無料ブログはココログ

Google +1

にほんブログ村

Instagram

にほんブログ村(記事一覧)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月30日 (水)

BEAVER(ビーバー) / 鈴木町


Img_4159_2
さて、先のお店から続いて、今度は大師線を少し戻って味の素の城下町、鈴木町に。というのも二子玉川の川沿いのカフェが2015年に開店したという話を聞いていたのでこのタイミングにランチ使いで。

駅を降りてイトーヨーカドー方面に程なく歩くと看板が出ているのでそれにしたがってヨーカドー北側の道を川崎方面に歩くこと程なく、味の素の研究所の並びに小さな一軒家のお店が。

Img_4173_2
今回はこちら、BEAVER(ビーバー)。二子玉川のchichi cafeの姉妹店である。

Img_4162_2
入口手前右手にテラス席がちょこっとだけあり、入口を入ると、余裕のある空間にchichi cafeらしいシュッとしたインテリア。全体で20席ほどといった構成。

Img_4172_2
入口左手すぐにレジがあり、その奥にキッチンが。

この日は土曜の12時頃。場所柄なのかお客さんは1人のみ。今回はランチ使いで…

Img_4167_2
本日のランチ、Aセットを。

そしてランチはコーヒーがデフォで付くのだが、ここであえて+\100して…

Img_4170_2
ラテを。

続きを読む "BEAVER(ビーバー) / 鈴木町" »

2016年3月28日 (月)

ノチハレ珈琲店 / 矢向(横浜市鶴見区)


この日は川崎市界隈を攻略。まずは南武線のとあるカフェを。先日も矢向のカフェを1つ訪問したが、もう1つ開店当初は平日しかopenしていないお店が、年が明けてから土日もopenするようになったということなので早速。

場所は南武線のここだけ横浜市な矢向。駅南の踏切を渡り東へ歩くこと4,5分ほど、川崎市との境のほど近くの商店の並びの1軒に白いファザードを見せるお店が。

Img_4141_2
今回はこちら、ノチハレ珈琲店

Img_4143_2
入るとすぐ右手にカウンターがあり、珈琲のドリッパーと共に奥のオーブンで焼かれたパンが並べられる。

客席は左手側から奥にテーブル席が10席とこじんまりとしたハコ。壁面、天井ともに白く塗られ、南武線沿線カフェらしからぬスッキリさを見せる。左手の細長い窓の奥にはオーブンが。

この日は休日の10時頃、ご近所のお客さんがモーニング使いでとマターリとした朝。今回頂くは勿論…

Img_4145_2
モーニングのトーストセットを、珈琲はブレンド(深煎りの方)をチョイス。予めバターに熱を入れて溶けやすくしている所が嬉しい心遣い。

続きを読む "ノチハレ珈琲店 / 矢向(横浜市鶴見区)" »

2016年3月25日 (金)

本屋Title(ホンヤタイトル) / 荻窪


Img_4119_2
この日は荻窪方面へ。青梅街道沿いに小さな本屋が出来、奥にカフェがあるという。しかも比較的営業時間が長めなので早速。

荻窪駅北口から爆走トロピカルなバスに乗って青梅街道を西に走ること4,5停留所ほど。青梅街道沿いの店舗の並びに1軒の小さな本屋が。

Img_4118_2
今回はこちら、本屋Title(ホンヤタイトル)。

手前側2/3が本屋となり、その奥にカフェがある。ちなみに2Fはギャラリーといった構成。

Img_4122_2
カフェはカウンター4席、テーブル席2席×2のこじんまりとした空間。奥がキッチンとなっており、さながらカフェスペース的様相。ただし会計済みでない本は持ち込めない。

この日は平日の19:30頃、流石にカフェ側のお客さんは居らず、今回は様子見で…

Img_4123_2
Titleブレンドを。豆は吉祥寺中道通りの珈琲散歩(未訪問)から。

続きを読む "本屋Title(ホンヤタイトル) / 荻窪" »

2016年3月24日 (木)

