無料ブログはココログ

Google +1

にほんブログ村

Instagram

にほんブログ村(記事一覧)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月25日 (土)

Cafeと道具 kokon(ココン) / 千駄木


さて、金町から今度は千駄木まで戻り、いくつか谷根千エリアにネタが転がっていたのでそのお店に向かう途中、なんとなくファザードだけで気になりとあるお店に入ることに。

場所は千駄木の団子坂下交差から東へ5,6分ほど、三崎坂を上がり、そろそろ谷中霊園という所にある雑貨店…

Img_8440_2
今回はこちら、Cafeと道具 kokon(ココン)、築60年近くの商店兼家屋をまるまるショップ&カフェ&ギャラリーとしたお店である。手前は主にうつわを中心とした暮らしの雑貨的なモノが並ぶショップ、中程右手にカフェへの入口が。

Img_8439_2
カフェは商店の居間の6畳間をそのまま客室にした構成になっており、手前で靴を脱いで上がる。脇の階段から上がる2Fはギャラリーに、ちゃぶ台が4つほどある座敷席はだいたい10席程度か。居間に隣接する左手奥がキッチンとなる。

Img_8438_2
居間に隣接する小さな縁側もテーブル席の客席が2席ほど。この日は土曜の17時近く、お客さんはそれでも3組ほどおられる。今回は様子見で…

Img_8433_2
ジンジャーティーを。

続きを読む "Cafeと道具 kokon(ココン) / 千駄木" »

2017年2月23日 (木)

たべもとの日用品WAO(ワオ) / 京成金町・金町


Img_8432_2
さて、先のお店から続いて、末広商店街を少し北に戻って今回の目的地へ。アパートが混在する商店街の中に黒いオーニングに大きなガラス張りの1軒のお店が…

Img_8425_2
今回はこちら、たべもとの日用品WAO(ワオ)、2015年8月にopenし、常磐線沿線のみならず、遠方からスイーツ女子を引きつけるお店である。

入ると左右に革細工や雑貨等の日々の暮らしに寄り添う日用品があり、その中で喫茶としての客席が左手に2席、カウンター前に2席、右手のカウンターに4席ほどといった構成。

正面突き当りに左手からレジ、右手に焼き菓子類が並ぶ。あれ、左手の棚上には新橋というか虎ノ門丘近くのBicycle Coffee Tokyo(既訪)のロゴが書かれた看板が。

この日は土曜の15時頃、お客さんは4組5人、勿論全員女性というのはいつものパターン(そんなわけで店内写真はほぼ皆無)。今回は…ってビジュアルに負けて

Img_8430_2
いちごのタルトを。

続きを読む "たべもとの日用品WAO(ワオ) / 京成金町・金町" »

エゾリス珈琲店 / 京成金町・金町


Img_8420_2
先の北千住のお店から、この日の本目的の金町へ。予約した時間には少々早いのでかねてから目を付けていた珈琲店を。元ネタは散歩の達人から。京成金町から南西側にひょろひょろっと伸びる末広商店街を進むこと5,6分ほど、小学校の向かいに住宅を兼ねる喫茶店が。

Img_8424_2
今回はこちら、エゾリス珈琲店、2016年7月にopenしたお店である。

Img_8423_2
入るとすぐ右手にソファー席が4席、左手から奥にかけてテーブル席が8席ほど、右手奥にキッチンといったシンプルかつスッキリとした店内…と思いきやあちこちの小物にリスが。キッチンの天井仕切りが黒板になっており、メニューはそちらに書かれている。

この日は土曜の14時半頃、お客さんは2,3組でこれぐらいの写真が限界。今回は様子見で…

Img_8421_2
マンデリンを、ドリップはKONOペーパー。他にKEYクリスタルペーパーがある模様。

続きを読む "エゾリス珈琲店 / 京成金町・金町" »

2017年2月21日 (火)

