無料ブログはココログ

Google +1

にほんブログ村

Instagram

にほんブログ村(記事一覧)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月30日 (木)

2016年上半期総括

6月も末になりましたのでいつもの上半期まとめを。

・波カフェ部門(70店(うち移転1))
1 Tronc(流山 記事)
  呉服屋の奥の古納屋に繰り広げられる地元食材を基本とした芸術的sweetsは夜でも行く価値あり。

2 COMMA,COFFEE(田無・ひばりヶ丘 記事)
  ひばりヶ丘団地のコミュニティスペースを兼ねる、この界隈では貴重なリノベカフェ。

3 ソラ珈琲&食堂ヒュッテ(矢部 記事)
  横浜線沿いの普段使いの街の山小屋、というか商店兼住宅リノベカフェ。

4 HOSANNA CAFE(三鷹・吉祥寺 掲載予定)
  吉祥寺の西の端、五日市街道沿いのオオヤコーヒが頂けるボタニカルな波+電源カフェ

5 B's Cafe(川口元郷 記事)
  川口界隈では貴重なラテアートが美しい川口本郷のスイーツカフェ。

次点:ayubovan!(千駄木)、crann(上板橋)

続きを読む "2016年上半期総括" »

2016年6月28日 (火)

【関西カフェラリーシリーズ2016-1:その12】海のカフェ高木 / 箱作(阪南市)


さて、先の堺のカフェから今度は一回乗っても南海電車でさらに南に移動。場所はピチピチビーチの最寄り駅、阪南市の箱作。駅から旧街道を歩くこと10分ほど、集落の途中にトタン葺の古い平屋の納屋か倉庫っぽいハコ、その軒先にベンチが並べられたお店が見えてくる。

Img_5503_2
今回はこちら、海のカフェ高木。元建具屋の工場をリノベ(?)したカフェである。

入口を入ると手前に一段土間(?)があり、さらにもう1つ扉が。

Img_5506_2
中に入ると工場跡らしく土塀の大きなハコ、古材をふんだんに活かした大テーブル席や、キャンピングチェアなどで構成された20席少々の構成。

Img_5508_2
正面やや左手にカウンターとオープンキッチンがあり、その左手脇には七輪が、というのもここで焼くパンが有名らしい。

入口脇には看板犬の居住スペースが用意されている(この日は散歩に出ていたらしい)。

この日は連休の15時半ごろ、天気もあまり良くなかったこともあり、お客さんは1組。今回はお茶使いで…

Img_5509_2
チーズケーキとコーヒー、深煎りを。豆は徳島のaalto coffeeから、ドリップはKONOのペーパー。

続きを読む "【関西カフェラリーシリーズ2016-1:その12】海のカフェ高木 / 箱作(阪南市)" »

2016年6月27日 (月)

【電車の見えるカフェ】【関西カフェラリーシリーズ2016-1:その11】八六八ビル / 寺地町(堺市)


さて、阪堺電車で先のお店からさらに南に。大和川を越え、堺の中心部、大小路に突入。以前からinstagramやSAVVY等で見かけるなかなか渋いお店があることは知っていたのだが、前のお店が閉店し、後に別のカフェが入ったということで今回のラリーのメインに設定。

この日GW中ということでお店のopenは少し繰り下げ、万を持して開店時に凸。最寄り駅というか電停は寺地町、その東側の古ビルの1Fに入る…

Img_5487_2
今回はこちら、八六八ビル。表向きはショーケースのある商店っぽい様子にしか見せない。

しかし中に入ると…

Img_5496_2
一気にほぼスケルトンのハコに薄暗く、ほのかに機械油の香りがする奥に長い店内。右手にテーブル席が18席ほどあり、左手中程からパン等が並べられ、その隣にカウンター、カウンターのさらに左手の部屋がキッチンとなっている様子。

