無料ブログはココログ

Google +1

にほんブログ村

Instagram

にほんブログ村(記事一覧)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月30日 (月)

【南東北長期カフェラリーシリーズ、福島編:その20】DOBAR DAN(ドバル ダン) / 福島


Img_0827_2
福島にいる期間中、出先に通う経路の途中で気になっていたお店を1つほど。

駅の東口から南東へ少し、ふくしま餃子のお店Yの少し南にある渋めの看板、
Img_0830_2
BRITISH TEA ROOM & CLOTHES SHOP DOBAR DAN(ドバル ダン)、ぱっと見た目は紳士服店…ん?レースのかかった部分にテーブル席が。そう、こちらがTEA ROOM側となるちょっと変わり種のお店である。

店内は右側が紳士服というかメンズカジュアルウェアなフロア、左手がカフェというかティールームになる。左手の中央にキッチンがあり手前と奥に客席が、20位あるかなぁ、といったところか。奥には白いグランドピアノが鎮座した一室もあったりと色々と奥深い構成。

今回は奥のカウンター席に座らせてもらって…、ちょっとちゃーしばいてく。
Img_0828_2
今回は普通にディンブラを、クッキー付きで。



お店データ

DOBAR DAN


大きな地図で見る

所在地:福島県福島市早稲町5-21
営業時間:10:55~21:00(火~木)
     10:55~16:00(金)
     12:55~21:00(土日祝)
定休日:月(月の祝日は翌日休)
電話番号:024-521-2005
http://www.dobardan.jp/
http://www.dobardan.jp/category/tearoom

Img_0829_2
この界隈、中合の南側は比較的寂れ具合が半端無く所々更地になってたりするのだが、そんな中でもこじんまりと常に小奇麗にしているのはやはり目を引く。foodはカレーとサンドイッチが少々だが、やはりtea roomだけに茶葉は常時15,6種類は揃える。福島中心部で紅茶メインならほぼ1択と言ってもいいであろう、意外と落ち着いたお店。

2012年7月28日 (土)

【南東北長期カフェラリーシリーズ、福島編:その14】DEN DEN COFFEE(デンデンコーヒー) / 猪苗代


Img_0691_2
さて、お次はお隣のコーヒースタンドへ。名前はDEN DEN COFFEE(デンデンコーヒー)。隣のTARO CAFEのビーンズショップである。

こちらも残念ながら店内全面撮影禁止なのでこれまた説明を。
Img_0698_2
入るとすぐに豆やグッツ類が売られており、その少し奥にカウンターがありキャッシュオン形式を取る。右手の手前側に大きな焙煎機(たしかフジローヤルだった気が)が鎮座した焙煎フロアが。

そして右手に長く大テーブルと長椅子(というか腰掛け程度のもの)が3,4つほど、その奥の窓際にはカウンターがあり、真ん中に特等席のローチェア。その窓からは雄大な磐梯山が一望できる。

今回は誰も居なかったので、ふつーにコーヒーをその特等席で頂く。ちょいと山は雲に隠れ気味だが、なかなかの至福のひととき。



お店データ

DEN DEN COFFEE


大きな地図で見る

所在地:福島県耶麻郡猪苗代町堅田入江村前704-3
営業時間:10:00~18:00
定休日:最終木,年末
電話番号:0242-62-2371
http://www.taro-cafe.com/

Img_0699_2
窓は国道側から中が見えないマジックガラスになっておりハコもコンクリ打ちっぱなしのシンプルながらもさすがTAROらしいセンスの高さを伺える。

勿論コーヒーもなかなかのもの、こちらもTAROに来たら是非行っておきたいお店。例えるなら、湖のTARO、山のDEN DENというところか。一粒で二度美味しいスポットと言っても過言ではないだろう。

2012年7月27日 (金)

【南東北長期カフェラリーシリーズ、福島編:その13】TARO CAFE(タロカフェ) / 猪苗代


# 次は会津方面へ
Img_0647_2
これまた休みの日に会津方面へ。あちらには元々公衆無線LANで盛り上がってた時期がかつてあったこともあり課題店がそれなりにあったりする。その前に気になったお店を猪苗代で途中下車。

Img_0655_2
駅から南へ下ること歩いて約30分ほど、越後街道沿いの猪苗代湖畔のだだっ広い田園地帯にぽつんとあるお店…

Img_0656_2
TARO CAFE(タロカフェ) 、猪苗代湖畔では有名なカフェである。

# 以降店内全面撮影禁止なので拙い説明で
Img_0692_2
お店を入ると奥に長く左手側が定番のテラス席、右手がローテーブルのローチェア席なのだが、テラス席から見渡せる猪苗代湖畔の風景もさることながら、普通の席のオサレ度は都内に来てもでトップクラスではないかというレベルの高さ。木の色とデザイン家具と観葉植物のマッチ具合がなんとも言えない。ローチェア席はたしかカリモク60系。

さて、それなりなエスプレッソマシンを見かけたので…、頂くは勿論ラテを。綺麗なフォーミング。豆は隣で自家焙煎したものを使用している(そのお店は後述)。



お店データ

TARO CAFE


大きな地図で見る

所在地:福島県耶麻郡猪苗代町堅田入江村前704-3
営業時間:10:00~18:00
定休日:最終木,年末
電話番号:0242-62-2371
http://www.taro-cafe.com/

Img_0696_2
猪苗代湖畔というか田園風景のカフェとしては景色も秀逸だがハコも秀逸のレベル。店内写真は他サイトで確認いただければと思うが、やはり有名過ぎる故に色々と制約が増えたようなような気がしないでもない。今回もWi-Fiありという話を聞いていったのだが、現在は止めているとのこと。

個人的には、先述の理由からベスト10には入れづらいのでベスト20になら十分入るお店。猪苗代に来たら「寄り道してでも是非行っとけ!」というオススメの1店。

【南東北長期カフェラリーシリーズ、福島編:その12】コーヒーサロン せいざん / 福島(アンナガーデン)


先のお店が少々消化不良気味だったので、もう1つほどお店を探して見ることに。

アンナガーデンの一番東端、少々目立たない場所にある…

Img_0643_2
コーヒーサロン せいざん。東日本にいくつか店舗を持つ珈琲店の自家焙煎の工房を兼ねたコーヒーショップである。
なお、これの少し手前の谷に同じ系列の茶房があるが、今回はパス。

店内は前のお店よりも年齢層が上がってお客さんが多めなのでちょいと写真は省略。入ると中央に大きく暖炉のようなものがあり、客席が正面と右手奥の2ヶ所に別れる。30席そこそこはあろうか、テーブル席と暖炉を囲んだカウンター席といった構成。入って右手を回り込んだ所にキッチンがあり、右手奥に大きな焙煎機が見える。オーダーはキャッシュオン形式をとる。

