無料ブログはココログ

Google +1

にほんブログ村

Instagram

にほんブログ村(記事一覧)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月28日 (月)

【秩父カフェラリーシリーズ2015:その1】珈琲とカレーの店 CARNET(カルネ) / 御花畑(秩父)


Img_7359_2
さて、この日は昼前から一気に秩父を集中攻略。幸いにも1日フリーきっぷが夏休みを過ぎてもしばらく使える&今回は大人券単独でも購入出来るということでコレを行使。

池袋から「古い足回りを大切に使いましょう」な特急にのって1時間半ほど、秩父駅に到着。まずはランチということでパフェ部部長からのネタを元に向かったのはこちら。

Img_2334_2
秩父鉄道の御花畑駅の少し東にある、珈琲とカレーの店 CARNET(カルネ)、2015年2月にopenしたカレーと珈琲のお店である。

Img_2336_2_2
入ると一段上がって腰丈から上は白い壁面、その下は統一された淡い木目の家具類やデッキで構成され、左手にキッチン前のカウンター席が5席ほど、正面から奥にかけて16席ほどのテーブル席といった構成。

この日は平日の13時過ぎ、お客さんは8割程度の入りでテーブル席は全部埋まった状態。今回はカウンター席の端っこに座らせてもらって…

Img_2337_2
ポークビンダルーを。

続きを読む "【秩父カフェラリーシリーズ2015:その1】珈琲とカレーの店 CARNET(カルネ) / 御花畑(秩父)" »

2015年9月26日 (土)

【奈良カフェラリーシリーズ2015:その3】cafe ことだま(カフェ ことだま) / 明日香村(岡寺)


この日は奈良の中部、飛鳥方面へ。石舞台等々ウン十年ぶりに観光しつつ、ランチはこちらで…と思ったものの満席ということなので近くの別のお店で取りつつ、お茶時に再びそちらに。

場所は岡寺の参道の少し南、旧家の町家街となる明日香村役場の東側の一軒、暖簾がかかったお店が。

Img_7170_2
今回はこちら、cafe ことだま(カフェ ことだま)、築200年超の元酒蔵だった建物をカフェとした飛鳥地区では有名なお店である。

Img_2305_2
入ると左右すぐに物販のエリアがあり、正面やや右手(写真では左手)にレジとカウンターがあり、その右奥にキッチンがある様子。

客席は靴を脱いで写真右手の方へ。

Img_2304_2
1Fは3間ほどの板間部屋に20席ほどのテーブル席。各所に古道具等が置かれ、2Fへの箪笥階段もそのまま残されている(流石に箪笥階段で2Fへ上がるのは危ないのでその上から階段を設置)。

Img_2300_2
2Fへ上がると板間の座敷席が12席ほど、奥には古いオーディオ機器が置かれ、床の間も特に弄ることなくそのままに。
この日は盆の14時過ぎ、cafe timeスタートのタイミングにて何やら季節限定モノがあるということなので…

Img_2302_2
明日香くだものパッピンス(韓国風かき氷)を。で、デカい。

続きを読む "【奈良カフェラリーシリーズ2015:その3】cafe ことだま(カフェ ことだま) / 明日香村(岡寺)" »

2015年9月25日 (金)

【奈良カフェラリーシリーズ2015:その2 電車の見えるカフェ】Cauda(カウダ(移転後)) / 西大寺


元ネタはinstagramのフォロワーさんから。奈良は富雄の以前訪れたカフェが移転するという報を受けて確認していたところ、7月に移転したということなので今回の帰省に合わせて訪れることに。

最寄り駅は日本屈指のカオス駅、大和西大寺。駅南口から奈良線沿いに奈良方面へ歩くこと7,8分ほど、橿原線のアンダーパスをくぐり、平城宮跡脇の県道に突き当たって南へ行くこと程なく、住宅街の角地に大きなテラス席を持つ一軒家が。