Brasserie l'onomatopée(ブラッスリー・ロノマトペ) / 北千住


この日は千代田線の更に先の方へ…、とその前にパフェ部長からの頂きネタで部長が絶賛する基本フレンチなお店が、カフェタイムも有るお店がなかなかの所ということで北千住に寄ることに。場所は駅南側の大踏切から西へ、壁面に何やら印象的なデザインの店名が書かれてあるお店が…

Img_8411_2
今回はこちら、Brasserie l'onomatopée(ブラッスリー・ロノマトペ)。入口の扉向こうのカウンターにはFAEMAE61が。

Img_8417_2
入るとすぐ左手にレジ、正面奥から右手にかけてキッチンがあり、右手手前側から左右逆対称L字状に客席が20席そこそこの構成。

この日は土曜の14時前、cafe timeとしては少しフライング気味だったため、恐る恐るカフェタイムメニューがいけるか確認した所、OKとのこと。ということで早速カフェ使いで…

Img_8415_2
今回は大人しめに、カフェラテと栗のクリームブリュレを。これまたブリュレがなかなか美味い。

続きを読む "Brasserie l'onomatopée(ブラッスリー・ロノマトペ) / 北千住" »

2017年2月20日 (月)

【宇都宮カフェラリーシリーズ2017:その4】KCUCHA RISMO espresso coffee(クウチャ リズモ エスプレッソ コーヒー)(移転後) / 東武宇都宮(中戸祭)


Img_8375_2
さて、先の鶴田のカフェから今度は桜通りを北上、途中某地主さんの一軒家カフェNに寄ってみるものの、宇都宮でも「平日勤め人にはかなりの難所」ということが判明。そこから更に北上、向かうは中戸祭、といっても解りにくいので栃木県体育館近く、日光街道沿いのコーヒー店に。

そのお店とは…

Img_8380_2
KCUCHA RISMO espresso coffee(クウチャリズモ エスプレッソ コーヒー)、2016年に宇都宮駅北の錦から移転したお店である。

入口入るとすぐにカウンターが有り、以前と同じくキャッシュオンスタイルを取る。右手にはtake out用のベンチが幾つか。マシンは以前と同じくLA MARZOCCOのFB/80。

(以下許可を貰って撮影)

Img_8379_2_2
オーダーしたものを受け取って客席へ。お店自体は奥に長くキッチン脇の通路から奥に出るとテーブル席が14席、一番奥トイレ手前にカウンター席が3つ。古民家系のハコを色濃く残し、usedの家具類で占める。

そしてキッチン回り込んだ左手に急な階段があり、2Fのちょっと隠れ家っぽい10席ほどの空間が。この日は連休最終日の15時過ぎ、店内のお客さんは3割程度なのだがtakeoutのお客さんが多め。今回はカップをしんちょーに持って階段を上がって2Fで…

Img_8376_2
勿論カフェラテを、豆は下北沢の熊池(bear pond)らしい濃厚なテイスト。

続きを読む "【宇都宮カフェラリーシリーズ2017:その4】KCUCHA RISMO espresso coffee(クウチャ リズモ エスプレッソ コーヒー)(移転後) / 東武宇都宮(中戸祭)" »

2017年2月19日 (日)

【宇都宮カフェラリーシリーズ2017:その3】Rectangle Cafe(レクタングルカフェ) / 鶴田


さて、桜通十字路の2店の攻略の後、席が空いたということなので再びチャリで桜通りを鶴田方面へ南下。10数分かけて辿り着いたのは鶴田から今の中央公園(専売公社工場跡)に続いた廃線跡の近くにある…

Img_8350_2
今回はこちら、Rectangle Cafe(レクタングルカフェ)、元下北かどっかのカフェ(既訪)の先代店主が開かれたお店である、一応先のカフェの2号店。

入口の緑の扉の左右には今でも情念残る下北沢関連のチラシが。

Img_8373_2
入ると左右2フロア構造になっており、お店の右手半分がオープンなキッチン、間仕切りの向こう左手半分が客席となる。どうやら一軒家改装系らしく、客席の方は床がある分一段上がっている。

