無料ブログはココログ

Google +1

にほんブログ村

Instagram

にほんブログ村(記事一覧)

« 【京阪奈カフェラリーシリーズ2014:その9】カナカナ / ならまち(近鉄奈良) | トップページ | 【移転→休業中:京阪奈カフェラリーシリーズ2014:その13】旅と喫茶とカレーと日常 モハキハ / 玉造(その3) »

2014年1月17日 (金)

【京阪奈カフェラリーシリーズ2014:その12】古本と茶房 ことばのはおと / 堀川下長者町・府庁裏(地下鉄丸太町)


 元ネタはInstagramから。フォローしている方の写真の中から、京都にやけにぬこぬこした町家らしい町家カフェを発見。しかも店主の写真のFe分の高いこと。これは…ってことで今回のメインターゲットに決定。

Img_3197_2
さて、先のお店からまずは初詣客で混み合う阪急の「特」に「急」がない特急(今や淡路まで止まっちゃねぇ…)で烏丸まで、そこから市バスで満を持して乗り込み…と行きたかったが、ここから先が失敗。

乗ったバスが12号系統(三条京阪~金閣寺行)というこいつが京都駅発の5系統205系統と並んで「乗ってはいけない」路線と言ってもいいぐらいとんでもない奴で、10分位はふつーに遅れてくるわ、来たら来たで要領の解らない観光客満載、見事にインドの通勤ラッシュ状態。
# ほんと、京都市交通局は大昔からこれを改善する気が無いのは伝統芸能認定でも受けたいのか、ったく…(--〆

途中二条城前でさらに輪をかけた状態乗り降りもままならない状況で遅れること20分ほどでやっと堀川筋の最寄りバス停に着。そこから東へ入ること少々、丁度ルビノ京都堀川の裏手にあたる町家が並ぶ1軒に目指すお店が。

Img_3234_2
今回はこちら、古本と茶房 ことばのはおと。引き戸をがらがら~っとあけると綺麗にしつらえた玄関が。入口は中程の左手を上がる。

# ここからあまりにもネタ要素が多すぎて写真多数失礼

Img_7042_2
そして通り側、玄関間、奥座敷の3間構成の客席は7つほどちゃぶ台がちょこんと置かれ、だいたい14人ほどのキャパといったところ。南側(写真右手)には本棚が並べられ、各間毎に異なるジャンルの書籍がズラリと。

入って真っ先に目を引くのが

Img_7035_2
一番通り側の間のちゃぶ台脇にはNゲージの自作ジオラマが。そして同じ間の本棚はというと…

Img_7036_2
Fe分全開の様相。鉄道雑誌や時刻表は勿論のこと、サボ(行先票)とか鉄コレとか。

Img_7038_2
そして私が座らせてもらった奥座敷の席脇は、文学系とこの変わり様…。

Img_7034_2
京都の冬は奈良同様勿論底冷えする、そんなわけでストーブが置かれ、縁側にはトイレへの道標として小さなにゃんこの足あとが書かれていたりと。というのもお店には猫が居るのだが、そのにゃんこ、ビビりらしく普段営業時間中はめったに姿は現さないとか。

そして、裏庭も手入れが行き届いているのでトイレに行く時も気持ちの良い気分にさせてくれる。

この日はほぼ満席というところで、さて、早速ランチと行きますか。

Img_7040_2
今回はココナッツカレーを。ってメニューをよくよく見ると…

Img_7043_2
おおー、お菓子の福だるまと共に、コーヒーはKAFE工船(既訪)から(ただし銘柄は週替り)ってことでここでまさかのオオヤコーヒ系に出会うとは予想もしてなかった…。

さらにメニューをめくると、男子カフェ部の鉄の掟なモノが。そういえばここのパフェはちょいと一味違うアレ、ということなので「迷ったら両方」、「とりあえず全部」ってことで…



お店データ

古本と茶房 ことばのはおと


大きな地図で見る

所在地:京都府京都市上京区油小路通下長者町下ル大黒屋町34‎
(ぐぐーるさんに検索させるなら「京都府京都市上京区大黒屋町34」)
営業時間:11:30~19:30
定休日:月,火(基本的に祝日に関わらず休み)
電話番号:075-414-2050
http://www.kotobanohaoto.net/
# 全席禁煙

Img_7046_2
そしてこれにお目にかかりたかった。伝家の宝刀、「にゃんこパフェ」。フルーツは季節によってキーウイフルーツに変わったりするが、ちゃんとアイスの頭と体に手も足も付いたカワ(・∀・)イイ!!仕上がり。さらにクリスマス前後には限定仕様となる。

ランチは先のカレーと青春プレートごはんが軸、sweetsに比較的強みがあり、どれを見てもちゃんとそこはかとなく華があるといったイメージ。京都のふつーの町家で本に囲まれながら、そしてFe分を加えつつ頂けるお店。京都のブックカフェならず鉄カフェとしての要素もある穴場である、(個人的にはカッチリしたお店が好みでないせいか)京都では今のところ5本の指に入れたい1店である、オススメ。

---
# 最寄りバス停は「堀川下長者町」(京都市バス)
# もしくは地下鉄丸太町駅2番出口から西へ徒歩約12分ほど

« 【京阪奈カフェラリーシリーズ2014:その9】カナカナ / ならまち(近鉄奈良) | トップページ | 【移転→休業中:京阪奈カフェラリーシリーズ2014:その13】旅と喫茶とカレーと日常 モハキハ / 玉造(その3) »

cafe・京都市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551058/58958597

この記事へのトラックバック一覧です: 【京阪奈カフェラリーシリーズ2014:その12】古本と茶房 ことばのはおと / 堀川下長者町・府庁裏(地下鉄丸太町):

« 【京阪奈カフェラリーシリーズ2014:その9】カナカナ / ならまち(近鉄奈良) | トップページ | 【移転→休業中:京阪奈カフェラリーシリーズ2014:その13】旅と喫茶とカレーと日常 モハキハ / 玉造(その3) »

カテゴリー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30