Img_2290_2
今回はこちら、Cauda(カウダ)、かつて富雄のとりみ通りにあり、2015年7月10日に西大寺のこちらへ移転openしたお店である。

Img_2289_2
入口入るとすぐ左手側がレジ、右手に豆売りのコーナーがあり、正面奥にカウンター席が5席あり、カウンターにはサイフォン器具が幾つか並ぶ。奥にあるマシンはLA MARZOCCOStrada EP

Img_2284_2
左手側にテーブル席が10数席、さらに通り側にテラス席が10席少々、入口側レジ後ろには排煙周りをしっかりさせたフジローヤルの大きな焙煎機が。窓の向こうには平城宮跡、その先に近鉄奈良線を走るビスタカー…(って草ボーボーで見えねぇぇ…(´・ω・`))

この日はお盆の平日の15時過ぎ、お客さんは2,3組ほど。今回頂くは勿論…、と思ったがパフェ部発動、

Img_2285_2
期間限定で桃のパフェを。どこまで行っても桃。

そして気を取り直して勿論頂くのは…

Img_2286_2
カプチーノを。これは良い表面張力。

続きを読む "【奈良カフェラリーシリーズ2015:その2 電車の見えるカフェ】Cauda(カウダ(移転後)) / 西大寺" »

2015年9月22日 (火)

【奈良カフェラリーシリーズ2015:その1】cafe PAUSE(カフェ ポーズ) / 高の原(奈良市山陵町)


# 今回から奈良シリーズです(いつも程数はありません…)

Img_7061_2
この日はひょんな野暮用で奈良の北の端、高の原ので昼飯を食いっぱぐれることに。そんな中でカフェを探索すると、すぐ近くに何やらカフェがあるらしい。どうやら営業しているということで、そちらに向かうことに。

場所は高の原の住宅街の南端を走るならやま大通りから南へ平城側へ抜ける道を下ること2,3分ほど、東大寺学園のバスロータリーの西側の地主さんの一軒家の裏手の丘の上にある…

Img_2277_2
今回はこちら、cafe PAUSE(カフェ ポーズ)。

Img_2270_2
入ると板張り、広めのハコに西側全面ガラス張りというか開け広げられる構成のためかなり明るめ。種類はばらばらながらデザイナーズチェアを絡めた27席ほどの構成。右手奥にカウンターが有り、その奥にキッチンといった構成。正面一番奥(北端)にはアンプ類が。

この日は盆明け日曜の12時半過ぎ、お客さんは4組ほどで写真はコレぐらいが手一杯。今回は…

Img_2272_2
ランチの前菜プレート、

Img_2274_2
メインは本日のお肉料理と。ランチはこれか魚料理かを選ぶフレンチっぽいスタイル。

続きを読む "【奈良カフェラリーシリーズ2015:その1】cafe PAUSE(カフェ ポーズ) / 高の原(奈良市山陵町)" »

2015年9月21日 (月)

【静岡カフェラリーシリーズ2015:その3】stationery cafe konohi(ステーショナリーカフェ コノヒ) / いこいの公園(掛川)


Img_2223_2
さて、先のお店から続いて、かねてからInstagramのフォロワーさんから何度となく拝見させていただいたお店を。目指すお店は隣駅なのだが、天浜線は1時間に1本、隣駅まで歩いて20分ほどなので森街道を北西に歩くことに。

最寄り駅はその隣駅のいこいの公園、東側を平行して走る森街道沿いの交差点角にwillcomのアンテナと共に白い板張りの一軒家が。

Img_2225_2
stationery cafe konohi(ステーショナリーカフェ コノヒ)、2014年2月に現在の場所に移転したセレクト文房具店&カフェである。

Img_2226_2
入口入るとすぐ左手に多数のショップカード、先の内扉を入ると階段周りにセレクトされた文房具の数々がダークブラウンの棚に整然と並べられる。

そして一番奥の窓際にカウンター席が6席、左手奥にキッチン、左手手前側に顕微鏡の置かれたちょっとした実験室っぽいディスプレイをした部屋があり、その奥に個室っぽい4席ほど部屋が1つといった、いわば「暗」をイメージしたかのような雰囲気。