そして下北沢自体のカラーを色濃く引き継ぐペイントした端材にを組み合わせた白い箱の店内で、used家具のテーブル席大半の20席ちょっとの空間。

Img_8374_2
そして一応個室的なソファー席が南西端にあり、こちらと合わせて合計で26席ほど。

この日は連休月曜の13:30頃、ほぼ満席状態でキャッキャキャッキャ状態(なので写真はコレぐらいが限界)。今回はランチ使いで…

Img_8368_2
カレーのランチセットを。

続きを読む "【宇都宮カフェラリーシリーズ2017:その3】Rectangle Cafe(レクタングルカフェ) / 鶴田" »

2017年2月16日 (木)

【宇都宮カフェラリーシリーズ2017:その2】Elska+heart coffee(エルスカ プラス ハートコーヒー) / 東武宇都宮(桜通)


先の桜通りの自家焙煎珈琲店を後にして、さらに近くにあるもう1つのお店も攻略。場所は先のお店の少し北、桜通十文字交差の北西角のビルの1F、真っ黒な壁面と赤いベンチがワンポイントで目に入る…

Img_8358_2
Elska+heart coffee(エルスカ プラス ハートコーヒー)、2016年9月にopenしたお店である。

Img_8362_2
入るとすぐ左手にオープンキッチンを兼ねるカウンターが有り、レジ脇にベーグルと焼き菓子類が並ぶ。窓際にあるマシンはこちらもLA MARZOCCOのLINEA Classic、ただしパネルが真っ黒に塗られカスタム化。

Img_8361_2
客席は正面突き当りのベンチシートを含む8席と、右手のカウンター席2,3席ほどのこじんまりとした構成。ベンチシートの足元には2口コンセントが2箇所ほど付く(もちろん使用可)。

この日は平日の13時前、ランチ時の後半でお客さんは1組。今回は様子見で…

Img_8363_2
カプチーノを。豆はheart coffee roasters(原宿のCOLOSO COFFEE(既訪)と同じ仕入元、むしろこちらが日本初)なのだが、COLOSOよりラテでも酸味強め。

続きを読む "【宇都宮カフェラリーシリーズ2017:その2】Elska+heart coffee(エルスカ プラス ハートコーヒー) / 東武宇都宮(桜通)" »

2017年2月15日 (水)

【宇都宮カフェラリーシリーズ2017:その1】FRENCH COFFEE FANCLUB(フレンチコーヒーファンクラブ) / 東武宇都宮(桜通)


さて、那須から戻って今回本題の宇都宮ラリーシリーズスタート。雨も上がったので今回もレンタサイクルで移動開始。

まずはランチに鶴田のカフェRに向かったのだが…、やはりあいにく満席ということで予約時間だけ押さえて1時間ほど時間が余る分、どこかないかと確認して向かうことに。

Img_8351_2
場所は桜通り沿い、某宗教団体の道向の角地にある…

Img_8352_2
今回はこちら、FRENCH COFFEE FANCLUB(フレンチコーヒーファンクラブ)。

Img_8357_2
入るとすぐに木製の棚、ガラスケース、そしてカウンターが有り、左右に長い店内。カウンター上にあるマシンはLA MARZOCCOLINEA Classic。奥の方2/3は作業場になっており、左手の奥の方に焙煎機が鎮座する。

そして客席は入口入った右手窓際に奥までカウンター席といったシンプルな構成。この日は平日の12時半頃、流石にノーゲスト状態。今回は様子見で…

Img_8353_2
カフェラテを、バランス良いテイスト。

続きを読む "【宇都宮カフェラリーシリーズ2017:その1】FRENCH COFFEE FANCLUB(フレンチコーヒーファンクラブ) / 東武宇都宮(桜通)" »

2017年2月14日 (火)

Ambient Brew(アンビエントブリュー) / 祐天寺


目黒区の大鳥神社近くのコーヒースタンドを後にして、次に向かったのは中目黒を経由して祐天寺に。こちらは祐天寺の珈琲店の店主からの頂きネタ。祐天寺駅前の目黒通りへつづく商店街にまたコーヒースタンドが出来たと。何やら豆が面白いラインナップということなので早速。