そして店内から入口を見ると大小路通を駆け抜けるチンチン電車が。

Img_5491_2
奥はやや広めのフロアになっており、アンティーク系家具類や小物がそれとなく置かれ、さらに奥にテーブル席が4席ほどのこれまたシャビーな空間。

この日は連休2日目の13時頃、お客さんは開店時で2,3組ほど、後からパラパラと入ってこられる。今回は帝塚山界隈でことごとくランチのタイミングを逃したのでこちらで。

Img_5497_2
焼きカレーを。チーズの焦げ加減がよろし。

続きを読む "【電車の見えるカフェ】【関西カフェラリーシリーズ2016-1:その11】八六八ビル / 寺地町(堺市)" »

2016年6月26日 (日)

【関西カフェラリーシリーズ2016-1:その9】ONIJUS COFFEE VILLAGE(オニジャス コーヒー ヴィレッジ) / 喜志


この日は関西ラリーの2日目。今日もスルッとKANSAI 3dayのお世話になることに。まず向かったのは近鉄長野線で古市の次の駅、喜志へ。というのもinstagramタイムランに何度となく上がってくるお店があり、朝から営業しているということで。

Img_5461_2_2
最寄り駅から歩くこと5,6分ほど、場所は関西人に言わせると(通称)「外環」(国道170号線の新道)沿いにとんかつ屋等の飲食店が集まったエリアの奥の方に青々と店頭に木々が茂ったお店が。

Img_5462_2
今回はこらち、ONIJUS COFFEE VILLAGE(オニジャス コーヒー ヴィレッジ)。入口は階段を少し上がって右手壁裏の通路から。

Img_5465_2
入ると南側にテラス席があり、北側奥にかけてベンチシートで句切られた左手側がオープンなキッチンとなり、奥にLA MARZOCCOのFB/80が鎮座する。

Img_5469_2
右手(東側)は広い窓に南国リゾート系っぽい白く明るいフロア。全体で140席強の超大箱な店内。

この日はGW後半の休日初日の9:30頃、お客さんはすでに2,3割程度の入り。さて、モーニングを…と思いきや、モーニングに関しては「エスプレッソ系ドリンクが完全別扱い」となるので仕方なく…

Img_5467_2
モーニングを捨ててカフェラテを。

続きを読む "【関西カフェラリーシリーズ2016-1:その9】ONIJUS COFFEE VILLAGE(オニジャス コーヒー ヴィレッジ) / 喜志" »

2016年6月24日 (金)

U-ma Kagurazaka(ウーマ 神楽坂) / 神楽坂


# 今回は小ネタ

Img_2979_2
さて、先の神楽坂のホステルカフェから移動…と思ったところでちょいと気になったお店があったのでそちらへ。

場所は駅の少し西、早稲田通り沿いにある…

Img_5359_2
今回はこちら、U-ma Kagurazaka(ウーマ 神楽坂)。

Img_5361_2
入ると奥に長いハコ、手前の板張り床エリアに10数席ほどテーブル席があり、中程にライブ用のグランドピアノが鎮座する。奥にカウンターがあり、その奥がキッチンとなっている様子。

左手の階段から2F、3Fはイベントスペースとなっている。

この日は土曜の14時半頃、お客さんは今回ノーゲスト。音響がしっかりしておりBGMもなかなか心地よい。今回は様子見で…

Img_5362_2
ジンジャーティー。なんじゃこの想像の斜め下を行くコスパ…(´・ω・`)

続きを読む "U-ma Kagurazaka(ウーマ 神楽坂) / 神楽坂" »

2016年6月20日 (月)

【関西カフェラリーシリーズ2016-1:その7】coffee HUT(コーヒーハット) / 松屋町


さて、先の高槻のお店でちょっと消化不良気味に出た後、本来ならばここでバスで枚方に向かうつもりが後の予定もあって、これは押さえておきたい1店が連休の谷間ながら開いていたので大阪市内に向かうことに。

Img_5445_2
場所は人形とおもちゃの問屋街、松屋町。松屋町といえば5秒ラジオCMがループするおっさんホイホイな世代…(^-^;