さて、今回は…
Img_0579_2
ブレンドを、酸味が比較的あるがあっさりと頂ける。ここはなんとポットで出してくれて2杯強は頂ける。



お店データ

コーヒーサロン せいざん


大きな地図で見る

所在地:福島県福島市荒井字横塚3-246 アンナガーデン内
営業時間:10:00~18:30(4月~11月)
     10:00~17:00(12月~3月)
定休日:金(祝日の場合は営業)
電話番号:024-594-1180
http://www.seizan-coffee.com/publics/index/9/
# 全席禁煙

Img_0644_2
実はこのお店、意外とお値段がお手頃でこれで\300そこそこだったはず。foodは若干の軽食があるが、ケーキセットにしても\600しないのはアンナガーデン内ではかなりお得なお店。焙煎工房が有る割にはコーヒーのバリエーションが貧弱なのはちょっとアレだが、メニューを絞ったからこそ出来た値段と見るべきか。あの界隈ではお手頃な穴場である。

【南東北長期カフェラリーシリーズ、福島編:その11】cafe CHAZA(カフェ チャザ) / 福島(アンナガーデン)


さて、土湯温泉から山を降りてきた時のこと。ちょいと時間を持て余した&前のカフェでとある珈琲店のショップカードが置かれていたのでそのあたりに行って見ることに(結局そのお店は後日改めて行くことになるのだが…)。
Img_0640_2
自治研修センターから広域農道を南へ歩くこと15分ほど、山の麓に突如教会を中心とした一角が現れる、アンナガーデン。その中の1テナントとして入る、cafe CHAZA(カフェ チャザ)。

Img_0641_2
店内は手前にギャラリーと小物の物販が半分ほど、奥に一段上がって欧風アンティーク(という割には別名「茶座」という…なんともな)を散りばめたカフェの客席、右手から外に出ると屋外のテラス席となっている。

今回は店内がいっぱいだったのでテラス席にてちょいと休憩、様子見でアイスラテを。




お店データ

cafe CHAZA


大きな地図で見る

所在地:福島県福島市荒井字横塚3-197
営業時間:10:00~18:30
定休日:不定休
電話番号:024-593-5978
http://www.anna-g.com/chaza/
# テラス席のみ喫煙可

Img_0642_2
このテの施設内店舗なだけにちょいとお値段は強気め。豆は一部京都イノダの豆を使ってるようだが、それ以外がうーん…といったところ。いまいち人が回ってないような所がチラホラ見受けられる。コーヒーだけ飲むならあえてここでというのは少し「?」を付けておく。どうせなら後述するお店のほうが個人的には安いし好みだなぁ…

2012年7月25日 (水)

【南東北長期カフェラリーシリーズ、福島編:その10】珈琲の街 / 福島


# 福島編、まだまだ続きます。
Img_0690_2
先に訪れた置賜町のカフェのすぐ近く、文化通り沿いにもう1つ地元では老舗のお店がある。今回はこちらへ。

Img_0683_2
通り沿いのビルの2Fに入る、珈琲の街。

Img_0684_2
階段を上がって2Fへ。

Img_0689_2
お店は階段が中央にあるためか逆Uの字状になっており、奥にキッチン、ぐるっと階段を回りこんで反対側に客席といった配置。この日も平日の夕方会社帰りの普段使いそうな方がちらほらと。

さて、今回は…
Img_0687_2
コーヒーとチョコレートケーキを。至って普通のチョコレートケーキだがこういう添え物があるとそれなりの心遣いが見えてくる。



お店データ

珈琲の街


大きな地図で見る

所在地:福島県福島市大町2-14 加藤ビル2F
営業時間:11:00~19:00
定休日:なし?
電話番号:024-523-4388
# ちなみに分煙

Img_0688_2
どうやらご夫婦で切り盛りされておられるよう。福島中心部の老舗喫茶店ということで地元では子供の頃からお世話になっているとお見受けする方がちょくちょくおられる。foodも定番どころはそれなりにと使い勝手の良いお店。これからも文化通りの定番のお店として長く続いてもらいたいものである。

【南東北長期カフェラリーシリーズ、福島編:その9】コーヒーショップ サリバン / 福島


Img_0677_2
さて、とある日の夕方、阿武隈川のさらに外側のコーヒーショップへ。

場所は国道4号沿い、弁天山の麓にある
Img_0676_2
コーヒーショップ サリバン、いかにも郊外型コーヒーショップである。

Img_0679_2
店内は実質入って左手手前側と正面から右手奥(国道側)の2フロアに別れ、正面奥にカウンター席が6つほど、あとはほとんどテーブル席で4,50はあろうかと思われ比較的大箱。しかしながらカウンター席には水出しコーヒーの機器が置かれ、おやくそくのようにカウンターのバックヤードにはコーヒーカップとソーサーがズラリと。

# お客さんが結構居られたのでほとんど同じアングルだが…(^-^;

さて、今回はちょいと晩ごはん使いで…

Img_0680_2
サラダ風パスタ。上に乗るのは冷しゃぶ、そして周りにサラダがガッツリと結構なボリューム感。

勿論お後は…
Img_0681_2
ブラジルを。ここはサイフォンで淹れるスタイルなので結構あちぃ。



お店データ

コーヒーショップ サリバン


大きな地図で見る

所在地:福島県福島市渡利字丸滝9
営業時間:10:00~21:30(火~金)
     11:00~21:30(土日祝)
定休日:月.第3火(ただし定休日が祝日の場合は営業、翌日休)
電話番号:024-523-3777
http://www.dip-mpm.com/sullivan/
# ちなみに分煙

Img_0682_2
どちらかと言うとコーヒーショップよりは洋食店的使われ方をしている気がしないでもない。平日の夕方だったが結構晩ごはん使いに車で乗っつけて来られる方が多い。foodはそれなりにボリュームがあり、値段はそれ相応か。それでいて漫画本がそこそこあったりとどことなく郊外系地元喫茶店とコメダ的要素の中間といった雰囲気を感じるお店である。

2012年7月23日 (月)

【南東北長期カフェラリーシリーズ、福島編:その8】珈琲舎 雅 / 福島


福島の中心部にはいくつか自家焙煎珈琲店があるのだが、その中でなかなか落ち着いた(今風といえばいいか)雰囲気を持つお店があると、ソースはmixi方面。

中心部を巡回するバスで市役所の少し北のあたりまで。そこから歩くこと程なく、少し路地に入り込んだ所に門を構える…
Img_0614_2
珈琲舎 雅

Img_0671_2
基本自家焙煎店だけに入って中央と右手がコーヒー豆と器具が並べられており、常時ブレンド、ストレートを合わせて20種類以上あるだろうか、結構幅が広い。

Img_0672_2
そして左手側に少しスペースがあり、カフェスペースを兼ねたちょっとしたギャラリーとなっている。左手の一番奥の棚にはコーヒー本の数々、田口本やら川口本やら(特に北関東系カフェ本では有名な「休日のカフェめぐり」や川口本はほぼ全部揃ってたな…)がメインとお店の雰囲気作りと選ぶ本の種類がなんとなくシンクロしているのが判る。