場所は駅ロータリーと祐天寺交差との中間、白犬ショップの向かいに看板のない濃緑ダーク系のファザードを見せるお店が。

Img_9709_2
今回はこちら、Ambient Brew(アンビエントブリュー)、2016年12月にopenしたコーヒースタンドである。

Img_8327_2
入ると薄暗いハコ、左手に3席ほどのカウンター席、右手に低い腰掛けが2つのみ。そして正面にカウンターが有り、マシンはCIMBALIのM21系か。左手側にはbaked sweetsが少々。

この日は土曜の16時近く、雨天ということもありお客さんはご近所さんが1人。今回は様子見で…

Img_8329_2
カフェラテを。豆は静岡のiFNI COFFEEさんから、ほんのりチョコレートっぽいテイスト。

続きを読む "Ambient Brew(アンビエントブリュー) / 祐天寺" »

Cafe Roimu(カフェ ロイム) / 那須塩原


Img_8342_2
黒磯のベーカリーカフェの後、すぐ近くの定番カフェSで戦略を練りつつ、宇都宮に戻るために今度は東北線を南下。途中那須塩原に朝から開いているカフェがあるのでそちらに。

場所は駅西口から南西へ5,6分ほど、黒磯駅前とは異なりだだっ広い区画整理された土地に立つマンションの1Fに入る…。

Img_8341_2
今回はこちら、Cafe Roimu(カフェ ロイム)。入口は右手から。

Img_8344_2
入ると白い清楚なハコ、右手の棚に茶瓶や作家さんの作品が整然と並ぶ。

Img_8346_2
客席は中央に大きくテーブル席を概ね4つにゾーニングされた30席ほどの空間、奥(南側)カウンター向こうに大きくキッチンを取るスタイル。そして真ん中には白いアラジンストーブが。

この日は平日の10時半頃、お客さんは常連さんが1人丁度出ていかれたところ。今回は様子見で…

Img_8349_2_2
季節のティーを。お茶請けにショコラ付き。

続きを読む "Cafe Roimu(カフェ ロイム) / 那須塩原" »

2017年2月13日 (月)

【閉店】月がすこしでも長くいてくれるように / 参宮橋


# 予定どおり2017年2月27日をもって参宮橋での営業は終了しました
# 今回は閉店日が近いので急遽up。

元ネタはinstagramをごそごそ見ていたときに気づいたもの。2017年2月現在、参宮橋の不定期営業となったももちどり(未訪)の休業日をシェアしてopenされているMOON mica takahashi COFFEE SALON(既訪どころかほぼ行きつけ)の裏番の定食店があることはうっすらとは話は聞いていたが、日月しか営業しない、どうやら喫茶もやっているらしい、しかも「2月で終了」という話を聞きつけ、急遽向かうことに。

場所は参宮橋駅の少し西、1Fが不動産屋さんの脇の階段前に小さくショップカードが出ている、「もう1つの月」…

Img_8610_2
今回はこちら、月がすこしでも長くいてくれるように2015年12月17日にopenしていたお店である。(そもそも、ももちどりがパンケーキ推しという時点で射程外だったため、moonが入るまでシェア営業の話は完全にノーマーク状態だった次第)

いつもは夜の階段しか上がらないのだが、昼間に来るのは実は初めて。

Img_8612_2
入ると右手回り込んだ所にチャーチチェアの大テーブル席6席、西側窓側に2席、奥にソファー席を含む4席と、北側の窓際の白いカウンター席が3つと基本構成は一緒。ただし唯一異なるのは(moonの)高橋さんがカウンター前でテーブルを出してドリップするのに対し、すべてキッチンで作業されるところ。こうした対比を見るのも面白い。