そして2Fへ上がると…

Img_2230_2
白い壁面に東西2面窓の明るいフロアに天井から裸電球を下ろし、階段上のカウンター席が2つ、テーブル席が6席といった凛とした空気が漂うハコ。

そして写真右手の奥には…

Img_2232_2
左手に本棚があり、その裏にこれまた個室っぽい4席ほどのローテーブルの部屋が1つといった構成。

この日は平日の日の開店一番乗り、今回はランチ使いで…

Img_2235_2
今回はスープセットで。

続きを読む "【静岡カフェラリーシリーズ2015:その3】stationery cafe konohi(ステーショナリーカフェ コノヒ) / いこいの公園(掛川)" »

2015年9月20日 (日)

【静岡カフェラリーシリーズ2015:その2】自家焙煎珈琲豆 シロネコ / 桜木(掛川)


Img_2215_2
さて、先のお店からちびまる子ちゃんな電車に乗りつつ、再び東海道線に復帰して更に西を目指す。今回は浜松の手前、ちっちゃな城が見下ろす掛川で天竜浜名湖鉄道に乗換。というのも天浜線沿線は何かと良質のカフェがあることをInstagramのフォロワーさんのpostでいくつか確認しており、奥の方(通称天浜西線)まで行くと駅カフェまであるのだが、今回は近場をとりあえず。

Img_2210_2
最寄り駅は掛川から3つ進んだ駅舎とホームが登録有形文化財指定を受けている天竜浜名湖鉄道の桜木、何故か改札でアソパソマソが出迎えているが、それを横目に森街道に出て東へ歩くと程なく現れるお店…

Img_2213_2
今回はこちら、自家焙煎珈琲豆 シロネコ

Img_2216_2
入るとすぐ左手にカウンターがあり、KONOやKaritaのペーパーとともにドーナツドリッパーが3つほど並ぶ。さらにその右手の上に豆の種類が書かれた黒板が。その手前に学校の机椅子等で構成されたカウンター席が2つほど。

Img_2217_2
客席はさらに正面と左手に古家具で構成されたカウンター席とテーブル席が4席ほどといった構成。一番奥には作家さんの衣料が飾られてあったりと。

この日は平日の11時過ぎ、お客さんは他に外回りっぽい常連さんが1人といったところ。今回頂くは勿論…

Img_2221_2
黒猫ブレンドを、深い甘苦系。

さらに今回は…

Img_2220_2
マンゴーシロップのかき氷を。

続きを読む "【静岡カフェラリーシリーズ2015:その2】自家焙煎珈琲豆 シロネコ / 桜木(掛川)" »

2015年9月19日 (土)

【静岡カフェラリーシリーズ2015:その1】洋菓子喫茶 富士 / 新清水・清水


# 今回から夏休み期間中のラリーシリーズです…
Img_2204_2
元ネタは甲斐みのりさんの富士山本から。静岡攻略のネタとしていろいろと集めている最中にカフェラリーの空白域にちょいと気になったお店が。そういえばしずてつも未乗だし、ということで18きっぷで西へ向かう途中に清水で途中下車。

最寄り駅は静岡鉄道の新清水だが、今回は清水銀座商店街を南へ、そして東海道線沿いを西へ歩くこと7,8分ほど。歯抜けになった商店街の1軒の喫茶店がこちら…

Img_6874_2
今回はこちら、洋菓子喫茶 富士。右側のガラスケースは洋菓子、すなわちケーキが並べられる。この日は朝イチでの突撃なのでお店のマダムはせっせと準備中。入口は左から。

Img_2199_2
入るとダークブラウンの壁面にレトロなペンダントライト、右手手前から中ほどにかけてキッチン前のカウンターが6つほどあり、左手にBOXシートの4人がけテーブル席が4組ほど。