MONZ CAFE(モンズカフェ) 西新井店 / 大師前(足立区)


さて、先の竹ノ塚のお店から今度は西新井へ移動。以前から門前仲町のコーヒースタンドが門前町に出店したと。場所は西新井から一駅西へひょろっと伸びる大師線の大師前。

改札「跡」しか無い駅を出て、西へ歩くこと2,3分ほど、門前町の商店が並ぶ1店に、やけにシュッとしたお店が1店。

Img_4110_2
MONZ CAFE(モンズカフェ)の西新井店。元々だるま屋があった場所に2015年12月26日にopenした門前仲町のコーヒースタンドの2号店である。

入ってすぐ左手にLA MARZOCCOFB/80が鎮座し、そこから奥が木板で構成されたカウンター。

Img_4109_2
客席は門仲店よりも広めのフロアに20席ほどのテーブル席。淡目の木板の壁面で和系のインテリアを意識したインテリア。

この日は平日の閉店30分前頃。流石に冬場ということもあり周りの土産店も閉店モードなのでノーゲスト。今回は様子見で…

Img_4112_2
フラットホワイトを。勿論豆はAllpress Espressoから。

続きを読む "MONZ CAFE(モンズカフェ) 西新井店 / 大師前(足立区) " »

2016年3月23日 (水)

昭和の家 縁側カフェ / 竹ノ塚


この日、東京の東の方でとある用が終わって時間があったので、時間があるうちにこちらに。

場所は竹ノ塚、駅から徒歩だと微妙に遠い場所なのでバスに乗って7,8停留所ほど行った先、旧日光街道近くにある…

Img_4092_2
今回はこちら、昭和の家 縁側カフェ。昭和14年築の国登録有形文化財である平田家住宅主屋をそのままカフェ+イベントスペースとした場所である。

Img_4094_2
入口は入って右手奥にある玄関から。

Img_4106_2
入ると日本家屋らしい玄関があり、その脇に文化財の看板がお出迎え。客席は右手の廊下を通り縁側に出る。正面はキッチンの模様。

Img_4103_2
客席は縁側の席6席と、縁側に面した10畳ほどの2間、そして西側の部屋の3つで合計20席程度の構成。残りの1間はイベントスペース使用時のステージ側としている様子。

Img_4098_2
各間の手入れも丁寧にされており、大地主の日本家屋という感をひしひしと感じる。

Img_4097_2
そして勿論縁側から立派な庭が。

この日は平日の夕方、閉店間際だったこともあり、主だったsweetsは売り切れていたので、今回は様子見で…

Img_4101_2
抹茶セットを。

続きを読む "昭和の家 縁側カフェ / 竹ノ塚" »

2016年3月19日 (土)

Doors Cafe+(ドアーズカフェプラス) / 祖師ヶ谷大蔵


Img_4064_2
この日は祖師ヶ谷大蔵界隈へ。以前から定点観測していたカフェに行くタイミングがやっと出来たので、ちょいと様子見に。

場所はウルトラマン商店街の中、オオゼキを過ぎて、サンドラッグのあるビルの2Fに入る…

Img_4063_2
今回はこちら、Doors Cafe+(ドアーズカフェプラス)、元ヘアサロンが入っていたテナントの跡に2015年7月にopenしたネイルサロンを併設するカフェである。

Img_4071_2
入ると祖師谷界隈のカフェとしてはかなり大きなハコ。正面奥にバーカウンターがあり、手前から左手奥にかけてテーブル席が20数席展開される。右手の窓際の方にはソファー席がある模様。カウンター奥に見えるマシンはSIMONELLIAppia2

Img_4065_2
奥の方には半個室っぽいスペースがあり、その奥にネイルサロンとなる場所が。

この日は日曜の16時近く、お客さんは4,5組ほど。今回は様子見で…

Img_4067_2
トライフルを。

続きを読む "Doors Cafe+(ドアーズカフェプラス) / 祖師ヶ谷大蔵" »