この日は日曜の14時半頃、お客さんは2組ほど(勿論全員女性ですよ、ええ)、今回はお茶使いで…

Img_8614_2
プレーンのスコーンを。外薄めにザクザク、中しっとりとこれは(三鷹のK菓子店以来の)ハッと来るテイスト。


Img_8613_2
そしてコーヒーは祖師ヶ谷大蔵の皆川珈琲さんから、ブラジルを。ドリップはKONOだが、ネルドリップが合いそうな深煎り。

続きを読む "【閉店】月がすこしでも長くいてくれるように / 参宮橋" »

Iris bread & coffee(イリス ブレッドアンドコーヒー) / 黒磯


2016-17年冬の18きっぷ期間の最後の遠征は東北線沿線へ。まずは東北との境界駅、黒磯に。

Img_20170109_090144119_2
とりあえず無くなる前に見ておきたかった黒磯駅のデッドセクション。大垣と同様に名物黒磯ダッシュなきっぱーを横目で見ながら、マターリと停車時のオーストラリアのロックバンド、ならぬ交直切り替えをじっくりと観察。

そして駅に出て今回の第一の課題店に。場所は駅を出てすぐ左手、駅に面した通りの並びにあるベーカリーの南隣にある…

Img_8333_2
今回はこちら、Iris bread & coffee(イリス ブレッドアンドコーヒー)。

Img_8334_2
入ると左右に長い店内、正面にレジ、その左へカウンターが続き、LA MARZOCCOのLINEA Classicが鎮座する。脇にはSingle Oの小売用豆袋がディスプレイされ、左手の壁面にはEverpureの浄水器が。

Img_8335_2
客席は手前側左右に20席程度。木造家屋の天井の香りを残しつつ、リノベ感のある空間に。壁面にはドライフラワーなどが飾られる。

この日は正月休みも終わった週の終わりの平日、開店ちょくごということもありお客さんはノーゲスト。今回はモーニング使いで…

Img_8339_2
まずはサンドを頂いて…

Img_8337_2
勿論エスプレッソ系、flat whiteを。ただ、モーニングセット的なものは無いのよね…(´・ω・`)

続きを読む "Iris bread & coffee(イリス ブレッドアンドコーヒー) / 黒磯" »

2017年2月11日 (土)

MOJO Coffee Harajuku(モジョコーヒー 原宿店) / 原宿・明治神宮前


Img_8313_2
さて、神楽坂のお店からこの日は帰りがけに明治神宮前へ展開。神楽坂のオセアニアなコーヒースタンドの3店目(社員食堂内店舗を含めると4店目ともいう)が原宿の真ん中に出来たということで。

場所は明治通りの竹下口交差から北側の側道に入って程なく、ビルの合間の奥につづく細い通路の入口に幾つかのカフェの看板が出ている。そこを奥に入ると真新しいテナントビルが。その1Fの北側に入る…

Img_8310_2
今回はこちら、MOJO Coffee Harajuku(モジョコーヒー 原宿店)、2016年12月にopenした神楽坂にあるオセアニア発のロースターのコーヒースタンドである。

北と西面ほぼ全面ガラス張りのお店、入口は西側から。

入ると左右に中央に花が生けられた大テーブル席が2組各10席程度、左手と右手窓際にカウンター席が各7席ほど。

Img_8307_2
奥(東側)はほぼ一面カウンターとなっており、キャッシュオンスタイルを取る。左手側にbaked sweetsが置かれ、右手にハリオV60の金属ドリッパー、一番端にSYNESSOMVPが。

この日は日曜の17時頃。お客さんもまばら、とりあえず様子見でいただきますかね。

Img_8308_2
今回はふつーにフラットホワイトを。

続きを読む "MOJO Coffee Harajuku(モジョコーヒー 原宿店) / 原宿・明治神宮前" »

2017年2月 9日 (木)

Marnie's Coffee Roasters(MARNIE’S COFFEE&CAFE)(マーニーズ) / 日吉町(静岡)


大晦日の大移動の続き。さて、そそくさと名古屋を後にして東海道線をひたすら東へ。途中静岡で前回のラリーシリーズに未訪だったお店が15時まで開けているということでなんとか行程にねじ込むことに。