席数はカウンターが4つ、テーブルが2つ程度と非常にシンプルなもの。しかしながら窓際に木工細工などの小物が置かれてお店のハコに華を添える。

今回はカウンター席で…
Img_0673_2
ちょっと深めに空ブレンドとフィナンシェを。ドリッピングはKONO。



お店データ

珈琲舎 雅


大きな地図で見る

所在地:福島県福島市花園町7-11
営業時間:10:00~19:00
定休日:日
電話番号:024-536-8688
http://www5c.biglobe.ne.jp/~jyajya/
# 全席禁煙

Img_0674_2
豆に加えて器も販売されているようで、どうやら器は益子あたりからセレクトしてきているよう。また、普段使いの豆購入の方もちょくちょく来店されていたよう。カフェ+うつわ+ギャラリーといった、その席数とスタイル故にお一人様向けで静かに頂ける珈琲店である。

# 最寄りバス停は「文化センター入口」(福島交通 1コース大廻りか2コース大廻り)

【南東北長期カフェラリーシリーズ、仙台編:その6】cafe haven't we met(カフェ ハヴント ウィー メット) / 勾当台公園(仙台)【その2】


# 今回は小ネタ

さて山から降りてきて、仙台に来たらやっぱり行っておきたいお店を。
Img_0506_2
国分町のcafe haven't we met(カフェ ハヴント ウィー メット:その1)。

Img_0592_2
今回はレジ脇の席に座らせてもらう。カウンターは見えないけど雨も上がった窓からの景色の明るさと、店内の暗の部分のコントラスト差がオサレ系カフェの魅力を引き立てる。

今回はこれまた一杯ひっかけで…
Img_0593_2
ラテマキアートを。



お店データ

cafe haven't we met


大きな地図で見る

所在地:宮城県仙台市青葉区国分町3-9-2 佐々木屋ビル3F
営業時間:11:00~23:00(月,火,木~土)
     11:00~20:00(日祝)
定休日:水
電話番号:022-212-1755
http://haventwemet.jp/

Img_0594_2
いつ来ても変わらぬ安定感があるのは好感が持てる。勿論お店においてある他のお店のショップカードを色々と探すわけだが、なかなかセンスというかレベルの高いショップカードを発見したので、次はそちらへ…(まだまだ続くよっ!)

# チラシの裏
# どうやら階下のヘアサロンにau Wi-Fiが置かれていてお店でもそこそこ使えるようになっている状態だったり。

2012年7月21日 (土)

【南東北長期カフェラリーシリーズ、福島編:その7】ひさごCAFE / 土湯温泉(福島)


さて、先のお店から再び土湯温泉へ降りてきて、帰りのバス待ちの間にちょいと気になったお店を。

終点のバス停から少し西に、こけし博物館(?)の隣のミニマルなカフェ…
Img_0630_2
ひさごCAFE

Img_0634_2
店内は入って左手側がキッチンと焼き菓子やら小物が色々と、右手がテーブル席で8席そこそこといった非常にこじんまりとしたハコ。しかし温泉街にありながらも観光地のお店っぽくないのが良いところ。
すでにお客さんが居られたのでかろうじて開いている所に座らせてもらう。

今回はちょいと暑かったので…
Img_0632_2
ミントソーダ系を。



お店データ

ひさごCAFE


大きな地図で見る
所在地:福島県福島市土湯温泉町下ノ町13
営業時間:10:30~18:00
定休日:水,木
電話番号:024-595-2635
http://ameblo.jp/hisago-cafe/

Img_0633_2
foodは主にガレットやクレープがメインのようで、sweetsは意外とそれなりに力を入れておりジェラートから焼き菓子などと意外に幅が広い。駐車場がない分その場合近くの場所を借りることになると思われるが、普通のカフェ使いとしても十分アリなお店。他の土産屋やお食事処とは一線を画し、R115で磐梯山から降ってきた時にちょいと寄るのもいいだろう。



<チラシの裏>
Img_0635_2
土湯温泉、実はバス停と川を挟んで反対側の駐車場にWiMAXの基地局がピンポイントで(エリアマップにも掲載がないことから非公式と思われ)設置されており、実際に使用が可能である。おそらく福島交通路線バスに設置されているau Wi-Fiへの対策と思慮される(って東北道から西はここまでほとんど圏外なのだが…(苦笑))。

あと、その基地局の近所の家に住んでるぬこがこれまた人懐っこくて
Img_0563_2
スリスリした上に…ごろ~ん(かわええ…(;´Д`)ハァハァ)

そして来たバスが…ん?どっかで見たことのある中扉折戸の中型。
Img_0638_2
この車内、このモケットとステッカー…、あ!まさしく元トロピカルバスこちらの「関東バスA211,D212「KC-RP211GSN改」→福島交通「1095,1082」」参照)。

とまぁ、こんな感じでネタ満載な状態で山を下っていくのでした。
</チラシの裏>

2012年7月20日 (金)

LATTEST(ラテスト) / 表参道(神宮前)


# 今回は小ネタ

 ちょいと仕事を早く終わった日のこと、表参道界隈のエスプレッソめぐりを。

そんなわけでまだ未訪だったお店に、場所は神宮前ロータス通りというかカフェ通りの中間点、丁度地下にG茶房(既訪、波カフェ)があるビルの1Fに入る…
Img_0446_2
LATTEST(ラテスト)、澤田系列(要するにSTREAMER COFFEE COMPANY系列)の女性バリスタだけのエスプレッソスタンドである。

店内はオーダーした商品のみ撮影可ということで簡単に。ビルの1Fのやや広めのフロアのまるまる使っているので半ばがらーんとした様子。しかしながら中央の大テーブルだったりとか吹き抜け部のカウンター席とかローチェアに小さなテーブルもどきなんかとか、そこら辺はSTREAMERっぽいカラーがあちこちに伺える、全体で20席そこそこはあろうか。
# ただし渋谷のSTREAMER見たくあからさまなコンセントはなし。

今回は手っ取り早く…
Img_0444_2
ラテを。STREAMER系お決まりのフォーミング、そしてやはりどちらかと言うとクリーミーに振れるテイスト。



お店データ

LATTEST


大きな地図で見る

所在地:東京都渋谷区神宮前3-5-2 EFビルディング 1F
営業時間:10:00~19:00(火~金)
     12:00~19:00(土日)
定休日:月
電話番号:03-3478-6276
http://lattest.jp/

Img_0443_2
どうやら波がある(というのもNECのWi-Fiルータが柱脇に転がってた)のだが、PASSが分からないと。このあたりは後日課題ということで(もし使えるようだったら教えて下さいませ m(_ _)m)。
# まぁ、それでなくても吹き抜けに行けば月光茶房の波が使えるのだが(w