2016年3月17日 (木)

Vanitoy Bagel(バニトイベーグル) 国分寺店 / 国分寺


さて、この日は夕方にちょいと時間があったので国分寺へ。2015年に川越発のベーグルカフェができていたのは知っていたのだが、何やらエスプレッソマシンが(良い意味で)斜め上にチェンジされたとのことなのでちょいと行ってみることに。

場所は国分寺駅北口から北東へ5,6分ほど、早稲田実業学校の国分寺街道を挟んだ向かいある一軒のお店…

Img_4034_2
今回はこちら、Vanitoy Bagel(バニトイベーグル) の国分寺店

左手にtakeoutのカウンターがあり、右手側がカフェスペースとなっている。

Img_4035_2
入るとすぐ左手にSynessoのエスプレッソマシンが鎮座。その奥に工房といったエリア。

Img_4036_2
カフェスペースは右手壁面のベンチシートと奥のカウンター席2つで8席程度といったところ。何故かシロクマ、クロクマが居たりとワリと可愛い目に仕上がっていたりする。

この日は平日の18時過ぎ、takeoutでお客さんが時々訪れる中、今回は様子見で…

Img_4039_2
プレーンのベーグルとカフェラテを。ベーグルはモチモチ系、ラテが、ううーん…。

続きを読む "Vanitoy Bagel(バニトイベーグル) 国分寺店 / 国分寺" »

2016年3月15日 (火)

iki ESPRESSO(イキ エスプレッソ) / 森下・清澄白河


この日は朝から隅田川の東の方へピンポイントで。というのも元々かねてから目を付けていた茅ヶ崎にあったコーヒースタンドがそこを引き払って江東区へ引っ越してきたと。比較的長いプレオープン最中でも朝からやっているということなので行ってみることに。

場所は(お店は清澄白河と自負しているが)小名木川の北側、よって森下。商店と町工場が入り組むのらくロード(高橋商店街)に近いエリア。そこの町工場っぽいビルの1Fに入る…

Img_4025_2
今回はこちら、iki ESPRESSO(イキ エスプレッソ)。2015年12月21日にプレオープンしたコーヒースタンドである。入口は右手のドアからだが、左手にtakeoutのコーナーがLA MARZOCCOのLINEAと共に。

Img_4018_2
入るとすぐ左手にカウンターがあり、ベーカリー類や焼き菓子が並べられる。

Img_4029_2
お店自体は奥に長く、余裕のある配置で20数席ほど、左手キッチン裏回りこんだところにも個室っぽいフロアがあったりと、もと町工場っぽいハコを上手くリノベした空間。

この日は休日の9時過ぎ、お客さんは意外にも6割程度の入り。この日は取材が入っていたようで店頭ディスプレイに余念が無かったご様子。

今回は様子見で…

Img_4020_2
フラットホワイトを。豆は茅ヶ崎時代から清澄白河のAllpress Espresso。オセアニア系らしくざっくりとしたテイスト。

続きを読む "iki ESPRESSO(イキ エスプレッソ) / 森下・清澄白河" »

2016年3月13日 (日)

【閉店予定】EARLY BIRD COFFEE(アーリーバードコーヒー) / 新井宿(川口市)


# 2016年12月19日をもって閉店します(お店のfacebookより)
この日は久々に埼玉方面へ。今回は嗜好を変えて埼玉高額、もとい埼玉高速鉄道線方面を攻略。自宅から距離もそれなりにあるのでそれほど数踏めないと見て、まずは新井宿へ。元ネタは最近instagramでお世話になっているこの方からの頂きネタ。

駅から歩くと約20分はかかるので、バスで近くまでアプローチ、そこからグリーンセンター通りを南へ程なく歩くと、川口市グリーンセンターの前のビルの1Fの南端テナントにカフェが。