Img_2203_2
カウンター席の奥に衝立となるように漫画本がぎっしりと詰められた本棚があり、その奥に中庭に面したテーブル席が16席ほどといった構成。

この日は平日の9時前、後から年配の女性を車で連れてきた常連さんが1組といったところ。今回はモーニング使いで…

Img_2201_2
モーニングのセットを。ナプキンの絵柄の凝りようが泣かせる。

続きを読む "【静岡カフェラリーシリーズ2015:その1】洋菓子喫茶 富士 / 新清水・清水" »

2015年9月17日 (木)

カキノキテラス / 京王八王子


Img_2183_2
元ネタは中央線沿線のカフェサルベージャー氏から。八王子の甲州街道と浅川の間の住宅街の中にカレーカフェが出来たと。しかも古民家ということなのでちょいと夜に行ってみることに。

最寄り駅は京王八王子、そこから北西に歩くこと15分ほど、だが今回はバスで近く(睦橋)までアプローチ。そこから浅川の橋を渡って4,5分ほど、この付近だけ道路が広がった業務スーパーのある住宅街のすぐ近くにぽっかりと明かりの灯る門構えの良いお店が1軒…

Img_2182_2
今回はこちら、カキノキテラス、2015年8月10にopenした欧風カレーカフェである。
入口脇にはサイクルスタンドもあり、チャリダーにも優しいスタイル。入口は右手から入ると平屋家屋手前にウッドデッキ上の大きなテラス席(18席)が広がる。お店自体はその奥。

Img_2185_2
入ると築100年超の大きな古民家の2間の間仕切りを抜いた客席で、庭側に12席弱、中ほどにカウンター席が8席ほど、中央にさらに8席ほどテーブル席が構成され、北側逆L字状にがキッチンスペースとなる(詳細は内装業者さんのページ参照)。

Img_2186_2

この日は平日の19時過ぎ、店内お客さんは5割程度の入りだが椅子席はほぼ満席といった状態。今回は晩ごはん使いで…

Img_2187_2
12品目の旬の野菜カレーを。

続きを読む "カキノキテラス / 京王八王子" »

2015年9月16日 (水)

LINDBERG CAFE(リンドバーグカフェ) / 西府


♪真夜中に、泣きながらドアた~たく~ My friend~♪ ってな前フリで今回のお店。府中の新駅目の前にカフェがあるとのこと。夜もそこそこに営業しているということなので早速。

場所は南武線の新駅、西府。北口のロータリー端にポツンと立つビルの1Fに入るお店…

Img_2171_2_2
今回はこちら、LINDBERG CAFE(リンドバーグカフェ)、2015年4月にopenしたオーナー、店長共に飛行機乗り、元CAがスタッフというお店である。


Img_2178_2
西側から入口入ると右手手前から中ほどにかけてキッチン前のカウンター席が3席ほどあり、その上の液晶テレビにはAir Raceのビデオが流される。左手に大樽にテーブルをつけた円卓のカウンター席が3席ほど。その脇柱に本棚があり、飛行機関係の書籍がずらりと(中には航空特殊無線技士の教科書とか現実味のあるモノだったり)。

Img_2173_2
そしてカウンターの先にあるのがガラスケース内に空港を模したジオラマ(っぽいモノ)に飾られた飛行機のダイキャストモデルの数々(スケールがバラバラなので…(略))。

Img_2181_2
客席はさらにそこから奥にかけて10席ほどといった構成。

この日は平日の19時半頃、お客さんは3組ほどで予約の方がおられたりと。そんなこともあって今回はカウンター席でおとなしく…

Img_2176_2
アボカドバーガーを。

続きを読む "LINDBERG CAFE(リンドバーグカフェ) / 西府" »

2015年9月15日 (火)

Caffe&Bar Aeroporto(アエロポルト) / 多磨


Img_2160_2
この日は所用で西武のはぐれ路線、多摩川線沿線へ。以前訪問したお店が閉店して別の店が入ったということなのでちょいと寄ってみることに。

場所は西武多摩川線の多磨駅、駅をでて正面のレトロな短い商店街を抜けた先にある…

Img_2157_2
今回はこちら、Caffe&Bar Aeroporto(アエロポルト)、11 Undici Caffe(既訪)の跡に2015年春にopenしたカフェである。