Img_9535_2
最寄り駅は静鉄の日吉町、駅から鷹匠中央通りを北に上り3,4分ほど、通り沿いのビルの間にちょこんと壁面から出ている看板が。


Img_9536_2
今回はこちら、Marnie's Coffee Roasters(MARNIE’S COFFEE&CAFE)(マーニーズ)。

Img_8246_2
入ると奥に長いハコ、左手にカウンターがあり、手前のガラスケースにはbakedのsweetsが入り、中程に瓶に入った豆が5種類ほど並ぶ。一方、右手側は壁面に沿って2席ほどイームズチェアが並び、その奥にフジローヤルの小さな焙煎機が鎮座する。

Img_9540_2
カウンター奥のマシンはSIMONELLIのAppiaかな。客席はその奥にあり、こちらもイームズチェアで統一された12席ほどのテーブル席。

この日は大晦日の14時前、年末モードということもありfood系はなく、年の瀬のご挨拶を兼ねてお客さんが頻繁に訪れる様子。今回はランチを飛び越してやむを得ずsweets使いで…

Img_8249_2
カフェラテとシフォンケーキを。コーヒーはかなりのビター系。

続きを読む "Marnie's Coffee Roasters(MARNIE’S COFFEE&CAFE)(マーニーズ) / 日吉町(静岡)" »

2017年2月 7日 (火)

フォンテーヌ / 神楽坂


さて、神楽坂北のお店を後にして向かったのは駅方面。かねてから東西線駅近くにフジサン特急の絵が貼り付けてある喫茶店があるのを気にしてたので、今回突撃してみることに。

Img_9655_2
場所は神楽坂(早稲田通り)から赤城神社に入る道の角にあるビルの地下に入る…


「貴方のもう一つの髪」

Img_8300_2
フォンテ~ヌっ」((c)故横山ノック氏)、もとい、フォンテーヌ。神楽坂では老舗の喫茶店である。(# 一定年齢層以上の関西人にしか解らないネタ、すんません)

入口は早稲田通り側と赤城神社側の2箇所から地下へ。

Img_8303_2
入るとすぐ正面にカウンターとキッチンがあり、右手から奥にかけてボックスシート的客席が20席ちょっと。壁面には猫や鉄道写真の切り抜きが壁面に貼られており、カウンター上にはTVがあり昼のバラエティが流されつつ、奥では常連さんがワイワイと、街の喫茶店の風情。

この日は日曜の15時過ぎ、お客さんは6割程度の入り。今回は様子見で…

Img_8301_2
ふつーにコーヒーを。

続きを読む "フォンテーヌ / 神楽坂" »

茶店×洋食 ORihon(オリホン) / 神楽坂・江戸川橋


Img_8288_2
元ネタはinsta方面でいつもお世話になっておりますこの方からの頂きネタ。神楽坂と江戸川橋の間にコーヒースタンドとなかなか雰囲気の良さ気な喫茶店が出来たとのこと。

先に江戸川橋から南に下り、北野神社近くのコーヒースタンドに寄った後、今回本題のお店に。場所はメトロ東西線の神楽坂駅の北側、神田川に向かって下る斜面をほぼ降りきった当たりの住宅街の角地に看板の出ているお店が。

Img_8289_2
今回はこちら、茶店×洋食 ORihon(オリホン)、2017年1月5日にOPENした喫茶店である。.

