無料ブログはココログ

Google +1

にほんブログ村

Instagram

にほんブログ村(記事一覧)

« 2017年4月 | トップページ

2017年5月

2017年5月22日 (月)

ひぐらしベーカリー / 日暮里・西日暮里・三河島


駒込のシュークリーム屋のイートインスペース、みたいな所から日暮里へ移動。カフェが割と不毛の地、日暮里の外側にベーカリーカフェが出来たということでそちらに。

最寄り駅は三河島っぽく見えるが、出口は真逆なので日暮里、西日暮里、三河島の丁度3駅の出口からほぼ中間地点、いなげやの隣にある真新しいほぼ平屋の建物、

Img_9547_2
ひぐらしガーデン、その南側に入るのが…

Img_9548_2
ひぐらしベーカリー。北側はパン屋の本屋という本屋さんである。ベーカリーの入口は南側、手前のウッドデッキを上がって店内へ。

Img_9549_2
入ると左手にベーカリーのコーナーがあり、奥にレジと工房、その奥に2F客席への階段があり、2Fはどうやらソファー席メインの構成になっている模様。

そして1Fの客席は入った右手に20席ほどと、中庭に面したテラス席が7,8席ほどといった構成。右手南側にテーブル席を見渡せるオープンキッチンといったちょっと変則的配置になっている。キッチンの中にあるエスプレッソマシンはSIMONELLIAULERIA2、と結構気合が。

この日は日曜の15時過ぎ、雨上がりで微妙に寒かったこともあり、お客さんはご近所使いの集団客で店内9割、テラスは皆無といった状態。かろうじて空いた席に座らせてもらって…

Img_9554_2
桜あんぱんとカフェラテを。なんか頑張ったのかよくわからないラテアート、みたいなものが。

続きを読む "ひぐらしベーカリー / 日暮里・西日暮里・三河島" »

2017年5月18日 (木)

【電車の見えるカフェ】桜キッチンカフェ&CELI SWEETS(セリスイーツ) / 駒込


Img_9537_2
元ネタは多分飲食系プレスリリースあたりから。駒込の山手線掘割区間沿いにスイーツカフェなるものが出来たのとのこと。あそこならFe分が十分見込めるのでちょいと行ってみることに。

場所は駒込駅から山手線沿いに巣鴨方面へ程なく、デリカフェC(既訪)の少し先の鋭角地に細長く立つ真新しい一軒家のお店が。

Img_9538_2
今回はこちら、桜キッチンカフェ&CELI SWEETS(セリスイーツ)、2017年4月にopenしたお店である。

1Fは南側と西側に出入口があり、基本的にシュークリームとフィナンシェのtakeoutが主体となる。南側から入るとすぐ右手にカウンターが有り、その奥にキッチンが。

2Fから上はイートインスペース的な扱いになっており、

Img_9545_2
2Fはカウンター席が4席、テーブル席が10席少々、南東端の窓際にはキッズスペースも設けられる。

そして睨んだとおり…

Img_9541_2
このように山手線と湘南新宿ラインが掘割区間を駆け抜けるFe分高いview。

Img_9540_2
階段でさらに屋上に上がれるようになっており、テラス席が設けられている。

この日は土曜の14時頃、お客さんはtakeoutで3,4人待ち、2Fのイートインスペースがひっきりなしに入れ替わる状況。辛うじてカウンター席を確保して、とお茶使いで頂こうとしたものの、シュークリームは速攻売り切れるらしく、その他のお茶請けが無いので…

Img_9543_2
フィナンシェ「200g」とコーヒーと。お茶使いならこんなに要らないんだけど…(´・ω・`)

続きを読む "【電車の見えるカフェ】桜キッチンカフェ&CELI SWEETS(セリスイーツ) / 駒込" »

2017年5月17日 (水)

ぼうず'n coffee (ボウズンコーヒー) / 要町


元ネタはinstagramでお世話になっているこの方からの頂きネタ。要町のお寺に不定期ながらカフェが営業しているとのこと。最近代官山の某カフェのようなハズレものが多い中で、写真をみてもこれはという感がしたので早速。

場所は有楽町線・副都心線の要町。そこから池袋へ少し戻ったところにある大きなお寺、祥雲寺。山門の隣の入口に赤い看板が出ていれば営業の印。

Img_0539_2
今回はこちら、ぼうず'n coffee (ボウズンコーヒー)、お寺の副住職が元バリスタさんらしく、仏事の合間に営業されているカフェである。

Img_0540_2
入口は右手の客殿から、靴を脱いで奥の別邸へ。この他に正面の本殿上のテラス席もあるらしい。

Img_0542_2
室内の客席は別邸の書院に展開されており、12席×6のテーブル席が配することができる大広間。キッチンが客殿内にあるため離れになる分、お代は注文の品が運ばれた時に支払うシステム。

そして書院の東側には…

Img_0541_2
このようにお寺の庭園を一望できる風景。

この日はたまたま日曜が営業日に当たった4月下旬の日曜日、今回はお茶使いで…

Img_0544_2
カフェラテとどら焼きと。想像のはるか上を行くクオリティ。

続きを読む "ぼうず'n coffee (ボウズンコーヒー) / 要町" »