Img_2158_2
入ると前のお店のほぼ居抜きまんまという真っ白なハコ。なにせ店頭の行灯もLAVAZZAのまんまである。実質違うところといえば窓ガラスにホワイトペンで絵が描かれているところぐらいか。

この日は日曜日の16時頃、流石にお客さんは誰もおらず、ということでマターリと頂いていきますかね…

Img_2163_2
ラテと自家製ティラミスを。豆は前店と同じくLAVAZZA、マシンはこれまた同じくLA CIMBALIのM39系。

続きを読む "Caffe&Bar Aeroporto(アエロポルト) / 多磨" »

2015年9月14日 (月)

CHIEZO CAFE(チエゾウカフェ) / 東林間


さて、先の調布(国領)のお店から一気に南下。目指したのは相模大野の一つ先、最近カフェネタでは微妙に熱い東林間。橋上駅舎から西出口へ階段を降りるとすぐ左手脇にあるお店…

Img_2137_2
今回はこちら、CHIEZO CAFE(チエゾウカフェ) 、2014年12月にopenした町田の雄、keepwillグループがプロデュースしたカフェである。

Img_2136_2
入ると手前に物販のエリアがあり、キャッシュオンスタイルを取る。そんなこともあってお冷もこちらから。西側入口脇にレジとこじんまりとしたキッチンがあり、そこから東側にかけて北側テーブル席10席、南側カウンター席が4席ほど。

Img_2129_2
カウンター席の奥にはカリモク60Kチェアなローテーブル席(4席)が1組あり、流石keepwillらしいオサレな出来に仕上がっている。

Img_2131_2
また、北側のベンチシートの足元5箇所には2口コンセントがあり、自由に使用可能。

Img_2134_2
そしてその奥中程の通路から奥(駅ホーム側)にもう1つ部屋があり、16席ほどのソファー席ベースの喫煙席という構成。この辺りで元の建物のリノベっぽい所がチラチラッっと姿を見せる。

この日は平日の19時過ぎ、お客さんは2割程度の入り。今回は様子見で…


Img_2130_2
水出しアイスコーヒーを。

続きを読む "CHIEZO CAFE(チエゾウカフェ) / 東林間" »

2015年9月11日 (金)

Holo Holo Cafe(ホロホロカフェ) / 国領


この日はちょいと調布界隈の課題店を。場所は国領の品川通り沿い、イトーヨーカドー南の国領八丁目交差の少し調布寄り入ったところの商店の並びの1軒に入る…

Img_2125_2
Holo Holo Cafe(ホロホロカフェ)、2015年3月下旬にopenしたハワイアンカフェである。

Img_2121_2
入ると明るめのハコに1Fがテーブル席10席ほど、左手やや奥にキッチンがあり、一番奥に雑貨などの物販コーナーが飛行機のギャレーの上にあったりと。

Img_6717_2
入口入ってすぐ左手脇の階段を上がった2Fはなかなかお家っぽくもありカリモク(?)な席を絡めてかなり割とくつろげる空間。

この日は平日の17時頃、流石にお客さんはおらず、ということでマターリとした夕方。今回は様子見で…

Img_2123_2
ハウピアとオリジナルブレンド。ドリップはKONOのペーパー、豆は喜多見のBeans(既訪)から(ソース元)。ハワイコナを含めたブレンドだが、割と飲みやすい方か。

続きを読む "Holo Holo Cafe(ホロホロカフェ) / 国領" »

2015年9月 9日 (水)

【宇都宮カフェラリーシリーズ2015:その3】OVAL COFFEE(オーヴァルコーヒー) / 東武宇都宮(宇都宮市操町)


Img_2096_2
さて、先のお店から続いて今度は一路南へ。途中にわか雨に降られるもののまたまたチャリンコを飛ばすこと15分ほど、お次は宇女高南の昭和通り沿い、タイル張りのビルの1Fの東側に入る…