Img_3998_2
今回はこちら、EARLY BIRD COFFEE(アーリーバードコーヒー)、2015年9月にopenしたカフェである。

Img_4002_2
入ると左手にレジがあり、その奥の窓際にはSIMONELLIのAppiaが鎮座する。左手奥の仕切られた区画にキッチンがあり、正面から奥にかけてちょっとアメリカンチックなテーブル席が22席ほどの構成。

キッチンを仕切る窓の棚部分にはHASAMI PORCELAINと思われる原色系カップが並べられたりと。

この日は土曜の15時頃、お客さんは1組のみ。今回は様子見で…

Img_4004_2
カプチーノSとクッキーを付けて。豆が2種類から選べて今回はスペリャリティ系をチョイス。

続きを読む "【閉店予定】EARLY BIRD COFFEE(アーリーバードコーヒー) / 新井宿(川口市)" »

2016年3月11日 (金)

喫茶Citron(シトロン) / 高円寺(北)


元ネタはinstagramのフォロワーさんの写真から。高円寺に何やら雰囲気良さ気なカフェがopenしたとのこと。写真を見てもピンと来るものがあり、この当時は比較的夜遅くまで営業していたので早速。

場所は高円寺の北西、庚申通り商店街と中通り商店街の間、丁度中通り商店街のカフェP(既訪、波カフェ)の角を北へ折れて程なくの雑居ビルの1Fに一軒BARっぽいファザードを見せるお店が。

Img_3966_2
今回はこちら、喫茶Citron(シトロン)。入口は左の扉から。

Img_3970_2
入ると小さなハコに手前右手側に多数の焼き菓子、ベイクド系スイーツが並ぶ。

Img_3969_2
客席は入って正面の奥の2席と右手キッチン前のカウンター席3席ほどといったこじんまりとした構成。ダーク系を基調とした店内にドライフラワーといったある意味高円寺らしくない店内。

この日は平日の20時頃、お客さんは私だけで、ちょいと甘いものを頂いていきますかね…

Img_3973_2
ホワイトチョコレートのチーズケーキを。

続きを読む "喫茶Citron(シトロン) / 高円寺(北)" »

2016年3月10日 (木)

【電車の見えるカフェ】ONIBUS COFFEE 中目黒(オニバスコーヒー ナカメグロ) / 中目黒


Img_4042_2
元ネタは奥沢のコーヒースタンドのオーナーのinstagramから。東横線の中目黒の線路脇に(単独)2号店を開店すると。写真post当初は詳細な場所が書かれていなかったが、写真の映り込み具合からして一発で住所特定完了。wktkして待っているとopenしたという報が上がってきたので早速。

場所は中目黒駅の南西側、ちょうど中目黒GTタワーの西側にある児童遊園脇にある小さな2階建の建物…

Img_4054_2
今回はこちら、ONIBUS COFFEE 中目黒(オニバスコーヒー ナカメグロ)、中華粥店があった跡に2016年1月21日にopenしたコーヒースタンドである。

大谷石を一部外壁に含めてリノベーションした小屋、カウンターにはLA MARZOCCOのLINEA PBが鎮座する。

Img_4053_2
イートインスペースは店右手脇にベンチがあり、奥の外階段から2Fにも上がれる。

Img_4044_2
1Fの奥にはDIEDRICHのロースターが鎮座する。


2Fに上がると…

Img_4046_2
大テーブルが2つあり、だいたい12席少々のイートインスペース、奥(南側)には黒板があり(後にチョークアートが書かれる)、木造家屋の良さを生かした電球照明と観葉植物が。

そして、ここならではの(私的)最大の特徴…

Img_4047_2
見よ、このトレインビュー。

東横線は、
 ・東急5000系(+デフレ番台、ヒカリエ号)
 ・MM線Y500系
 ・東京メトロ7000系10000系
 ・西武6000系(+黄色い西武6000(2016年3月まで))
 ・東武9000型50070型
の「東横線ダービー」出走馬(ぉぃ)に加え…