入口は南北路地側に玄関への階段があるのでそちらを上がってすぐ左。

Img_8293_2
入るとすぐ右手に荷物用のエレベーターの中にジュークボックスらしきものが置かれる。というのも元々折本工場だった跡をリノベしたお店とのこと。

客席は左右逆L字状に配されており、ちょいと薄暗い空間にテーブル席が20席少々。

Img_8291_2
キッチンは正面左手にあり、左手のキッチン側の壁には開店祝いの花や書籍がディスプレイされる。その中には東京純喫茶系のNさんの本も。

この日は日曜の15時頃、お客さんは2人ほど。今回は様子見で…

Img_8296_2
カフェラテと焼きプリンを。コーヒー豆は先に訪れたSWING BY COFFEEさんから。

続きを読む "茶店×洋食 ORihon(オリホン) / 神楽坂・江戸川橋" »

2017年2月 4日 (土)

【京奈カフェシリーズ2016:その5】PILOT COFFEE(パイロットコーヒー) / 富雄


奈良のカフェシリーズ3日目に入って、この日はゆるゆると実家で過ごすつもりが、富雄の気になっていたカフェがどうやら年末もこの日までopenしていることが判明。ということでスクランブル的に出動。

場所は駅南口を出てとりみ通りを生駒方面に2,3分ほど歩いた先にある…

Img_8222_2
今回はこちら、PILOT COFFEE(パイロットコーヒー)、今は西大寺にあるCauda(既訪)の旧店舗(既訪)の後に入ったお店である。

Img_8219_2
入ると前店面影を色濃く残すハコ、入口脇の窓際にフジローヤルの焙煎機が鎮座、バックヤードにELEKTRAのエスプレッソマシンがあり、手前から奥にかけてカウンター席が6席ほどあり、常連さんがワイワイと店主と談笑中。

Img_8218_2
奥の階段を上がって、そして2Fに10席ちょっとのテーブル席。こちらはうって変わって落ち着いた空間。こちらも前店の面影を色濃く残すハコ。店主がバンドをされる関係か、エレキが端に置かれていたりと。

この日は年末の14時頃、お客さんは常連さんが3,4人ほど。今回は様子見で…

Img_8220_2
カフェラテを。結構カップ大きめ。

続きを読む "【京奈カフェシリーズ2016:その5】PILOT COFFEE(パイロットコーヒー) / 富雄" »

2017年2月 3日 (金)

【京奈カフェラリーシリーズ2016:その4】LIGHT UP Coffee KYOTO(ライトアップコーヒー 京都) / 河原町今出川(出町柳)


Img_8206_2
さて、先の木津のパンカフェから奈良線で北上、京都中心部で久しぶりにKに寄った後、すぐ近くに出来た吉祥寺のコーヒースタンドの2号店に。

場所は河原町今出川交差のすぐ北、有名和菓子店Fのほぼ道向かい、都市型寺子屋「idea spot」の手前に入る…

Img_8205_2
今回はこちら、LIGHT UP Coffee KYOTO(ライトアップコーヒー 京都)、そう、吉祥寺中道通りのコーヒースタンドの2号店である。

Img_8207_2
入ると奥に細長いハコ、入口入ってすぐ左手にカウンターが有り、カウンター上のマシンはLA MARZOCCOLINEA PB。右手壁面のテーブルにはコーヒー器具等がディスプレイされる。

Img_8209_2
そしてカフェ自体の客席はカウンター回り込んだ裏側に4席ほど。京都を意識してか木材を多用したシュッとしたデザイン。そしてその奥の座布団が置かれているエリアがidea spotの寺子屋エリアとなる。(講義開催時以外はそちらの席も使用可能?)

この日は年末の17時近く、夕闇も迫ってきていたこともあり、お客さんは1人。今回は様子見で…

Img_8210_2
カフェラテを、今回の豆はグアテマラ。うーん、かなりミルキーなテイスト。(まぁ、直前に頂いたコーヒーが真逆を行くKAFE工船だったので…)

続きを読む "【京奈カフェラリーシリーズ2016:その4】LIGHT UP Coffee KYOTO(ライトアップコーヒー 京都) / 河原町今出川(出町柳)" »

【京奈カフェシリーズ2016:その3】木色 / 木津


Img_9411_2
先の奈良のお店から北に2駅上がって京都府内、木津川界隈で幾つかお店を確認している中、年末にopenしていたこちらへ。

場所はやけにキレイになった木津駅、その東口から北へ7,8分ほど。JR大和路線の踏切と木津街道(R163)を越えた先の木津川の堤防手前の住宅街の中にある一軒家…と思いきや1軒のパン屋さん…