それはともかく、渋谷~原宿~神宮前エリアのエスプレッソスタンドの定番として制覇しつつあるSTREAMERグループ。とりあえずこの界隈でエスプレッソ系で一休み、となれば真っ先に候補に上がるお店であろう。

2012年7月19日 (木)

【南東北長期カフェラリーシリーズ、福島編:その6】空cafe(ソラカフェ) / 土湯温泉(福島)


Img_0628_2
元はmixiの福島カフェコミュから。福島市のカフェとして定番のように話題に上るお店だが、あれこれ場所を調べてみると…、むむー、かなりの難所。しかしよーく地図を色々と精査していくと…

「土湯温泉から徒歩1時間以内(!)」 これでターゲットは決まった。しかしながら一部の道が通行止めになっているとか色々と脅されながらもとりあえず決行。

とある日の日曜に朝からau Wi-Fiなバスで土湯温泉へ(福島交通のau Wi-FiってWiMAXが圏外のエリアになるとWi-Fiの電波が止まる仕様なのね…、それはA面blogで後日解説)。

温泉の公衆浴場でひとっ風呂浴びてから、山登り(ふつー逆じゃねーのかと…)、国道の旧道を抜け、車がビュンビュン駆け抜ける新道の脇を歩いたり、そしてダートな道に突入したりと約40分ほど…


森が開けた所にびっき沼と呼ばれる水の澄んだ沼とでっかい駐車場っぽいのが左手に、そして右手の上へ上がるエントランスを登ると…

Img_0617_2
おおー、広場っぽい所にでっかい古民家登場。手前側(東側)の建物はギャラリー、そそくさと真ん中のお店へ。

Img_0623_2
築100年以上の古民家をカフェやらなんやらにしたカフェ、空cafe。2006年openということで地元では有名なカフェである。

Img_0620_2
店内はちょうど土間のエリアを客席にしているためハイヒール厳禁という変わり種。エントランスとレジ周りに小物や手製のジャムやらが並べられ、主に窓際にカウンター席と、テーブル席が合計で30席そこそこあろうか。ただ、このフロアの西隣も客席かイベントフロアになっているようで、お子さん(体験学習の小学生?)も借り出してせっせと準備中。

さて、今回は…
Img_0624_2
アイスコーヒーと…

Img_0626_2
パンプレートを。それほど量は多くないが丁寧に作られた感がよく分かる味。特にネクタリンのジャムは個人的にはハマったな。

青々とした庭を眺めながら、マターリと。



お店データ

空cafe


大きな地図で見る

所在地:福島県福島市土湯温泉町茂田1
営業時間:11:00~16:00 
定休日:不定休(主に日,月)及び冬季(11月~3月) 詳細はblog参照のこと。
電話番号:024-595-2515
http://bikkiyama.com/
http://bikkiv.blog45.fc2.com/

Img_0625_2
さすが有名カフェだけにあれよあれよという間に満席に(車での足回りは非常に良いためだいたい12時前には満席になる)、予約をすればランチボックスもあるよう。(仕事でも色々と聞いているが)福島市内でも例の問題が問題視されるのは駅から東側と(市街地北隣の)信夫山以南の方のようで西の方の土湯温泉側では自然レベル以上はほとんど感知されないとか。

それはさておき、イベントも多数行われており、100年越えのハコを今も維持させつつ、自然の恵みをふんだんに使ったものを頂ける。古民家系はもとより、OZやku:nel系(ってある意味福島の現状と無碍に嫌う層が多いのだが(苦笑))ならどストライク系のお店。そんなわけで磐梯山から福島に抜けてくる時には是非おすすめしたい1店である。



2012年7月現在、R116旧道が路肩崩落で通行止め(場所的にはこのあたり)しているので迂回路を推奨。

今回の徒歩ルートは…

大きな地図で見る
こんな感じでした、というのもトンネルは歩行者通行止めなので…onz。ただしゴルフ場への市道は雨上がりになると洗い越しが多数出てるので注意が必要。

2012年7月17日 (火)

【南東北長期カフェラリーシリーズ、仙台編:その3】cafe Mozart Atelier(カフェ モーツァルト アトリエ) / 仙台


Img_0566_2
仙台シリーズのお次は、前回以降、いつもお世話になっているカレーとパフェの女王様も訪問済みの仙台を代表する系列店の1つ。場所は東北大の裏、広瀬川の崖地に立つ…

Img_0565_2
cafe Mozart Atelier(カフェ モーツァルト アトリエ)。万を持して開店と同タイミングで突撃。丁度開店前にピアノの調律をされていたよう。

その場所の性格上、カフェは階段を降りて地下一階となる。
Img_0568_2
白い壁面に絵画とアンティーク小物と、種類がバラバラながらもセンスの高いチェアの数々。あとからじわじわと来るゾクゾク感。

そして西側に目を向けると…
Img_0567_2
緑のあふれるテラス席から広瀬川が。この日は小雨だったので中の席に座らせてもらう(って中でもいいローチェアだらけですよ、ええ)

Dsc_0282_2
キッチンは入ってすぐ右手にあるが高めに作っており、ローチェアと合わせてそんなに目立つわけではなく、客席のイメージを邪魔しないなかなかのセンス。

さて、ランチは開店時間から少し遅れて11:30からということで、コーヒーを先にいただきつつ、しばしマターリとランチを待ちながら…今回のランチチョイスは
Img_0494_2
パスタを。



お店データ

cafe Mozart Atelier


大きな地図で見る

所在地:宮城県仙台市青葉区米ヶ袋1-1-13 B1F
営業時間:11:30~22:00(20:00?)
定休日:無
電話番号:022-266-5333
http://mozartatelier.jugem.jp/ (グループのページ)
# テラス席のみ喫煙可

Img_0572_2
ハコに関してはB1Fながらもテラス席を上手く使いあまり閉塞感を感じさせない。置いているもののレベルが非常に高く、個人的に例えるなら、白のモーツアルトアトリエ、黒のcafe haven't we met(既訪、今回も訪問なので後程)と文句なし仙台のツートップなお店。比較的大きめのハコと奥のグランドピアノを使ってイベントも多く行われており、(Fe分がある人なら知らない人はいないであろう)マイア・ヒラサワとかもここでライブを行なっている。

ちょいとfoodは見た目よりバリエーション少なめだが、それでいてランチはそこそこのレベルでドリンクついても\1,000でお釣りがくるならハコのレベルの高さを考えると勿体無いぐらい。そんなこともあってか後から続々とお客さんが入って12時ごろにはほぼ満席に、このあたりは有名カフェたる宿命かどうしても子連れ客とかがチラホラ入ってこられる。今度はちょっと時間を外してsweets使いでマターリ行きたいところ、仙台来たなら「まず行っとけ」と推せるお店である。
(参考までに、バスなら片平丁小学校前(仙台市交通局・宮城交通)下車)

# 波(Wi-Fi)は残念ながら一番町のお店と違って白犬偽fonのみという…onz

2012年7月16日 (月)