日比谷線組の
 ・東京メトロ03系
 ・東武20000型東武20050型東武20070型

と見飽きないほど頻繁に登場する。

この日は土曜の13時頃、お客さんは1Fには頻繁に出入りがあるのだが、2Fは落ち着いた様子。今回頂くは勿論…

Img_4049_2
カフェラテにクッキーを添えて。

続きを読む "【電車の見えるカフェ】ONIBUS COFFEE 中目黒(オニバスコーヒー ナカメグロ) / 中目黒" »

2016年3月 9日 (水)

Cafe なたね / 秦野


Img_3951_2
この日は小田急沿線に所用で。その間に時間が出来たので、以前からinstagram方面からネタ振りされていたお店に向かうことに。場所は小田急線でもかなり西の秦野、しかも大根、もとい東海大学前との間という微妙な場所。

秦野駅から東海大学前に戻るバスに乗り10分少々、今回は秦野街道の新道を通るバスで近くまでアプローチ。小田急線を越え、東名高速の高架の手前のバス停で降りて、旧道を踏切方向へ戻ること少々、旧道に出た山側に駐車場のある一軒家が。

Img_3948_2
今回はこちら、Cafe なたね。入口は庭を通ってまんま家の玄関へ。

Img_3952_2
入ると左手の二間と縁側が客席になっており、右手がキッチンといった構成。キッチンよりの1間には雑貨類の物販もあったりと。

Img_3961_2
全体でテーブル席が14席少々と縁側のローテーブル席2組で18席程度か。住居という香りを色濃く残したハコ。

この日は日曜の14時頃、ランチも終盤なのだがお客さんは8割程度の入り。今回はキッチン寄りの席に座らせてもらって…

Img_3954_2
ゆずのロールケーキを、コーヒーとセットで。

そしてユルユルとしてると…

Img_3958_2
お茶も出てきた(^-^;

続きを読む "Cafe なたね / 秦野" »

2016年3月 6日 (日)

Cafe SchnurrWarz(カフェ シュヌルバルツ) / 三鷹


Img_3942_2
元ネタは確か各種カフェサイトから。三鷹の北のほうにカフェが出来たとのこと。他の方の評判も良さ気なこともあり、ちょうどランチ使いの機会が出来たため行ってみることに。

場所は三鷹駅から北へ伸びる三鷹通り沿い、井の頭通りとクロスする中央通り交差を過ぎてさらに北、N食堂(既訪)を過ぎて程なくのピザ屋の2Fに入るカフェ…

Img_3933_2
今回はこちら、Cafe SchnurrWarz(カフェ シュヌルバルツ)。

Img_3939_2
入ると東西に長い店内で一番西端にキッチンがあり、そこから南側壁にそって全部で22席程度の構成(うち東側(通り側)窓際カウンター席数席を含む)。カウンター席にもペアのソファー席があったりとちょっと小技を聞かせてみつつも、わりと卒ないハコで入口脇の棚にはカフェ本が多数。

この日は日曜の12時頃、だがお客さんは1組のみ。今回は様子見で…

Img_3938_2
ベーコンと白菜のパスタを。

続きを読む "Cafe SchnurrWarz(カフェ シュヌルバルツ) / 三鷹" »

【福島カフェラリーシリーズ2016:その5】Sawa Cafe(サワカフェ) / 新白河


さて、安積永盛から再び東北本線を南下。黒磯に抜けるまでにどこか1つ…と目をつけたのが白河市内。1つのカフェは駅から遠いので駅近でこの日営業時間に間に合いそうなお店を。場所は新白河、駅東口から北東へ歩くこと3,4分ほど、線路を越える跨線道の脇にあるアパートの1Fに入る…

Img_3920_2
今回はこちら、Sawa Cafe(サワカフェ)。

Img_3925_2
入ると板張りの床にused系のテーブル席が12席ほど。白い壁面に観葉植物が配され、店主のイロが色濃く反映される店内。

Img_3922_2
奥にオープンなキッチンがあり、カウンター左手のレジ脇には焼き菓子や野菜が。

この日は土曜の17時過ぎ、閉店時間も近いということでお客さんは1組のみ。今回はお茶使いで…

Img_3923_2
流石にコーヒー連発は辛いので、レモネードを。お茶うけに少々お菓子をつけて。

続きを読む "【福島カフェラリーシリーズ2016:その5】Sawa Cafe(サワカフェ) / 新白河" »