Img_2095_2
今回はこちら、OVAL COFFEE(オーヴァルコーヒー)。

Img_2098_2
入口を入ると入口の間口と窓からはちょっと面食らう一段上がって板床張りの広めの店内に余裕をもった14席程度のハコ。中央にカートがあり、右手奥にキッチン、その手前にカウンター席といった構成。

Img_2097_2
西側にはちょこっとしたアンティーク系インテリアが添えてあったり、東側に膝丈程度の本棚等があり、視界にそれほど入ってこない煩くない配置。

この日は平日(ただし盆)の16時半過ぎ、奥にいる店主も常連のお客さんもマターリモードで談笑されておられる。今回は様子見で…

Img_2099_2
オーバルブレンド、sweetsと合いそうな割とビター系のテイスト。ドリップはペーパーか、豆は結城の有名店cafe la famille(未訪)にも卸している小山のほろにが(未訪)から。

続きを読む "【宇都宮カフェラリーシリーズ2015:その3】OVAL COFFEE(オーヴァルコーヒー) / 東武宇都宮(宇都宮市操町)" »

2015年9月 8日 (火)

【宇都宮カフェラリーシリーズ 2015:その2】cafe Mario(カフェマリオ)~休みの国~ / / 宇都宮


Img_2089_2
先の宇都宮のお店から続いて、今度は八幡山公園(宇都宮タワーのある山)を挟んで反対側方面へチャリンコを飛ばすこと15分ほど。県庁西側の閑静な住宅街の中に一軒の御宅が。

Img_2088_2
今回はこちら、cafe Mario(カフェマリオ)~休みの国~、築90年近くの古民家をまるまるカフェにした宇都宮ではそれなりに有名な古民家カフェである。

玄関を入って土足のままお家の方へ。

Img_2093_2
入るとすぐ左手にキッチンがあり、正面と右側から奥にかけて全体で43席ほど。奥の押入れと入口右手回りこんだ縁側が上手く個室っぽく4人席だったりと上手く配されている。

Img_2091_2
右手中ほどから奥の部屋(道路側)は雑貨エリアになっており、作家さんの物販もあったりと。右手一番奥一段落ち込んだ部屋にも客席があったりと。

この日は平日(といっても盆)の16時頃、お客さんは2組ほど、窓際ではオーナーらしき方が打ち合わせ中。さて、今回は…って流石にチャリンコぶっ飛ばしてきたところなので暑さに負けて…

Img_2092_2
マンゴーのかき氷を。氷は日光松月から。

続きを読む "【宇都宮カフェラリーシリーズ 2015:その2】cafe Mario(カフェマリオ)~休みの国~ / / 宇都宮" »

2015年9月 6日 (日)

【宇都宮カフェラリーシリーズ 2015:その1】kcucha rismo espresso coffee(クウチャリズモ エスプレッソコーヒー) / 宇都宮


この日は諸事情で18きっぷで日光へ。とその帰りがけに突如スケジュールの空きが出来てしまった…。さて、どうしたものか。宇都宮着は15時頃、盆の始めだしお店の休みも多いがいっちょやってみるか、ということで急遽宇都宮カフェラリーアタックスタート。

ただし基本的にバスでも道路渋滞やらなんやらだし、辺鄙な場所にはバスは来ないし、歩くには距離が長過ぎるという中途半端に長く、かつ細かい足回りが要求される宇都宮市内のカフェラリー。ここで私的カフェラリーではおやくそくの伝家の宝刀、レンタサイクル登場。宇都宮市の交通施策の関係もあってレンタサイクルは\100/日、電動サイクルでも\300/日なので高松市並に安い、しかも21時までとは使い勝手も良い。