【南東北長期カフェラリーシリーズ、仙台編:その2】PANCAKE & Cafe 38 MITSUBACHI(パンケーキ&カフェ ミツバチ) / 北四番丁


# 今回も仙台編小ネタ

お次は朝から開いているパンケーキのお店へ北の方へ。市役所や県庁の裏手、北四番丁の交差点近くのオフィスビルに入る…
Img_0558_2
PANCAKE & Cafe 38 MITSUBACHI(パンケーキ&カフェ ミツバチ)。

Img_0559_2
店内はそのハコ故にちょっと窮屈めだが13,4席ほどのこじんまりとした中にかわいい女子系らしいしつらえ。さすがに雨の土曜朝となるとお客もまばらでご近所の常連さんだけといったところ。

さて、今回は…、と思ったら土日祝はモーニングの設定無いのね…(´・ω・`)ショボーン
Img_0562_2
普通にプレーンのパンケーキとラテを。(ドリンクのサーブの音からして嫌な予感がしたが…)うう~ん…。



お店データ

PANCAKE & Cafe 38 MITSUBACHI(ミツバチ)


大きな地図で見る

所在地:宮城県仙台市青葉区二日町12−25 グランディプレステージ 1F
営業時間:07:00~19:00(火~金)
     08:00~18:30(土日祝)
定休日:月
電話番号:0227-21-0238
http://ameblo.jp/buttermilkpancake/
# 全席禁煙
# 注:土日祝はモーニング設定なし、drinkのみの利用NG。

Img_0563_2
パンケーキに関してはバリエーションもそれなりにあり特に申し分ないのだが、いかんせん注釈書きとdrinkがかなりの残念感で片手落ちといったところが。いやいや、確かにパンケーキ専門店を自負するのは解るけどそれなりのバランスがあるっていうもの。どうしても場所故に色々と制約設けたいところは解るが、ちょっとそれは再考の余地があるんじゃないの?とあえてツッコんでおく。

仙台の中では珍しいパンケーキ専門店故にそれなりに人気はあるようだが、今首都圏は恐ろしいほどのパンケーキカフェブームであり、首都圏から有名店が出店されると(先述したように)おそらく…、と色々と(個人的視点として)不安が残る。その点から見直しのない限りはあえておすすめしない。

2012年7月15日 (日)

SUZU CAFE jingumae(スズカフェ 神宮前) / 明治神宮前(原宿)


# こっちも小ネタ

広島の2大カフェチェーン店の片一方、COMPLETE CIRCLEが明治神宮前と渋谷の間にカフェを出店すると、聞きつけたのは6月の中頃、あの系列は「=波」の公式が成立するお店だけに場所を確認して万を持して。

場所は原宿猫道の南端、丁度ctn139系のh(既訪)やアボガド系カフェM(未訪)のあるエリアのビルの3Fに入る…
Img_0506_2
SUZU CAFE jingumae(スズカフェ 神宮前)。

Img_0507_2
店内は奥に長く、南側から見てL字に客席フロアが取られ、主に窓際に座席が取られておるよう。BOX的ソファー席が多数。左手厨房の手前側には半個室的パーティールームもあるよう。全体的に開店して日が浅いため割と店内はSUZUの系列にしてはあっさりとしている。

今回は様子見で…
Img_0509_2
アイスミントティーを。



お店データ

SUZU CAFE jingumae


大きな地図で見る

所在地:東京都渋谷区神宮前5-27-7 アルボーレ神宮前3F
営業時間:11:00~24:00
定休日:なし
電話番号:03-6418-9499
http://www.completecircle.co.jp/suzu_jingumae/
http://r.gnavi.co.jp/a288603/

Img_0510_2
どうやらぐるなびの公式情報によると電源が使えるらしい。訪問後、後日カレーとパフェの女王様情報によると波(Wi-Fi)は導入予定とのことで再訪確定。定評のある&露出度の高いカフェだけに人気店になることは間違いなさそう、ということで今後に期待。

【南東北長期カフェラリーシリーズ、仙台編:その1】LE CIEL CREME(ル シエル クレム) / 仙台


# 今回は小ネタ

福島から仙台というのは非常に近いもので、電車でもバスでも1時間ちょっとで行けたりする。しかもバスは福島交通なら他の2社に比べて懐事情がアレなのでボロいけど庭波(au Wi-Fi)ついてたりする。それで往復\1,800なもんだからJRは対抗でWきっぷ(\1,500)なんてのも出したりと。

そんな前フリはさておき、雨降りしきる中、朝から今回は高速バス(勿論ネタ集めのために福島交通をチョイス)仙台へ。チェーン店でなくてどこか土曜でも朝からやってるお店ないかな…、と見つけたのがこちら、仙台駅近、あおば通すぐの

Img_0553_2
LE CIEL CREME(ル シエル クレム)。

Img_0555_2
店内は奥に長く基本的に地産地消をコンセプトとしたレストランスタイルを取る、そんなわけで店内のしつらえもテーブル席がほとんど。しかしながら日祝以外はモーニングもやるという変わり種、どうやらtea timeもあるよう。

今回は、既に軽くお腹に入れていたので、手っ取り早く
Img_0556_2
ラテを、調べモノがてら片手に。ちなみにモーニングは\450で結構なボリュームがあるよう。



お店データ

LE CIEL CREME


大きな地図で見る

所在地:宮城県仙台市青葉区中央3-1-18 1~3F(3Fは貸切スペース)
営業時間:07:00~25:00(月~土,飛び石の祝日)
     12:00~24:00(日祝)
定休日:年末年始
電話番号:022-399-8368
http://www.leciel.co.jp/creme.php
http://www.hotpepper.jp/strJ000760459/
# 1F喫煙、2F禁煙

Img_0557_2
青葉通のオールラウンダー的カフェレストランとしてそれなりに使い勝手のよさそうなお店。ちょっと仙台でお店に困ったら…、と覚えておいても良い1店であろう、おそらくモーニングは仙台の中で十分評価できるレベルと思われる。

2012年7月14日 (土)

uneclef(ユヌクレ) / 山下・豪徳寺【その2】


# 今回は小ネタ

これまた長期出張前に、あそこのパンでモーニングと行きたかったので久しぶりに。
Img_0389_2
山下商店街の端、緑道脇のuneclef(ユヌクレ その1)。

この日は日曜、そして開店の朝9時を少し回ったにもかかわらず絵になる緑道側の席は既に満席。

Img_0488_2
棚には色とりどりのパンが並べられ、出番を待つ。そして朝から行列は出来ないもののひっきりなしに訪れるお客さんの方々。

今回は…奥のベンチシートにて、
Img_0486_2
ラテとベーコンのクロックムッシュを。相変わらずパンは美味。



お店データ

uneclef


大きな地図で見る

所在地:東京都世田谷区松原6-43-6 #101
営業時間:09:00~18:00(Cafeは~17:00)
定休日:火,水
電話番号:03-6379-2777
http://uneclef.com/
# 全席禁煙