Img_8193_2
今回はこちら、木色(きいろ)。

Img_8198_2
入るとすぐ左手(南側)に小さいながらもパンがずらっと並べられる。

Img_8197_2
そして南北に長い店内は中程に客席が12席ほど、一番奥にレジといった構成。

Img_8194_2
塩バター&デーツのパンとコーヒー。豆はご近所中山珈琲焙煎所さんから。

続きを読む "【京奈カフェシリーズ2016:その3】木色 / 木津" »

2017年2月 2日 (木)

【京奈カフェラリーシリーズ2016:その2】ミジンコブンコ / 県庁裏(近鉄奈良)


さて、奈良市内2本めは先のお店から街に降りて…、と有名カフェKは行列、その系列Bは冬休み、となんだかんだ歩きながら20分ほど、今回は県庁裏のエリアでランチをすることに。

町屋と商店が混在する住宅街の中、1軒の町屋の軒先に白く長い立て看板が出ているお店が。

Img_9381_2
今回はこちら、ミジンコブンコ

Img_8182_2
入ると正面から奥にかけてL字状に土間があり、奥がキッチンとなる。右手手前に6席少々のテーブル席があり、中程から靴を脱いで板間の客席となる。

Img_8184_2
中央には本が置かれたテーブルが有り、キッチン側に電気あんかが足元に置かれたテーブル席が3つ、中庭を望む席が2つ、右手奥にちゃぶ台席が2席といった構成。壁面の間のスペースには書籍が整然と並ぶ。

この日は年末の12時過ぎ、ならまちの賑わいはどこへやら、お客さんは1組、後に常連さんが1人とマターリとしたランチ時。今回選んだのは…

Img_8188_2
今日の気まぐれカレー、半分グリーンカレーでハーフアンドハーフなモノを。

続きを読む "【京奈カフェラリーシリーズ2016:その2】ミジンコブンコ / 県庁裏(近鉄奈良)" »

2017年2月 1日 (水)

【京奈カフェラリーシリーズ2016:その1】tsuzuru(ツヅル) / 高畑町(近鉄奈良)


Img_8178_2
2016年の年末、実家に帰って2日めは奈良からスタート。まずはinstagramでお世話になってますこの方この方からの頂きネタ。奈良の高畑の奥の方に東京から移転された方のお菓子屋さんがあるとのこと。ちょいと田舎の町家家屋の中の飛び抜けたインパクトあるハコもあり、丁度営業日が上手くハマり真っ先に押さえることに。

場所は奈良公園というか春日大社の杜の南、高畑町。市内循環バスのバス停から数々の有名カフェを横目に東へ歩くこと10分弱、山裾の集落の途中に突如現れる真っ白な一軒家…

Img_8169_2
今回はこちら、tsuzuru(ツヅル)、2016年秋にopenしたbaked sweetsなお店である。

Img_8171_2
入るとシンプルかつシュッとしたハコ、正面突き当りにカウンターがあり、キャッシュオンスタイルを取る。入口脇の棚の中は奈良県産木材で作られた生活道具類が。

Img_8170_2
そして右手にイートインスペース的位置づけの大テーブルが4席、右手一番奥に勉強机の席が1席とシンプルにセンス良く配される。(ちゃんとエアコンは格子で隠されており、店主のこだわりようが伺える)

Img_8172_2
この日は年末休み初日の11時頃、流石にお客さんは居らず(って少し西の有名カフェNはこの日も予約で満席)、今回は大テーブルに座らせてもらう。窓からの差し込む光が良い。そして頂くのは…

Img_8175_2
(確か)メレンゲのシュークリームを(これはイートインのみのメニュー)。外サクサクの食感。

続きを読む "【京奈カフェラリーシリーズ2016:その1】tsuzuru(ツヅル) / 高畑町(近鉄奈良)" »

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

カテゴリー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30