマ)、武蔵小杉だけどコヤマ(間違っても武蔵小山ではない)。築約50年の印刷工場跡に2019年5月1日にopenした書店×ギャラリー×カフェである。

 

Img_4025_2

入ると中央に大テーブルがあり、ピックアップ的書籍が並べられる。客席は入口右手すぐのローテーブル席2席と左手窓際のカウンター席が6席ほど。一番奥にレジを兼ねたカウンターといった構成。

 

Img_4027_2

そして右手中程から奥にかけて本棚があり、主にデザイン書が中心のラインナップ。ローテーブル席との間の扉向こうはギャラリースペースとなっている。

この日は5月後半の土曜の14時頃、お客さんは他に3組ほど、今回は様子見で…

Img_4028_2

ジンジャーエールと純米吟醸日本酒味のアイスクリームと。

続きを読む "COYAMA(コヤマ) / 向河原・武蔵小杉" »

2019年8月 1日 (木)

カフェテラス ミック / 鹿島田

元ネタは純喫茶系ならNさんやKさんよりも渋めの通好みなこの方のページから。川崎の鹿島田の方に設えの良い喫茶店があるとのこと。川崎というと南に行くほどベタ感強めのイメージが強くなるが、これは、ということで武蔵小杉からバスでアプローチ。

場所は鹿島田駅東側のかしまだ駅前通り商店街を東へ進み、府中街道を越えたちょっと先の公園向かいにある…

Img_4034_2

今回はこちら、カフェテラス ミック(mic)。

 

Img_4036_2

入ると左右に長いハコ、テーブル席が全体で24,5席程度か。正面突き当りにカウンターがあり、ワインレッドの椅子に純喫茶感あふれるインテリア。年数は経過していながらもそれなりに手入れがされている感がひしひしと伝わる。また、窓周りの取り回しも良く、向かいは児童公園ということで町中にありながらも広々とした風景。

Img_4042_2

そして一番西端の席は壁面を囲むようにベンチシートシートが。こちらもなかなか薄暗く落ち着いた空間。

この日は5月の土曜の15時過ぎ、お客さんは他にご近所さんが1人のみ。今回は様子見で…

Img_4037_2

アイスコーヒーを。豆はKEY汎用かな。

続きを読む "カフェテラス ミック / 鹿島田" »

2019年7月11日 (木)

喫茶まりも / 新丸子

 

 

 先のお店から、新丸子の課題店2つ目はこちらへ。

 場所は駅から商店街を東へまっすぐ進んだ途中の角地にある…

Img_3147_2

喫茶まりも、新丸子では老舗かつ数々の撮影にも使われた有名喫茶店である。10年近く全席禁煙だが、入口脇の交差点角側はタバコ屋としても機能している。

サンプルの並ぶ脇の入口を入るとすぐ左手にタバコ屋を兼ねたレジカウンターがあり、客席は主に右手に。

Img_3154_2

客席は赤い革張りのBOX席がズラーッと50席ほどはあろうか、昭和感あふれる大箱の構成。

Img_3152_2

中程水槽がある仕切りを挟んで奥にも客席があり、そちらは昼間(ランチ時)のみの開放。キッチンは北西側に寄せられている。

この日は土曜の17時頃、お客さんは制限エリアを除くと8割程度の入り、全席禁煙ということもあり、ご近所マダムさんの憩いの場の中に時々おひとりさま喫茶店女子が点在する様子。今回は時間もなかったことから、様子見ということで…

 

Img_3150_2

クリームソーダを。伝票の裏書きがいかにも喫茶店。

 

続きを読む "喫茶まりも / 新丸子" »

2018年7月11日 (水)

シモト珈琲 / 宮崎台・梶が谷


# 年始の話です

 この日は正月休み中に開いているお店をということで田園都市線沿線へ。以前から東小金井のコーヒーフェスティバルに出店されておられ気になったお店へ。

場所は宮崎台と梶が谷の間、S商店の更に西の生田緑地に向かう道路沿いに長ーい煙突のあるアパートの1Fにある自家焙煎珈琲店…

Img_7928_2
今回はこちら、シモト珈琲

Img_7929_2
入ると右手すぐに観葉植物の奥に焙煎機が鎮座。客席は左手にテーブル席が6席ほど、正面突き当りにキッチン前のカウンター席が4席といったシンプルな構成。客席が焙煎室一体となっているが、ハコに比して小奇麗にまとめられた様子。そして右手の棚にはガラス瓶に入った豆が。