2017年5月12日 (金)

UNISON TAILOR KICHIJOJI(ユニゾンテイラー 吉祥寺) / 吉祥寺


この日は吉祥寺を、リニューアルオープンしたコピス吉祥寺にコーヒースタンドが出来たということで早速。

場所はコピス吉祥寺のA館側、1F通路上に当たる2F吹き抜け部分の南側に出来たのが…

Img_9451_2
UNISON TAILOR KICHIJOJI(ユニゾンテイラー 吉祥寺)、このブランドでは1号店となるコーヒーとクラフトビールのスタンドである。

Img_9441_2
カウンターにはLA MARZOCCOのLINEA PBが鎮座し、その前に主に取り扱うglitch(既訪、波カフェ)、SINGLE O ROASTERSとRITUALの豆袋がディスプレイされる。中程にビアサーバーコックがあり、キャッシュオンスタイルを取る。

Img_9449_2
客席は吹き抜けガラス周りに主にベンチやカウンター系の様々なスタイルの席があり、全体で2,30席ほどになるか。うち南東側の集合カウンター席の南側はHMVが隣接することもあり、この様にターンテーブルが4台ほど置かれ音楽を試聴しながら、ということも可能。

Img_9447_2
また、先の席の反対側には1口コンセント付きのカウンター席(4席)となっている。

この日は開店日の19時過ぎ、お客さんは開店祝いで駆けつけたバリスタ仲間やギョーカイの方々多数でカウンター周りでウェイウェイ。今回は様子見で…

Img_9446_2
カフェラテを。エスプレッソの場合、豆は基本的にglitchさんのモノを使用。

続きを読む "UNISON TAILOR KICHIJOJI(ユニゾンテイラー 吉祥寺) / 吉祥寺" »

2017年5月10日 (水)

【三浦半島大縦断シリーズ2017:その8】サクラヤマパーラー / 新逗子


# 2017年4月以降、撮影が大幅に制限されています…

さて、今回の縦断シリーズの最後にして大トリのお店を。かねてからsweetsに定評のある逗子のお店として話には聞いていたのだが、営業時間帯が比較的タイトなため、このためにもう一度逗子に戻ってきた次第。そのお店とは、渚橋交差の少し東の住宅地に入ったところにある…

Img_9338_2
サクラヤマパーラー

# 以下手元のみ撮影可ということで許可をもらって撮影、店内説明は手短に。

入るとすぐ左手にカウンターがあり、右手にテーブル席が6席、その奥に一段上がって小上がり的にギャラリー的なスペースとなっている。

この日は3月の金曜の16時過ぎ、お客さんはご近所の常連さんが2人ほど。今回は…

Img_9342_2
ビジュアルに負けていちごのタルトを。

続きを読む "【三浦半島大縦断シリーズ2017:その8】サクラヤマパーラー / 新逗子" »

2017年5月 6日 (土)

【三浦半島大縦断シリーズ2017:その7】Beach Muffin(ビーチマフィン) / 新逗子


さて、津久井浜から再び北上、金沢八景で折り返して再び新逗子に。というのもどうしても押さえておきたかったお店が今回の後にあったので。

まずはその前に、新逗子駅からなぎさ橋へ向かう川沿いの道、その当該お店のちょっと手前、隣がドミノ・ピザな所にある…

Img_9331_2
Beach Muffin(ビーチマフィン)、かつて3.11直後までcafe coya(既訪)があった跡のヴィーガン系カフェである。

入口入るとすぐにマフィン等のtakeoutカウンターがあり、coya時代と同じく古民家、というか古商店のハコの佇まい。客席は右手のフロアから奥にかけてあるのだが、この日は手前側の土間で教室が開かれていたようでそそくさと奥に。

Img_9332_2
デッキを上がった2フロアの板間は以前と変わらず、その中にソファー席などが10数席、観葉植物多めでユルめの時間が流れる。

この日は平日の16時頃、お客さんはご近所の常連さん等ビールを片手に飲みに来たりと。今回は様子見で…

Img_9334_2
ミントティーといちじくのマフィンを。

続きを読む "【三浦半島大縦断シリーズ2017:その7】Beach Muffin(ビーチマフィン) / 新逗子" »

2017年5月 5日 (金)

