無料ブログはココログ

Google +1

にほんブログ村

Instagram

にほんブログ村(記事一覧)

« 茶亭 羽當 / 渋谷 | トップページ | fete cafe(フェテ カフェ) / 自由が丘(奥沢) »

2012年6月10日 (日)

The Cream of the Crop Coffee(ザ クリーム オブ ザ クロップ コーヒー) 渋谷ヒカリエ店 / 渋谷


# 今回は小ネタ

先のお店から、どーせ渋谷まで来たから時間も微妙だけどあそこなら何とか行けるかな、ということで渋谷ヒカリエへ。

Img_0091_2
ヒカリエの1Fエントランス右手すぐにある、The Cream of the Crop Coffee(ザ クリーム オブ ザ クロップ コーヒー)。元は銀座の輸入チョコレート商社らしく、ここの開店とほぼ同時に清澄白河に工房(イートインも一応できる模様)を作ったよう。

Img_0092_2
店内はカウンター席がエントランス通路側に8席ほど、中央に豆売りのコーナーがあり、南側にカウンターといった構成。
ドリップはドーナツドリップを主としており、実際にこのようにドリッピングしているのを前面に出している。

さて、今回は、様子見で…
Img_0094_2
フツーにドリップのホットを。割に酸味のあるタイプか。



お店データ

The Cream of the Crop Coffee(ザ クリーム オブ ザ クロップ コーヒー) 渋谷ヒカリエ店


大きな地図で見る

所在地:東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエShinQs 1F
営業時間:08:00~21:00
定休日:渋谷ヒカリエ休館日に依存
電話番号:03-6434-1567
http://www.c-c-c.co.jp/coffee/

Img_0095_2
さて、気になることを少々。

ドリッピングをチラッと見てたのだが、はっきり言えばえらく落ちる、というか落とすのが早い。ドーナツドリップといえば、お店で使っているところは比較的珍しい部類に入り、北沢の某有名豆卸Gの系統である浅草のK(「個人的信条により(理由はこれ)」未訪)や喜多見のe(既訪)が挙げられるが、色々お店のページを見ても「なんであえてドーナツドリップにしたのか?」という理由があまり見えてこない。

更にツッコませてもらうと、お店設立背景の経緯からしても「力技的に出来た」ところに何となく個人的に冷めた感が。豆売りの豆も思った以上に高いし、これなら池尻のNとかに行って豆買い付けてきたほうがええんちゃうの?とか思ったりも。

foodは軽いのが2,3あるようで、個人的にはコーヒーを引っ掛けていく程度+ヒカリエの無線LANを使うついでに(笑)ならありだと思うが、それ以上の評価には「?」を付けざるを得ないお店。

# あと、これだけははっきり言わせてもらう、某attic推しの案件といい、最近のK女史のAllAboutの記事は明らかに宣伝色入ってるのが残念感を増している…、書籍は全く皆無なのだが(ぼそっ)

« 茶亭 羽當 / 渋谷 | トップページ | fete cafe(フェテ カフェ) / 自由が丘(奥沢) »

cafe・渋谷区」カテゴリの記事

コメント

今頃コメントつけてすみません。やっぱり早いですよね。ドリップであの量で出てくる早さが不思議でした。近い売り場が化粧品関連なのも香りがわからずなかなか馴染めなくて。

(to 未来-san)
やはりそう思われますか。私も相当数ドリップ系のお店は周ってますが、あれはトップクラス(笑)の速さです。
コーヒー業界から色々言われそうですが、それは革命なのか単に手抜きなのか…。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551058/54929712

この記事へのトラックバック一覧です: The Cream of the Crop Coffee(ザ クリーム オブ ザ クロップ コーヒー) 渋谷ヒカリエ店 / 渋谷:

« 茶亭 羽當 / 渋谷 | トップページ | fete cafe(フェテ カフェ) / 自由が丘(奥沢) »

カテゴリー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30