Dsc_0266_2
開店から9ヶ月ほど、地元にも馴染み松陰神社前のSと並んですっかり世田谷線界隈の有名ベーカリーにのし上がった感のある一店。最初確か入口脇のガラス下にある店名はなかったはずだがさすがに付けたよう。いつ来ても清々しく頂け、絵になる一店である。
# ちなみに、モーニング設定はないが、モーニング時間帯のみのパンメニューあり。

2012年7月13日 (金)

【南東北長期カフェラリーシリーズ、福島編:その4】珈琲グルメ / 福島(東)


Img_0541_2
やはり福島のカフェ探索はそれなりに困難を…ということで地元系をしらみつぶしに。

今度は東口の駅近なビルの2Fに入る…
Img_0540_2
珈琲グルメ、地元では老舗の定番中の定番な自家焙煎系喫茶店である。

Img_0542_2
店内は奥に長く、左手が奥にかけてカウンター席とバックに定番のソーサ群、奥は大テーブルにアンティーク系の調度品が適度に並べられ、喫茶店の定番所を押さえた店内。勿論入口脇には雑誌やら新聞はあるのはおやくそく。

奥では仕事帰りにちょいと茶飲み話でうだうだとといった組がチラホラ、一方でお一人様だったり、書類片手に書き書きだったりと様々な様相。

さて、今回は…
Img_0543_2
クラシックチョコと…

Img_0544_2
グルメブレンドを、深煎りでペーパードリップ、目の前で最後カップにコーヒーを注いでくれるというスタンスを守っているらしい。ガツンとくる苦味の後に少々の酸味か。これがまたチョコレートケーキと相性がいい。



お店データ

珈琲グルメ


大きな地図で見る

所在地:福島県福島市栄町7-33 錦ビル2F
営業時間:11:00~22:00(月~木)
     11:00~22:30(金,土)
     11:00~21:30(日)
定休日:なし
電話番号:024-523-4035
http://www.coffee-gourmet.jp/
# 一応分煙

Img_0545_2
地元で長く愛されるにはそれなりの理由があるのか、駅前にチェーン店が蔓延りながらも変わらないスタンスと充実したコーヒーとケーキと洋食のラインナップがそれを裏付けてくれるのかも。ハコもスタンダードな喫茶店らしく雰囲気も良い。福島に来たなら手っ取り早くまず行っとけ、と真っ先に挙げたい1店である。

2012年7月12日 (木)

Cafe & Catering TORi(カフェ アンド ケータリング トリ) / 祐天寺


# 6月の都内ネタも大量に残ってるのでさっさと消化します…
Img_0482_2
色々とお店を調べていて、世田谷区と目黒区の境近くにある某珈琲店C(既訪)の少し先にカフェがあると。なかなか辺鄙なエリアだけに何やら惹かれるものがあるので行って見ることに。

渋谷から東急バス渋31(下馬一丁目循環)で2/3周、お店は寿福寺前のバス停の目の前に有る…
Img_0477_2
Cafe & Catering TORi(カフェ アンド ケータリング トリ)。

Img_0479_2
店内は奥に長く、手前側が12席ほどのテーブル席、中央部にちょっと食材やら小物があったりと。2,3段上がった一番奥がレジとキッチンといった構成。

表のファザードもさることながら、ちょっとしたアンティーク系小物を揃えいい空間に仕上がっている。

今回は手前の席に座らせてもらって…、お茶使いで
Img_0480_2
ベリーソーダを。平日のお茶時に野郎1人でふらっと来てやけに怪訝な顔されたが、まぁ、仕方ないか(^-^;

# それにしても周年記念のショップカードにアマチュア無線連盟のロゴ(OPENの部分)が使われてるのは何か意図が有るのか?!



お店データ

Cafe & Catering TORi


大きな地図で見る

所在地:東京都目黒区上目黒5-12-26
営業時間:12:00~17:00,17:00~23:00
定休日:月,第3日+不定休(詳細はblog参照)
電話番号:03-6452-3583
http://www.cafetori.com/
http://blog.livedoor.jp/cafetori/
# 全席禁煙

Img_0481_2
頻繁にケータリングも行なっているので不意の不定休はあるが、foodにはそれなりの定評があるらしい。どの駅からも遠いが今度はランチ使いで行きたいところ。近くの珈琲店Cと並んでこの界隈で知る人ぞ知る穴場的1店である。

# 波(Wi-Fi)はお店独自のものがあるっぽいのだが(スタッフの顔を見て聞かなかったけど)、座った席の足元にはオールインワンタイプの白犬偽fonセットが…J`・ω・)<Oh, cock....

CHICHICAFE(チチカフェ) / 二子玉川


# 今回は小ネタ
Img_0441_2
二子玉の先のお店でコーヒーを頂いた後は、久しぶりに河原沿いをぷらぷら南へ。

行き着く先は河原沿いの有名オサレ系カフェ、
Img_0436_2
CHICHICAFE(チチカフェ)、かれこれ2年ぶりかな。

席数が10席程度+テラス席が6つほどの小ハコなので相変わらず休日の午後はほぼ満席、かろうじて入口脇の店内側の席が空いていたのでそちらに座らせてもらう。勿論奥のカリモク60な特等席は

今回は、本を片手に…
Img_0346_2_2
オレンジミントティを。



お店データ

CHICHICAFE


大きな地図で見る

所在地:東京都世田谷区玉川1-2-8 (注:Google mapで検索すると「玉川田園調布1-2-8」に飛ばされる)
営業時間:11:00~22:00
定休日:不定休
電話番号:03-6411-7958
http://chichicafe.com/

Img_0440_2
このお店も3周年を迎え、河原に何ができようとも夕暮れの河原の借景とマターリぶりは変わらないモノがある。夜もやってるがやはりここは平日の昼間から夕方が一番合いそう。

# でも、椅子のメンテナンスはちゃんとやってくれぃ…

2012年7月11日 (水)

【閉店:南東北長期カフェラリーシリーズ、福島編:その2】FUNABA CAFE(フナバカフェ) / 福島(東)


# 2014年7月20日をもって閉店しました…

# なんか「そのx」順序が入れ替わってるのは気のせいだ…
Img_0535_2
さて、福島の2店目はちょいと東のほうへ。国道4号線にほど近い路地に青いビルが見えてくるバーガーカフェ、FUNABA CAFE(フナバカフェ)。福島ではわりと知られたバーガーカフェである。

Img_0536_2
お店は下が半地下っぽい駐車場に成っているので階段を上がることになる。店内は2フロアに分かれており、手前側がキッチンの見えるフロア、奥がボックス席を中心とした落ち着いた色合い(写真は後者)。バーガー系のお店というともっとアメリカンっぽい内装や小物が多いのだがこちらは案外あっさり目。