松屋町交差からおもちゃや花火の問屋が並ぶアーケド街を南の暫く下ると現れる白いファザードの一軒…

Img_5446_2
今回はこちら、coffee HUT(コーヒーハット)。

# 以下店内手元以外撮影禁止ということで拙い説明で

入ると左手にテーブル席が8席ほど、右手の階段下に小さな焙煎機があり、奥にカウンターが。全体的に年季の入った木材で構成された家具類でどことなく天満橋のS珈琲店(既訪)と類似した雰囲気を醸し出す。

この日は平日の15時過ぎ、お客さんはおられず、今回はお茶使いで…

Img_5447_2
夏みかんのタルトとアイスコーヒーと。

続きを読む "【関西カフェラリーシリーズ2016-1:その7】coffee HUT(コーヒーハット) / 松屋町" »

2016年6月19日 (日)

【関西カフェラリーシリーズ2016-1:その6】6+E UNITED CAFE(ユナイテッドカフェ) / 高槻


Img_5433_2
先の河原町松原のお店から阪急に乗って高槻へ移動、しかしながら次のお店の最寄りはJR側ということで商店街の中10分少々歩いてたどり着いたのが、JRの北口、西国街道沿いにある…

Img_5436_2
今回はこちら、6+E UNITED CAFE(ユナイテッドカフェ)。お店自体は階段を上がって3Fにあり、2Fは同系列の有名店、ROCCA and FRIENDS(未訪(理由は後述))である。

Img_3119_2
入るとすぐ右手にレジがあり、その並びにキッチンと客席を仕切る洋書や小物が飾られた棚が。

Img_5437_2
客席は左手に全部で20席ほど、割とこじんまりとしたハコにソファー席もカウンター席もあったりとちょっと詰め込んだ感。勿論あちこちに洋物小物が飾られていたりする。

この日は平日の13時頃、といってもお客さんはほぼ満席で予約もそれなりに入っており、辛うじて1席だけ空いていたその隙間に奇跡的にありつけた状態。今回はランチ使いで…

Img_5442_2
ガパオライスを。ランチは基本フリードリンク制になっており、入口脇にちょこんとサーバーが置かれている。

続きを読む "【関西カフェラリーシリーズ2016-1:その6】6+E UNITED CAFE(ユナイテッドカフェ) / 高槻" »

2016年6月13日 (月)

【関西カフェラリーシリーズ2016-1:その3】TRAVELING COFFEE(トラベリングコーヒー) / 四条河原町


さて、関西シリーズの3本目。先の西陣のカフェから近くの喫茶店を1つ、と思いきや「しばらく休業中」の張り紙が…(´・ω・`)

仕方ないのでバスで四条河原町まで一気に引揚げ。次のお店は高瀬川沿いにある現在は京都芸術の発信の場となっている

Img_5415_2
元・立誠小学校、その正門入ってすぐ正面にある白い扉…

Img_5414_2
今回はこちら、TRAVELING COFFEE(トラベリングコーヒー)。扉の向こうの未知の世界に思いを馳せつつ、恐る恐る扉を開ける。

Img_5411_2
目の前に広がるのは高い窓と白く年季の入った柱。

Img_5408_2
そして年代物のハコに元職員室だった部屋を丸々コーヒースタンド&ギャラリーとした店内。北東端に演台を使ったレジカウンターがあり、その左隣にハリオV60ドリッパーが並ぶ。一方、客席はused系のベンチやらいろいろと織り交ぜた30席強ほど。

壁面には近くが(自称)日本映画発祥の地ということもあり、映画にちなむポスターが、その他いろいろ小物が飾られていたりと。

この日は平日の11時過ぎ、開店してほどなくだったこともあり、ノーゲスト状態。今回は流石に温度も上がってきたので…

Img_5412_2
アイスコーヒーを。

続きを読む "【関西カフェラリーシリーズ2016-1:その3】TRAVELING COFFEE(トラベリングコーヒー) / 四条河原町" »

2016年6月11日 (土)