この日は年始の14時頃、お客さんは後からパラパラと後から。冬の光がちょうど良い加減で差し込んでくる。今回は様子見で…

Img_7930_2
グァテマラ。しっかり目ながらもwashedらしい切れ方、普段使いに良さそう。ドリップはHARIO V60+ペーパー。

続きを読む "シモト珈琲 / 宮崎台・梶が谷" »

2018年3月 4日 (日)

おやつ研究所 / 武蔵小杉


# 2018年2月のとある土曜の話

この日は南武線沿線攻略。元ネタはこの方からの頂きネタ、タワーマンションラッシュでメジャーチェーン系カフェが蔓延る武蔵小杉にあって、独立系のsweets系カフェがあるということでそちらに。

Img_8957_2
場所は駅西口からサライ通り商店街を西に突き進み、商店街が終わってもさらに西に進んだ、通り側に植え込みのあるマンションに入る…

Img_8958_2
今回はこちら、おやつ研究所、タルトとケーキのお店である。

Img_8960_2
北側から入ると、奥に長く板張りの床に白い壁面。各テーブルに花が飾られた客席が12席ほど(うち東側窓側2席カウンター席)。

Img_8961_2
一番奥にカウンターとレジがあり、脇にはガラスケース内に入ったタルトケーキ類が並べられる。そして更に奥は工房といった構成。

この日は土曜の16時頃、お客さんは常連さんが何人か入れ替わり立ち替わりtakeoutで訪れる様子。今回はお茶使いで…

Img_8964_2
コーヒーとベイクドレアチーズケーキを。豆は京都のunir(未訪)さんからお店のオリジナルブレンドで。このレアチーズのバランスが絶妙で気どらす素直に旨い…。

続きを読む "おやつ研究所 / 武蔵小杉" »

2016年12月19日 (月)

シラハト商店 / 梶が谷・宮崎台


Img_7665_2
この日は目黒線で若干寄り道しつつ、田園都市線界隈へ。まずは川崎側の梶が谷に新店がということなのでそちらへ。

場所はだいたい梶が谷と宮崎台の間、歩くと12,3分ほど、厚木街道の梶が谷交差から西に少し入った白いアパートの1Fに入る…

Img_7661_2
今回はこちら、シラハト商店、2016年6月にopenした自家焙煎も行うカフェである。

Img_7663_2
入るとすぐにガラス瓶に入ったコーヒー豆が数種類並ぶ棚がお出迎え。右手壁面に沿ってキッチンがあり、一番窓側にフジローヤルの焙煎機が鎮座する。

客席は正面から左手にかけて24席ほどのテーブル席で構成され、白い壁面でシンプルな一方、所々にドライフラワー等が飾られるあっさりとしたハコ。

この日は土曜の15時前、ランチ時も終わりノーゲストのマターリとした午後、今回はお茶使いで…

Img_7668_2
ブラジルと黒糖チーズケーキと。ドリップはKONO、予想以上のビター系。一方チーズケーキはラムレーズンのアクセントがはっきりと解る。

続きを読む "シラハト商店 / 梶が谷・宮崎台" »

2014年5月19日 (月)

Chai Cafe(チャイカフェ) / 元住吉


Img_8184_2
# いやぁ、車両基地ってワクワクするよね…

とそれはさておき、先のお店からブレーメン商店街から反対側にそれたエスプレッソ系のカフェ(M珈琲)に寄った後、東横線を渡って(というかくぐって)駅とは反対側へ。

今回の本題のお店の元ネタは名古屋と東京を往復する有名カフェブロガーさんからの頂きネタ。元住吉にどうやらチャイ系のカフェが開店するとのこと。色々とググって見るとどうやら大岡山の古本カフェ(既訪)のお知り合いらしい(元ネタ)、ということでそちらに。

場所は駅の東側、オズ通り商店街を通って南に抜けて綱島街道を越え、さらに南に下ること4,5分ほど。アパートなどの住宅街の中に商店が点在するエリアに、真新しい橙色のオーニングが掛けてあるお店がある。

Img_8187_2
Chai Cafe(チャイカフェ)、2014年4月28日にopenしたお店である。どうやら元は信用金庫のATMコーナーだったハコ。

Img_8189_2
古民家というか古商店系のハコはちょっと暗めに年季の入った古家具を中心に纏められたカウンター席と合わせて10席ほどのこじんまりとしたハコ。その中にちょこちょこと小さな古道具と一輪挿しといったインテリア。