【三浦半島大縦断シリーズ2017:その6】Sprout(スプラウト) / 津久井浜


三崎口で昼を済ませた後、京急に乗って北上開始。途中津久井浜で途中下車して津久井浜沿いの国道脇にあるお店を。そのお店とは…

Img_9323_2
Sprout(スプラウト)、2017年1月にopenしたカフェである。。

Img_9325_2
アルミサッシ戸を開けて入ると、すぐ正面と右手にテーブル席が6席ほど、右手奥の別室の小上がり席にも8席ほどといった構成。

キッチンは突き当り右手にこじんまりとあり、woodyな内装に仕上げ、狭いながらも纏まった店内。

この日は金曜の15時過ぎ、しかも国道の北行は渋滞ということでお客さんはノーゲスト。ということで外が見える一番入口のカリモク60な席に座らせてもらうと…

Img_9324_2
入口の向こうには金田湾から房総半島が見渡せるマターリとした風景。今回はお茶使いで…

Img_9327_2
チーズケーキとコーヒーを、マンボ(深煎り)をチョイス。豆は意外にも県内でなく川越→入間市のTangoさん(既訪(川越時代))から。

続きを読む "【三浦半島大縦断シリーズ2017:その6】Sprout(スプラウト) / 津久井浜" »

2017年5月 3日 (水)

coffee fragile(コーヒー フラジャイル) / 新宿三丁目


# 今回は小ネタ

Img_9214_2
千駄ヶ谷のソフトクリーム店から最後に新宿三丁目に移動。というのも新宿五丁目交差近くに落ち着いたコーヒー店があるということを聞きつけて。

場所は新宿五丁目交差近くのスタバの南隣のビル、その地下のテナントの1つに入る…

Img_9215_2
今回はこちら、coffee fragile(コーヒー フラジャイル)、夜はBARとして営業するお店の昼の時間帯に開かれておられるお店である。

Img_9218_2
入るとモノトーンに近い落ち着いたハコ店内、右手から奥にかけてテーブル席が12席ほど、左手にバーカウンターがあり6席ほど。カウンター後方壁面にはBGM用の数々のLP盤やCDがズラリと並び、カウンター上にはシンプルにハリオのV60ドリッパーが2,3個ある程度。

この日は日曜の16時頃、お客さんはカウンター以外はほぼ満席といった状態。そんな中店主は手際よくドリップを進めていく。今回は様子見で…

Img_9222_2
インドネシアを。わりとあっさり目に淹れられてる様子、温度も高めかな…。

続きを読む "coffee fragile(コーヒー フラジャイル) / 新宿三丁目" »

2017年5月 2日 (火)

【三浦半島大縦断シリーズ2017:その5】ミサキドーナツ 三崎本店 / 三崎口(三崎港)


さて、次は葉山から一気に南下。R134を下ること…ってこの時期から逗子市内が渋滞でバスは10分少々遅れてきたりと。

Img_20170324_124041_2
途中武山の林交差点で乗り継いで、合計1時間半。三浦半島の南端、三崎港でカフェを…と訪問時期がまだ早すぎたせいか、観光客は居れども主だったカフェは軒並み土日しか営業していないという状態…onz

そんな中数少なくopenしているお店がこちら、

Img_9311_2
ミサキドーナツ三崎本店。逗子や鎌倉に幾つかお店を持つドーナツ店の本店である。

ぱっと見何かの商店のリノベ系の様子が伺え、手前にテラス席が8席ほど、入った右手にテーブル席が8席ほど。

Img_9312_2
入ると正面にレジがあり、カウンター上のガラスケースに入ったバリエーション豊富なドーナツの数々。お店自体はキャッシュオンスタイルを取り、レジ裏の奥が工房になっている模様。

そしてオーダーした物を受け取って、左手の階段から2Fへ…

Img_9313_2
元商店の居間を色濃く残す中にテーブル席が30席ほど。勿論古家具系で古民家的様相も加わることに。

この日は金曜の13時頃、お客さんは1,2組ほどとまばら。今回は平日のセットものがあったので…

Img_9314_2
ドーナツセットでコーヒーと合わせて。

# それにしても昼どこにするか困った…

続きを読む "【三浦半島大縦断シリーズ2017:その5】ミサキドーナツ 三崎本店 / 三崎口(三崎港)" »

2017年5月 1日 (月)

【三浦半島大縦断シリーズ2017:その4】ヒマダコーヒー / 葉山(森戸海岸)


先の森戸神社前のカフェを後にして、そろそろ時間になったので少し北に向かうことに。今回葉山のメインターゲットとしておいたお店を。

そのお店とは先のお店より3,4分ほど北側、スタバのちょっと南、葉山海岸通沿いの商店が立ち並ぶ中にある…

Img_9302_2
ヒマダコーヒー。入口上の電球が灯れば営業中、満を持して開店直後で入店。

Jtqs6067_2
(許可をもらって撮影)入ると築100年近くの古民家ながらスッキリと纏まった店内、2席×5組ほどの席ながら余裕のある空間配置。左手奥の一段上がった所にキッチンがあり、トイレ手前の右手側はちょっとしたギャラリーっぽいスペースで脇には書籍類が置かれる。所々にある古道具系インテリアを含め、空間使いは北鎌倉のM(既訪)と被るものが。

この日は平日の11時頃、今回はこの後の長期戦に備えてちょいと小腹を満たすことに

Img_9310_2
いつものコーヒーとピザトーストと。ドリップはネル。

続きを読む "【三浦半島大縦断シリーズ2017:その4】ヒマダコーヒー / 葉山(森戸海岸)" »

« 2017年4月 | トップページ

カテゴリー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31