蔵のカフェ+ギャラリー 灯環(トワ) / 流山


Img_2826_2
先の取手のお店から、今回のもう1つのメインのお店に。向かったのは常磐線の馬橋からひょろっと北へ上る線路に西武のお古がトコトコと走る流鉄の終点、流山。

そこから西に歩いて4,5分ほど…っとその前に1つ気になるお店があったのでこちらに寄り道。そのお店とは明治時代築の国指定登録有形文化財『笹屋土蔵』をそのままギャラリーカフェとした

Img_5292_2
蔵のカフェ+ギャラリー 灯環(トワ)。入口は正面に見えているところ、と思いきや左手から。

Img_2791_2
入ると蔵の割には小奇麗に手入れされた店内。入口入るとすぐ左手に地元観光用のパンフだったりイベントの案内だったり雑貨だったりとイロイロ置かれ、南側にテーブル席が2組ほど。

Img_5294_2
左手にはキッチン前のカウンター席が4席ほどあり、カウンター上にはハリオのV60ドリッパーが。席は2Fにもありこちらはギャラリースペースとしての使用がメインとなる模様。

この日は平日の16時頃、お客さんは常連さんが1人。今回は様子見で…

Img_5295_2
ブレンドを。豆は先の取手のお店と同じく、下北沢の「そのスジ」では人気のロースター、グラウベルから。

続きを読む "蔵のカフェ+ギャラリー 灯環(トワ) / 流山" »

2016年6月 9日 (木)

キッチンと海… / 勝田


Img_5268_2
この日は朝からひたちなかへ。丁度ネモフィラが例年より早く咲いていたということもあり、阿字ヶ浦まで行ってタッチアンドゴーして戻ってきたところ。さて、まずは勝田のカフェを…ということで選んだのはこちら。

場所は勝田駅の西、日立の勝田工場北側の廃線跡沿いを住宅街へ入ると暫く、平屋の青い一軒家が右手に見えてくる…

Img_5267_2
今回はこちら、キッチンと海…。入口はウッドデッキのテラス席脇から。

Img_5276_2
入ると天井を抜いた古い一軒家を真っ白にしたハコ。2区画に分かれ入ってすぐに作家さんのギャラリー的エリアが現れる。

Img_5270_2
そして正面突き当りにキッチン前のカウンター席が4席。壁には貝などが埋め込まれていたりと。

Img_5271_2
区画分けの壁の向こうにテーブル席が20数席ほどのやはりホワイトベースで纏められた清楚なハコ。

この日は平日の11:30頃、ランチ前ということもあり、お客さんは1組のみ。今回ランチは別の場所、と考えていたので様子見にて…

Img_5273_2
海のクリームソーダを。

続きを読む "キッチンと海… / 勝田" »

2016年6月 7日 (火)

imacoco coffee(イマコココーヒー) / 稲城


元ネタはいつもお世話になっております、東京西側カフェのサルベージャー氏から。稲城市役所近くの川沿いにカフェが出来たということなので、近くのスタバ偵察も兼ねてちょいと寄ってみることに。

最寄りは京王相模原線の稲城、そこから市役所方面へ10分ほど、市役所東側の中学校から三沢川を挟んで向かいの角地に立つ一軒家カフェ…

Img_5227_2
今回はこちら、imacoco coffee(イマコココーヒー)。2016年3月にopenしたカフェである。

Img_5228_2
入ると右手にカウンター席3席とテーブル席が2組、正面がレジ、奥にキッチンといった構成になっており、基本的にはキャッシュオンデリバリースタイルをとる。

さらに左手の通路を通って2Fへ上がると…

Img_5230_2
2Fの1フロアにイームズのチェアやらソファー席等で構成された20席ほどの空間。北側には作家さんの雑貨販売コーナーが設けられている。

この日は平日の19時過ぎ、お客さんは場所柄丁度出られたタイミングでノーゲスト。今回は様子見で…

Img_5231_2
カフェラテを。

続きを読む "imacoco coffee(イマコココーヒー) / 稲城" »