ということでラリースタート。西口から北へ自転車を走らせること10分少々、錦小学校の東側の道路にそって2階灰色の建物が。

Img_2084_2
今回はこちら。kcucha rismo espresso coffee(クウチャリズモ エスプレッソコーヒー)。

Img_2087_2
店内手元以外撮影禁止ということなので拙い説明で。この写真の右手に入口入ると、正面にレジがあり、先に席をとってからオーダーに入る。倉庫っぽいハコの2Fの空間の中でキッチンはレジとともに一つの建屋っぽく区切られ、右手から奥にかけて、段差の異なるウッドデッキ上に種類はバラバラながらusedの家具で構成された多種多様なスタイルの席が40席強ほど。さらに左手のベランダにはテラス席もある。

引き戸から見えるキッチン内にあるマシンはLA MARZOCCOFB/80

オーダーしたモノはカウンターに取りに行かないと行けないシステム。今回はラリーの1発目、とりあえずは駆けつけ3杯、もとい駆けつけ1杯ということで…

Img_2085_2
ラテを。豆は確か下北沢のbear pond espressoから。チョコレート系のしっかりしたテイスト。

続きを読む "【宇都宮カフェラリーシリーズ 2015:その1】kcucha rismo espresso coffee(クウチャリズモ エスプレッソコーヒー) / 宇都宮" »

2015年9月 2日 (水)

L'erbolario(レルボラリオ) / 祐天寺


さて、先のお店から続いて、祐天寺の長らく懸案だった(というのも年末に1度中途半端な状態で訪問後、改めてと行ってはみたものの3回フラれた…(´・ω・`))お店を。場所は祐天寺駅から南へ3,4分ほど、東急ステイの少し南にあるちょっと古びた一軒家のお店…

Img_2047_2
今回はこちら、L'erbolario(レルボラリオ)、中目黒の人気カフェL(未訪)の姉妹店で2014年10月頃にopenしたお店である。

中央の古びたドアを開けると…

Img_2048_2
がらーんとした店内に8席ほどの大テーブルが1つ、右手に2席テーブルが1組あり、右手奥には作家さんのバック等が何気にディスプレイされている。しかしながら所々置かれている洋モノアンティーク家具類が親元のお店らしさをチラチラッと彷彿とさせる。

Img_2052_2
正面奥がキッチンなのだが、至って飾らずシンプルなモノ。カウンター上には漬け込みの瓶が並べてあったりと。

この日は土曜日の15時頃、他にお客さんはおらず…、ということで前回から改めてお茶使いで頂きますかね。

Img_2049_2
バナナブレッドとレモネードを。

続きを読む "L'erbolario(レルボラリオ) / 祐天寺" »

2015年9月 1日 (火)

coffee caraway(コーヒー キャラウェイ) / 祐天寺(移転後)


Img_2045_2
この日は目黒区界隈をぐるぐる。まずは夏前に情報を掴んでいた世田谷公園の南の区境近くにあるコーヒーショップが移転openしたということなのでまずはそちらへ。

場所は祐天寺駅東口から商店街を南へ。東急ステイを過ぎたすぐの交差点を左へ入ることほど無く、灰色のビルの1Fに窓が広い灰色の扉のお店が1軒…

Img_2046_2
今回はこちら、coffee caraway(コーヒー キャラウェイ)、2015年8月4日に上目黒から移転openした知る人ぞ知るコーヒーショップである。

Img_2042_2
入ると床のきれいなタイル模様、左手すぐにカウンターがあり、カウンター上にはドリップスケールとKONOのドリッパーが。

客席は右手のカウンター席2つと、奥のテーブル席2席のみというシンプルなモノ。奥突き当りには壁面に4段の木棚があり、上3段は学芸大学のSUNNY BOY BOOKSからセレクトされた古書が並ぶ

この日は土曜の昼下がり時、お客さんは店主の知り合いの方1組(というその方が…(以下略) そんなこともあり写真はこの程度で。)

Img_2043_2
アイスコーヒーを。ロックアイスの入ったグラスに直接KONOのペーパーで落とす、キリッと締まったテイスト。

続きを読む "coffee caraway(コーヒー キャラウェイ) / 祐天寺(移転後)" »

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

カテゴリー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31