無料ブログはココログ

Google +1

にほんブログ村

Instagram

にほんブログ村(記事一覧)

« 【河口湖カフェラリーシリーズ2018:その3】Cafe troisieme marche(カフェ トロワズィエム マルシェ) / 河口湖 | トップページ | 2018年総括 »

2018年12月31日 (月)

2018年下半期総括

今年もこの時期がやってまいりました、後半編を。

・波カフェ部門(81店(うち移転後1))
1 Cafe Blanc.~oyatsu no jikan~(郡山(福島) 記事)
  郡山のスイーツカフェならここ、と言わしめる定番人気カフェ。意外にも波あり。

2 Thousand Coffee(西新宿五丁目 記事)
  プリンで大ブレイクした沖縄から来られた西新宿の新星。その他baked sweetsも侮れない強さとレアモノコーヒーもオススメ。

3 Roof Okurayama(大倉山 記事)
  大倉山の丘の上の一軒家カフェ。セカンドライフ感がありながらも週末の普段遣いにしっくりくる1店。

4 讃喫茶室 尾山台(尾山台 記事)
  宝塚逆瀬川から来た自家焙煎珈琲店。夜も比較的遅いこともあり使い勝手もよく纏まった1店。

5 cafe&shop kaguya(日本大通り 記事)
  Charan Paulin跡のこじんまりとした洋館カフェ。以前よりは普段遣いへの軸足が大きく、目立たないが山下公園エリアの穴場。あの廃線跡を見渡す借景は変わらず。

次点:Fabian coffee(駒沢大学)、FEBRUARY CAFE(浅草 移転後)

後半はいつも5つの選定に悩む非波カフェを。

・ふつーのカフェ部門(109店(うち移転後再訪4))

1 TABiLiON coffee & books(河口湖 記事)
 伊豆仁田の有名店のスジを引く河口湖南岸の随一の良店。観光地カフェ化していないのもまた「○」。

2 かぴばらこーひー(中国勝山 記事)
  中国勝山の歴史を随所に残すハコにのんびりと手回しコーヒーを。絵になる旭川の借景もまた良し。

3 THE INY COFFEE(二上神社口 記事)
  二上山麓の洗練されたオサレ系コーヒースタンド、奈良じゃこんなお店あり得なかった革命児的1店。

4 Folklore(西大寺町 記事)
  岡電を見下ろしながら頂くsweetsやアルコール類は絵になる1店。やはり夜の2人使いが理想か。

5 珈琲屋うず(下北沢 記事)
  2018年ネルドリップの新規店を代表する1店、恵比寿時代とはうって変わって郊外も落ち着いた店内に。


次点: 喫茶半月(蔵前)、
小川売店(茅ヶ崎)
アヒルのうたたね(一橋学園)
Omotenashamoji(西早稲田)
喫茶室 日々の泡(仙川 記事)
Cafe troisieme marche(河口湖)
String Stand eito(竹ノ塚)
GRANARYS COFFEE STAND(北千住)

---
ほんと、今年はタピオカミルクティー店の乱立が酷いですねぇ。あれはブームを通り越して「バブル」状態ですよ。

# いくら出店コストが安いとはいえ、使い捨て感がありありで、最近のVisual系コーヒースタンドにも言えることなのですが…

« 【河口湖カフェラリーシリーズ2018:その3】Cafe troisieme marche(カフェ トロワズィエム マルシェ) / 河口湖 | トップページ | 2018年総括 »

cafe・その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551058/67529434

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年下半期総括:

« 【河口湖カフェラリーシリーズ2018:その3】Cafe troisieme marche(カフェ トロワズィエム マルシェ) / 河口湖 | トップページ | 2018年総括 »

カテゴリー

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31