【関西カフェラリーシリーズ2016-1:その2】knot cafe(ノットカフェ) / 北野白梅町


Img_5401_2
さて、関西シリーズの2本目、先の丸太町の珈琲店からバスで一気に西陣方面へ移動。場所は北野天満宮のちょっと東、上七軒。ここに出汁巻きサンドで名を馳せる有名店が営業日ということで開店直後に素早く突撃。

バスを降りて今出川通から少し路地に入ると現れる平屋のお店…

Img_5402_2
今回はこちら、knot cafe(ノットカフェ)。

Img_5397_2
入ると倉庫だったっぽいハコに木材を適度に活かしたシュッとした余裕のある空間。東側窓際4席には予想外のコンセント(2口×2ヶ所)設置。南側にテーブル席が10席ほど、中央の大きな一枚板カウンター奥のキッチンにはLA MARZOCCOのLINEA CLASSICが鎮座する。

この日は連休谷間の平日の10時過ぎ、すでにお客さんは2名ほど(もう1人はガチで撮りモードに入っておられたし…)。さて、モーニング代わりにアレをということで…

Img_3076_2
出汁巻きサンドとカフェラテを。豆はCAFE GRUMPYから、久しぶりに甘くない玉子焼き(出汁巻き)頂いた…。

続きを読む "【関西カフェラリーシリーズ2016-1:その2】knot cafe(ノットカフェ) / 北野白梅町" »

2016年6月 6日 (月)

Branch(ブランチ) / 祐天寺


# 今回は小ネタ

この日は田園調布後祐天寺、というのも駅南側の商店街沿いにあるシャビーなカフェが入れ替わったということなのでそちらに。

場所的にはコーヒースタンドR(既訪)の少し先、コーヒー店C(既訪)まで行かないあたり。ちょいと古めかしいファザードの大きな窓を持つお店…

Img_2552_3
今回はこちら、Branch(ブランチ)、L'erbolario(既訪)跡に入ったカフェである。

Img_5223_2
入るとほぼ前店の居抜き的風景。おそらく家具類もあまり変わらず、左右に年季の入ったテーブル席が10席少々、奥にキッチンといった構成。カウンターには焼き菓子類や食材が並ぶ。

この日は土曜の15時過ぎ、お客さんは他に2組ほど。今回は様子見で…

Img_5219_2
季節のフルーツタルトを。

続きを読む "Branch(ブランチ) / 祐天寺" »

2016年6月 5日 (日)

VERVE COFFEE ROASTERS Shinjuku Station(ヴァーヴ コーヒー ロースターズ シンジュク ステーション) / 新宿


# 今回は小ネタ

新宿新南口のNEWoManにUS系コーヒースタンドが入る話を聞きつけたのは、越谷のLa Brea Coffee and Stars(既訪)の閉店理由から。

その卸元が日本に本格進出するということで手ぐすね引いて待っていると、NEWoManの第2期open時に合わせて開店したことから早速。

場所はNEWoManの2F、新宿駅新南改札出て少し東の並びにあるコーヒースタンド…

Img_2505_2
VERVE COFFEE ROASTERS Shinjuku Station(ヴァーヴ コーヒー ロースターズ シンジュク ステーション)、2016年4月にopenしたアメリカ・サンタクルズのロースターのコーヒースタンドである。ただし日本での運営はyao(既訪、波カフェ)、ura ebisやビブリオテーク等を手掛けるCPCenterが行っている(ソース)。

入ると入口左右窓際と右手壁面に沿ってカウンター席が10席少々。タイル地の床に白いハコ、正面突き当り一面にカウンターがあり、左手のバリスタカウンターには、あの「青瓶」の初期開店店舗で使われているKees van der WestenSpiritが鎮座する。
(ちなみにNEWoMan1Fの青瓶はLA MARZOCCOのFB/80と拍子抜け)