この日はお知り合いがお祝いに駆けつけて居られた様子、一方お店の方も家族総出で対応。

さて、オーダーするは勿論店名どおりに…

Img_8191_2
チャイラテを。特に辛過ぎもせずバランスのとれたテイスト。


続きを読む "Chai Cafe(チャイカフェ) / 元住吉" »

2014年5月18日 (日)

もとえ珈琲 / 元住吉


この日は元住吉界隈へ。今回本ネタの新店に行く前に、かなり武蔵小杉寄りにLCF系列の自家焙煎珈琲店があったな、ということでまずはそちらへ。

場所はブレーメン商店街を入って程なく、途中法政第二中高方面へまっすぐ続く道を北へ上ること5,6分ほど、信号のある交差点の南西角に藍色の暖簾が掛かっているお店がある。

Img_8176_2
今回はこちら、もとえ珈琲

Img_8172_2
お店を入ると右手にシンプルであっさり目の家具で構成されたテーブル席が14席ほど。左手の棚にはバランス良く小物と共にコーヒー器具が並べられ、正面中央にコーヒー豆がケース内に並ぶ。中程から奥がほぼオープンな焙煎フロアとなっており、通販量が多い分、右手奥に荷造り用等々の作業スペースといった構成。

さて、この日は休日の昼下がりだが、すでにお客さんは何組かおられる状況。今回は様子見で…

Img_8173_2
(たしか)もとえブレンドを。ドリップはLCF系定番のKONOでクリアなテイスト。

続きを読む "もとえ珈琲 / 元住吉" »

2014年3月16日 (日)

Cafe Patiste(カフェ パティスト) / 向河原


元ネタはカフェ大御所の求人情報から。武蔵小杉、と言ってもどう見ても向河原です、本当に(略 な所に新店がopenすると聞いたのは昨年の晩秋。南武線沿線には似つかわしくないオサレなお店ということで機会を伺って行ってみることに。

場所は南武線の武蔵小杉の1つ南隣の向河原(武蔵小杉だと横須賀線の南端、新南改札が最寄り)、NECの工場(要するに武蔵小杉側)と反対側の出口を出て多摩川方面に歩くこと程なく、ファミマの東隣のマンションの2Fに入るお店…

Img_7421_2
今回はこちら、Cafe Patiste(カフェ パティスト)。入口はマンションの奥にある駐車場の通路途中左手に入口があり、入るとすぐに2Fへの階段がある。

階段を上がると…

Img_7430_2
入るといきなりオープンキッチンの端(入ってすぐ右手手前)にSIMONELLIAppia系が。脇にはアーミー柄の豆袋、ということはSTREAMER COFFEE…?と思いきや聞いてみると、これは練習用で、サーブしているのは別のモノとのこと(後に判ったことだが、どうやら高円寺のCoffee amp.(既訪)ということでほぼ確定の模様(ソース元))。

キッチン脇の通路を奥(道路側)に進むと…

Img_7422_2
コンクリ打ちっぱなしのハコの壁面に木板を貼り、その上にガラス板合わせて清潔感を上げ、家具も同色で纏めたシンプルな構成。席数はカウンター席を含めてだいたい26席ほど。キッチンもほぼオープンとなりそちらもシンプルに纏まっている。

そして…

Img_7424_2
東側のベンチシートの足元には2口コンセントが4つあり、自由に使用可能。

この日は平日の夜の比較的早い時間帯だったことから人もまばら。とりあえず様子見の晩ごはん使いで、新玉葱のムーススープが出た後に、

Img_7427_2
パティスト特製カレーを、意外とスパイシーで甘辛系。

ドリンクは勿論…

Img_7428_2
ラテを、確かにストリーマー系と異なるテイスト。

続きを読む "Cafe Patiste(カフェ パティスト) / 向河原" »

2012年9月23日 (日)

珈琲 甍 / 二子新地


Img_1430_2
元ネタは先にA面blogで触れた二子新地のカフェを調べている際に見つけたお店。二子新地にはまだもう1つお店があるようで、しかも蔵モノというハコ。ほほぅ、これは面白そうだ、ということで今回。

最寄り駅は二子新地、商店街の南端から少し行った辺りのようだが、高津からでも距離的には似たようなもの。ただし高津からだと間違いなく迷いそうな路地という路地をぐぐーる先生の案内で進むこと5,6分ほど行くと、住宅街から少し開けたあたりに突然新しめの蔵のハコが姿を現す。