さて、今回は夜ごはん使いで…
Img_0464_2
まずはセットで冷製コーンスープを。

そしてメインのバーガーは
Img_0538_2
サルサバーガーのアボガドトッピングを。サルサの辛さが意外と合う一品。

続きを読む "【閉店:南東北長期カフェラリーシリーズ、福島編:その2】FUNABA CAFE(フナバカフェ) / 福島(東)" »

2012年7月10日 (火)

ELMERS GREEN coffee stand in Cafe Lisette(リゼッタ) / 二子玉川


# 今回はちょっと古い小ネタ

鎌倉のO(既訪)を系列に持つ二子玉川の有名カフェLisetteにてこれまた系列店の大阪北浜のお店(波カフェ、既訪)が出張してくると。Lの豆はメジャーどころ(コクテール堂らしい)だが、鎌倉と北浜のお店は京都オオヤコーヒ(注:2013年3月末で自家製に変更)。勿論頂きに行きます。

Img_0435_2
玉川高島屋南館の裏手、こちゃこちゃっとした所の一角にちょっとOZ系ジョシな区画を作り上げたLisette(リゼッタ)、初期の頃カフェがあったフロアにイベントスペースとして、ELMERS GREEN CAFEが出張、題してELMERS GREEN coffee standである。

Img_0431_2
手前には大阪ではお馴染みのケッタを蹴る子供のロゴに、小さく焼き菓子が並べられ、そして豆は2種類。エルマーズオリジナルなのだが、勿論オオヤなので黒光りするほどの深煎りタイプと中煎りのタイプ(中煎りといってもオオヤの中煎りは…(以下略)。
大阪から出張してきたスタッフが窓際でドリッピングしていく、落とし方はペーパーで。

今回は豆を勿論お土産として、
Img_0433_2
中煎りを。やっぱりこのガツンと来るのが(私感的)オオヤ流。

続きを読む "ELMERS GREEN coffee stand in Cafe Lisette(リゼッタ) / 二子玉川" »

2012年7月 9日 (月)

【南東北長期カフェラリーシリーズ、福島編:その1】ブルービーンズ珈琲 置賜店 / 福島(東)


# 今回から南東北シリーズです

Img_0532_2
さて、新幹線で福島へ(福島までならつばさをあえて選ぶことで電源席の確率がかなり上昇するらしい)。これから1月程滞在することになったのだが、まずは手始めに地元系のお店をどこかないかと探して回る…

# というのも事前調査はしていたが情報がやはり 仙台>(越えられない壁)>郡山>福島 という中でネット上の情報が比較的少ないのが災いして選ぶに足りるお店を見つけられなかった次第。

まずは福島駅東側の飲み屋街の中に突然古風な教会が出現する置賜町、その教会のすぐ南隣にある郵便局のビルの2Fに入る…
Img_0530_2
地元に3店ほどお店を持つブルービーンズ珈琲の置賜店。入口は外階段を上がって上がりきった右手手前にある。

Img_0531_2
店内は窓側にテーブル席が18席ほど、カウンター席が5つほどといった構成。窓は適度に遮られており、カウンターバックには定番のソーサがずらりと。奥には自家焙煎店である故に豆売りもやっており、豆のボトルが多数と電球色がしっくりとハマる落ち着いた空間。

平日なので奥では店主(外人マダム)と常連さんがあれやこれやと茶飲み話。

さて、今回選んだのは、
Img_0440_2
普通にブレンドなのだが、基本が意外にもネルドリップ。味は苦味がささーっとくるタイプか。

そして合わせて
Img_0533_2
(おそらくスフレ系の)チーズケーキを。



お店データ

ブルービーンズ珈琲 置賜店


大きな地図で見る

所在地:福島県福島市置賜町8-30 カスタムビル2F
営業時間:11:30~19:00(月~金)
     12:00~18:30(土)
定休日:日
電話番号:024-522-8867
# 全席喫煙可

Img_0534_2
基本的に福島市街の文化として飲み屋の時間帯とカフェの時間帯は相容れないようで(そもそもカフェ文化が…というのもあるが)ここも御多分にもれず夕方までの営業。しかしながら夜の街の昼の顔的地元系珈琲店としてはなかなかイイ線を行っているのではないかと思う。また店主もなかなか口達者でそんな人柄を当て込んで常連さんが来てるよう。AXCにも同じ系列店があるが、ハコや雰囲気からしてもこちらのほうが格段に上、福島駅前では地味にオススメ出来る1店。

2012年7月 8日 (日)

CAFE VANNIER(カフェ ヴァニエール) / 仙川【その4】


# 今回は(忙しい人のための)30秒小ネタシリーズ
 はい、今年もやって来ました、仙川のこの季節。

Img_0427_2
ちょいと不在にする前に、仙川のCAFE VANNIERでオレンジのかき氷。

相変わらず1人では微妙にちょいと大変な量なのだが、美味なのは勿論変わらず。


CAFE VANNIER (カフェ ヴァニエール)


大きな地図で見る

住所:東京都調布市仙川町1-16-27 新川ビル2F
営業時間:12:30(だいたい)~19:00
定休日:火
電話番号:非公開
http://twitter.com/cafe_vannier
備考:営業時間については当日の店主のtweet参照のこと

Img_0429_2
後はコーヒーを。今回も(たぶん)カレーのクッキーかな、仙川の変化球お店は今年も健在。そろそろ頃合いを見計らってケーキも頂きたいところ、ご馳走様でした(-人-)。

2012年7月 7日 (土)

熊谷珈琲 / 大宮


# そろそろ南東北シリーズを始めます、そのまえにプロローグとしてこちらを。

Img_0525_2
暫くの間福島に行くことになったのだが、大宮から新幹線に乗る前にちょいと大宮界隈の気になっていたお店をピンポイントで。

未だカオスな大宮駅東口の歓楽街を抜け、突然現れる再開発地区の更に奥、南北を突っ切る大宮氷川神社の参道沿いにある珈琲店…

Img_0511_2
熊谷珈琲、熊谷だけに熊がマスコットだが、埼玉の北の方のあそこの市とは関係無いよう。

Img_0512_2
店内は入口手前に喫煙できるテラス席が2つほど、店内は入って左手が厨房になっており、takeoutも出来るよう、右手が10席そこそこの客席でバラバラな種類ながらもなかなかのチョイスぶり、定番カリモク60Kチェアもあるよう。

さて、今回はランチ使いで…
Img_0522_2
アボガドサンドを。肉類が一切無いのですんごくヘルシー仕様。

そして勿論…
Img_0520_2
ラテを。カップは比較的大きめ、豆は修行元の丸山か、ちゃんとミルクミルクしてなくて豆の味もしっかりしてる。マシンは最近変わったらしくレバー式になったよう。



お店データ

熊谷珈琲


大きな地図で見る

所在地:埼玉県さいたま市大宮区浅間町2-46 浅間町ハウス102号
営業時間:10:00~19:00(火~木)
     10:00~22:00(金)
     07:00~22:00(土)
     07:00~19:00(日祝)
定休日:月
電話番号:048-607-5432
http://kumagaicoffee.com/
http://ameblo.jp/kumagai-coffee/