この日はopen初日の20時頃、少し待って手っ取り早く…

Img_2508_2
カフェラテを。南越谷で飲んだ時はこんなに薄かったかなぁ…。

続きを読む "VERVE COFFEE ROASTERS Shinjuku Station(ヴァーヴ コーヒー ロースターズ シンジュク ステーション) / 新宿" »

2016年6月 4日 (土)

【関西カフェラリーシリーズ2016-1:その1】鳥の木珈琲 / 丸太町


# そろそろいいかげんに今年の関西ラリーシリーズを並行で

Img_5392_2
GW中の話、久々に1人で帰省することとなり、早速ラリーモードと相成ったわけだが…、初日が京都カフェ鬼門の月曜日、しかもGW中の平日ということもありお店選びにさらに困難を極めて新幹線車内で悩むこと2時間。結局結論として出たのが…

Img_5391_2
場所は丸太町、京都新聞社本社裏にある鳥の木珈琲。ビルの1Fにシュッと白い和風のファザードが見えればそこである。

Img_5393_2
入ると白い壁面に右手に8席ほどの年季の入ったテーブル席、左手にキッチン前のカウンター席が3席ほど有り、奥に小さな焙煎機が。

この日はGWの合間の平日の9時過ぎ、マターリとした時間が流れる中で店主と隣のお客さんと私、といった静かな状況。今回はモーニング、という選択肢もあったが様子見で…

Img_5394_2
ブラジルを。東京のコーヒーに染まってしまった身としては久々にホッとする関西の珈琲感。

続きを読む "【関西カフェラリーシリーズ2016-1:その1】鳥の木珈琲 / 丸太町" »

2016年6月 2日 (木)

まめ茶わん / 武蔵小山


# 今回は小ネタ

先の西小山のお店に行く前に、隣の武蔵小山でちょいと気になったお店を。勿論有名コーヒーショップA(既訪)を経由して。

場所は武蔵小山の東、星薬科大の手前にある…

Img_5181_2
今回はこちら、まめ茶わん、讃岐うどんと和菓子カフェ(? 甘味処)のお店である。お店は外階段を上がって2Fへ。

Img_5183_2
入るとカフェや甘味処というよりは食堂っぽいテーブル席が右手から商店街側に20数席ほど展開され、正面奥に厨房といった構成。厨房奥にはうどんを茹でる網があることから、完全に讃岐系である(私観)。

この日は4月の土曜の15時頃、お客さんは例のモノ目当てに2,3組ほど。今回は様子見で…

Img_5184_2
くず餅&煎茶を。勿論お茶は下北沢のしもきた茶苑大山から。

続きを読む "まめ茶わん / 武蔵小山" »

2016年6月 1日 (水)

LIVRER(リブレ) / 白金台


Img_5180_2
元ネタはいつもお世話になっております三軒茶屋にめっぽう強いこの方からの頂きネタ。白金台に奈良系カフェが出来たということ。どうやら有名カフェK(未訪)の店主プロデュースらしい、ということで元奈良府民としてはちょいとチェックを。

場所は外苑西通りの終点、白金台交差の北西側の路地に入ったところに木の格子が入ったデザインの真新しい建物が。

Img_5169_2_2
今回はこちら、「ときのもり」の中にあるショップ&カフェ LIVRER(リブレ)。

入口は左右2ヶ所あり、左がカフェ、右がショップといった構成。

Img_5175_2
右手は奈良の各地から取り寄せた食材や茶葉、日本酒などが並べられる。

Img_5172_2
そして左側にカフェスペースがあり、杉の木ふんだんに活かしたスッキリとしたハコ、左手(東側)にキッチンがあり、右手にテーブル席が6席のみ、といった構成。(キッチン前のカウンター席は普段使用していない様子)

この日は土曜の13時頃、お客さんもまばらなところで、今回は…

Img_5178_2
元奈良府民しては大和茶をチョイス。これに葛菓子と抹茶のクッキーと。勿論リクエストに応じて差し湯も付く。

続きを読む "LIVRER(リブレ) / 白金台" »

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

カテゴリー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31