Img_1420_2
今回はこちら、珈琲 甍。元は宮城の岩沼にあった蔵を1996年に移築して開店したお店である。

Img_1429_2
お店を入ると2Fを取り払った蔵らしく高い天井に元の梁などを色濃く残しつつ、明かり取りと梁の間の白い壁のお陰で思った以上に明るめの店内。右手がテーブル席、左手にカウンター席でだいたい20席弱といったところ。この日はテーブル席はご近所さんと思しき方々で満席、カウンター席もほぼ満席といった所で辛うじて空いていた席に滑りこむ。

カウンター席には小さな仏像が所々にあり、インテリアとしての鋳物系の古道具が要所要所に鎮座している。そしてカウンター後ろ右手にはオーナーの趣味である瓦のコレクションがズラーッと壁面に。後ろの中央の重厚な扉の先を開けると、カップとソーサが現れる。

さて、今回は時間もあまりなかったので…
Img_1425_2
アイスコーヒーを。



お店データ

珈琲 甍


大きな地図で見る

所在地:神奈川県川崎市高津区諏訪1-14-15
営業時間:10:30~20:00
定休日:月
電話番号:044-812-1165
http://www2.ocn.ne.jp/~iraka07/
# ちなみに全席禁煙(あと、たしか子連れNG)

Img_1426_2
コーヒーはホットはネルで淹れるスタイルであり、メニュー的にも喫茶店シフト的なラインナップといったところ。お客の年齢層も比較的高めで比較的喫茶店やカフェの少ないエリアのご近所の憩いの場として根付いているよう。

既に東急線沿線系雑誌には登場しているようだが、散歩の達人系なお店が好みな方には結構ストライクゾーンに来そう。田園都市線界隈のお店としては穴場的1店である。

# どうもお店独自の波(Wi-Fi)があるっぽいのだが…、誰か追試キボンぬ(^-^;

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

cafe・千代田区 cafe・港区(東京都) cafe・中央区 cafe・新宿区 cafe・渋谷区 cafe・品川区 cafe・大田区 cafe・目黒区 cafe・世田谷区 cafe・中野区 cafe・杉並区 cafe・練馬区 cafe・豊島区 cafe・板橋区 cafe・文京区 cafe・北区(東京都) cafe・台東区 cafe・荒川区 cafe・江東区 cafe・墨田区 cafe・足立区 cafe・葛飾区 cafe・江戸川区 cafe・武蔵野市 cafe・三鷹市 cafe・小金井市 cafe・国分寺市 cafe・国立市 cafe・立川市 cafe・調布市 cafe・狛江市 cafe・府中市 cafe・稲城市 cafe・多摩市 cafe・西東京市 cafe・東久留米市 cafe・清瀬市 cafe・東村山市 cafe・小平市 cafe・日野市 cafe・八王子市 cafe・青梅市 cafe・羽村市 cafe・福生市 cafe・町田市 cafe・宮城県 cafe・山形県 cafe・福島県 cafe・茨城県 cafe・栃木県 cafe・群馬県 cafe・埼玉県 cafe・千葉県 cafe・横浜市(中心部) cafe・横浜市(北部) cafe・横浜市(西部) cafe・川崎市(南部) cafe・川崎市(北部) cafe・川崎市(中部) cafe・神奈川県(県央部) cafe・神奈川県(湘南地区) cafe・神奈川県(西部) cafe・神奈川県(鎌倉市) cafe・神奈川県(三浦半島地区) cafe・山梨県 cafe・長野県 cafe・静岡県 cafe・富山県 cafe・石川県 cafe・岐阜県 cafe・名古屋市 cafe・三重県 cafe・滋賀県 cafe・京都市 cafe・京都府下 cafe・大阪市(北区) cafe・大阪市(中央区) cafe・大阪市(西区) cafe・大阪市(天王寺区) cafe・大阪市(その他) cafe・大阪市外 cafe・神戸市 cafe・兵庫県(阪神間) cafe・兵庫県(明石市以西) cafe・奈良県(北部) cafe・奈良県(中部) cafe・和歌山県 cafe・岡山県 cafe・香川県 cafe・その他 cafe・福岡市内 「元」cafe化 閉店済cafe グルメ・クッキング 鉄カフェ

カテゴリー

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30