Img_0521_2
コーヒーをいただくとなるとecuteのサザを差し置いてあえてこちらで頂きたい。参道の緑がなかなか頃合いよく、ひっきりなしに常連さんや女性客方々が訪れていた。ご夫婦で切り盛りされているようで、なぜか奥さんがスタバのエプロンをしている(のはアレかな、と思ったらエプロンに何やら書かれているところを見るとステータスホルダーらしい)のはご愛嬌。大宮界隈では(個人的に)1,2を争うとおもわれるなかなか良いお店、オススメ。

2012年7月 6日 (金)

やおまんキッチン / 祖師ヶ谷大蔵


# 今回は小ネタ
Img_0422_2
元はいつもtwitter方面でお世話になっている人から。先に述べた祖師谷の新規カフェのもう1つを。
場所は早々に確認はしていたが、なかなかタイミングが合わず、土曜の開いている段階でなんとか機会を伺って。

祖師谷商店街を上がること5,6分、商店街沿いのマンションの1Fに小奇麗な八百屋が、その奥にある、
Img_0426_2
やおまんキッチン。元々は八百屋だったのだが、お店の建て替えとともにマンションにしてその1Fに八百屋、その中というか脇にカフェを併設した次第。

Img_0423_2
店内は2/3が八百屋、左手奥にカフェがあり、10席そこそこといったところ、北側にテラス席も一応あるよう。

この日は所要で早じまいだったようで…簡単に、

Img_0425_2
アイスラテを。本当はミックスジュースとかあれば、だったのだが。



お店データ

やおまんキッチン


大きな地図で見る

所在地:東京都世田谷区祖師谷4-1-21 祖師谷マンション1F
営業時間:11:30~18:00(ただし土曜は短縮営業多数)
定休日:日祝
電話番号:03-3483-0788
http://www.ulsho.com/yaomankitchin.html

Img_0424_2
基本はランチ推しのようなのだが、いかんせんご近所さん向け平日ランチを重視しているためか平日勤め人にはなかなかハードルが高いように感じる。勿論八百屋らしくfoodは旬の野菜をふんだんに使っているようなのだが、機会があればランチ使いで使いたい所。比較的カフェの存在が目立たないのでいかにして定着するかがミソになりそうなお店である。

2012年7月 5日 (木)

【閉店】炭火焙煎珈琲 いまあじゆ / 経堂


# 2014年初旬頃に閉店したようです
# 今回は小ネタ

 経堂のすずらん通りに渋めの珈琲店があると。以前一度探したことがあるのだが判らずにそのままだったのだが、比較的夜遅くまでやっていることが分かり再び。

Img_0409_2
駅北口のすずらん通り商店街を入って程ないところ、元写真館のアンティークカフェm(既訪)のほぼにある雑居ビルの2Fに入る、炭火焙煎珈琲いまあじゆ。通りにわずかに看板が出ているのみ、しかもビルの2Fの奥に入るので注意して探さないと通り過ぎてしまうほど気づかれにくい。

Img_0410_2
店内は喫茶店の王道をいく渋めの落ち着いた空間。やはり地元系らしくそこそこ書籍がありつつも新聞が置いていたりというのはやはり定番。

Img_0412_2
そしてバックはソーサが並び、手前で若い店主がドリッピングを進めていく…

今回は、
Img_0413_2
ふつーにブレンドを、しっかりとした苦味。

続きを読む "【閉店】炭火焙煎珈琲 いまあじゆ / 経堂" »

2012年7月 3日 (火)

A bientot(ア・ビアント) / 荻窪


Img_0394_2
先に荻窪のカフェ紹介で少し触れたとおり6月に自家焙煎珈琲店が開店するという話を聞きつけて、しばらくの後、そのお店が特定できたので今度はそちらを。

場所は駅の南側、仲通り商店街を延々と下ること5,6分、もうすぐ善福寺川、という少し手前の交差点角に真新しいお店が見える現場はこちら、
Img_0393_2
A bientot(ア・ビアント)。小学校側の路地の窓から大きな赤い焙煎機が見え隠れする。

Img_0398_2
店内は入ると一段仕切りがあり、少し上がって右手奥にカウンター席とキッチン、仕切り裏手にテーブル席、そして入って右手すぐにペア席と20席弱ぐらいだったろうか、シンプルながらもスッキリと纏まった店内。

若い店主がネルでドリッピングを進めていく…

今回選んだのは
Img_0399_2
深煎りロアブレンドを。豆は府中の南方郵便機の系列(のはず)。



お店データ

A bientot(ア・ビアント)


大きな地図で見る

所在地:東京都杉並区荻窪5-10-21 TYビル1F
営業時間:11:00~20:00
定休日:月
電話番号:03-3392-6023
http://www.abientot-cafe.com/
https://twitter.com/#!/abientotcafe

Img_0400_2
コーヒーの種類に関しては10種類そこそこあり、foodもsweetsも少々有るよう。まだsweets等については試行錯誤段階のようだが、なかなか空気づくりが荻窪の南側らしくない(ぉぃ)良さがある。荻窪の新鋭自家焙煎珈琲店として、今後に期待したい1店である。

2012年7月 2日 (月)

dessert cafe yuta(デザートカフェ ユウタ) / 山吹町(神楽坂)


Img_0299
元ネタはtwitter方面でいつもお世話になっている方から。神楽坂の某カフェに行った際に、そういえばこのあたりにもう1つあったよなぁ…、と思い出した次第。

メトロの駅西口から山吹町方面へ、丁度江戸川橋との中間に当たるあたり、1Fに電飾が目立つ黄色いファザードのお店が。
Img_0392_2
dessert cafe yuta(デザートカフェ ユウタ)。

Img_0389_2
sweetsのtake outも兼ねており、店内は奥に長く手前側はテーブル席が2組とカウンター席が4,5つ、離れで奥にちょいと個室っぽい席も有るよう。
基本コンクリ打ちっぱなしの中にぬこ、ねこ、猫…、とお店のページから見ても分かるとおり店主は大の猫好きらしい。

今回は、本来sweetsを頂くべき所なのだがちょいと今回時間があまりなかったので…
Img_0390_2
アイスコーヒーを。



お店データ

dessert cafe yuta


大きな地図で見る

所在地:東京都新宿区山吹町5番地
営業時間:13:00~20:00(takeout 11:00~)
定休日:月
電話番号:03-3267-2850
http://www.dessert-cafe-yuta.com/

Img_0296_2
どうやら後から色々調べてみると店主は元メトロポリタンエドモントのパティシエだったらしい(がぁ~、それを知らずに行ったのはかなり損した…)。この界隈、江戸川橋にかけてカフェは少ない方なのでそういう点では貴重な1店でもある。

# 近所に波のあるBurger店を確認したので、次こそはsweetsを、と。

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

カテゴリー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30