2016年3月 4日 (金)

【閉店:福島カフェラリーシリーズ2016:その4】CAFE BOON COON(カフェ ブーンクーン) / 安積永盛(郡山市)


# 2016/3/22からtakeout onlyとなります→一度復活したものの2016年12月31日をもって閉店しました…(´・ω・`)

Img_3903_2
さて、先のお店から駅に戻って、もう1つのお店を。元ネタはやっぱり福島中通りならこの方なのだが、どうやら金土しか営業していないらしく、上手くタイミングにハマったのでそちらに向かうことに。そのお店は駅前すぐ右手にある…

Img_3915_2
CAFE BOON COON(カフェ ブーンクーン)。

Img_3913_2
元商店っぽいハコをリノベした空間はどちらかと言えば合板を組み合わせ、白を貴重とした空間に。そして古道具と天井から電球が下ろされる、先に訪れたNを意識した雰囲気がちらちらと。

Img_3906_2
奥には居間だった2つのフロアが客席に改装され、ちょっとこちらは暗めの空間に。

この日は土曜の16時頃、元々かき氷がウリのお店だけにお客さんはノーゲスト。今回は様子見で…

Img_3908_2
チャイラテを。しっかりとしたスパイシーな香り。

続きを読む "【閉店:福島カフェラリーシリーズ2016:その4】CAFE BOON COON(カフェ ブーンクーン) / 安積永盛(郡山市)" »

2016年3月 1日 (火)

【福島カフェラリーシリーズ2016:その4】カフェ ニジョウヒピン / 安積永盛(郡山市)


Img_3891_2
さて、郡山から乗り継ぎ、さらに東北本線を南下…といっても1つ先の安積永盛で下車。というのも駅すぐ近くにカフェが2つほどあり、今回2軒目のメインターゲットがかねてから行きつけのカフェというか喫茶の店主から話を聞いていたのと、最近お世話になっている福島や栃木ならこの方の情報を頼りに向かった次第。

駅を出て東へ少々、右に折れて歩くこと程なく、駅前の集落の端の角地に一軒のお店が。

Img_3902_2
今回はこちら、カフェ ニジョウヒピン。事務所っぽいアルミサッシの引き戸を引いて中へ。

Img_3892_2
入ると古民家というか古商店のハコ。いきなりカウンター上に出迎えるのはLA MARZOCCOのLINEA Classic1連、すぐ左手に焼き菓子等が置かれてあり、キャッシュオンデリバリースタイルを取る。客席は右手にも少々あるのだが、急な階段を上がって2Fへ…

Img_3901_2
2Fに上がると昼でもやや薄暗目のしゅっとした中に電球を落とした空間。あ、久々に来たこの鳥肌感覚…。

フロアは概ね3区画に分かれており、東側の一段上がったデッキ部分に6席ほど。

Img_3893_2
西側から南側にかけてテーブル席が10席程度あり、年季の入った板張りの床、白い柱、トタン屋根の天井といった古家屋らしさを残しつつusedの家具で纏められた空間。鋭角地に建っている関係上、奥に行くほどお籠もり感が強くなる。

そしてテーブルはガラス板が置かれ、その下にはアンティーク小物が配される。

Img_3896_2
しかも壁には所々にニキシー管で作られたインテリア小物(特に時計的動きをしているわけではない模様)があり、古さの中にレトロモダンさの要素も。

この日は土曜の16時近く、お客さんが代わる代わる入っている様相で2Fは8割程度の入り。今回はお茶使いで…

Img_3899_2
ながいガトーショコラを。確かに長い。

続きを読む "【福島カフェラリーシリーズ2016:その4】カフェ ニジョウヒピン / 安積永盛(郡山市)" »

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

カテゴリー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30