無料ブログはココログ

Google +1

にほんブログ村

Instagram

にほんブログ村(記事一覧)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月)

【閉店】cafe FINEL(カフェ フィネル) / 和泉多摩川(その3)

Img_0061_2
日曜の夕方にぷらぷらと和泉多摩川へ。和泉多摩川といえば一択・・・

Img_0062_2
河川敷をぷらぷらと下って、秋桜の咲く多摩川河川敷脇のcafe FINEL

いつものようにテラス席が誰かしらくつろいでいて、店内はご近所さんが数人。

Img_0060_2
いつものカウンター席に座って、空いた隙間にちょいと一枚。

Img_0057_2
さすがに16時を回るとsweets系はなかったので、ここで始めてピザトーストを。

そして今日のコーヒーは・・・
Img_0054_2
先週バリに行って来ましてねぇ~(ええぇっ)、とコピバリをマスターお勧めの入れ方で。
# しかも帰ってから自分で焙煎されたとか・・・

続きを読む "【閉店】cafe FINEL(カフェ フィネル) / 和泉多摩川(その3)" »

2011年10月30日 (日)

ORANGE COUNTY(オレンジカウンティ) 経堂店 / 経堂


 いつもお世話になってるお店から、経堂にお店を出したとのこと。プレオープンが10/28から始まったので早速・・・

 駅南口の農大通り商店街を下って〓ショップの角を曲ってすぐ
Img_0138_2
ORANGE COUNTY(オレンジカウンティ)の経堂店。すでに農大通りにはいくつかtakeoutのクレープ店があったので

この日はプレオープン初日ということもあってひっきりなしにお客さんが入れ替わりといった状況。

店内は、オーナーがまだ内装が間に合いませんでした・・・(そりゃ家具群自作じゃ大変だわなぁ・・・^-^;)ということらしくまだ必要最低限といった状況(逆に壁面はギャラリーに使えそうだな・・・)。

この日は・・・

Img_0134_2
生クリームチョコバナナと、コーヒーを。今回はオーナーが作っていただいたお陰でクリームの中でまんべんなくフルーツがいる様子。

続きを読む "ORANGE COUNTY(オレンジカウンティ) 経堂店 / 経堂" »

2011年10月29日 (土)

【閉店】ミシェル喫茶室 / 西荻窪


# 2012/8/26をもって閉店しました(ソースはお店のページより)
Img_0021_2

# 元ネタはtwitterから

西荻窪に波(Wi-Fi)のある喫茶室があると。そんな訳で早速。

Img_0020_2
南口の飲み屋街を抜けて1本めの斜めのスジ、某カフェSがある向かいにあるミシェル喫茶室。間口は狭いが渋い雰囲気を漂わせる。

Img_0022_2
扉を開けると奥に長い店内はアンティーク系でまとめられた家具群が。床に敷かれている一匹もの動物の毛皮なんていうのがもう。(なんだか動物保護団体方面からクレームが飛んできそうだが)

Img_0024_2
本棚には「アンティーク椅子と絵本とカフェの店」を標するお店らしく、長身の女性店主が揃える本はお店の雰囲気とは裏腹に絵本と文学モノが主力。しかし小さいお子様連れはお断りしてるとのこと。

さて、今日は・・・
Img_0026_2
ふつーにコーヒーを。ジャズのBGMをバックにマターリと雨の夜を。



お店データ

ミシェル喫茶室


大きな地図で見る

所在地:東京都杉並区松庵3-39-11 1F
営業時間:11:30~20:00
定休日:月(月が祝日の場合は火)
電話番号:03-5941-9178
http://dog.ap.teacup.com/33911/
http://r.tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13105051/
(ちなみに全席禁煙)

Img_0028_2
アンティーク系の喫茶室としては渋めかつ意外と品の良いお店。店主の映画好きもあってBGMがハマれば結構ハコとしても上々である。foodはキッシュが主力のよう。個人的には好みの部類、西荻の良店の1つ。

---
ちなみに「波」については・・・、店主に聞いた所「諸事情により」使用不可、としておきます・・・。
(設定だったら俺がやってあげるけど・・・ボソッ)

2011年10月28日 (金)

暗渠脇のベーカリーカフェ、uneclef(ユヌクレ) / 山下・豪徳寺


Img_0010_2
元ネタはいつもお世話になってるカレーとパフェの女王様から。豪徳寺の近所にベーカリーカフェが出来るのだとか。早速この方も行かれたようなので、こちらも。

Img_0007_2_2
経堂~山下~梅ヶ丘へ続く北沢川の暗渠、というか緑道と山下商店街が交差する角のマンションの1Fに入るお店、uneclef(ユヌクレ)。パッと見お店の看板が無いので、ん?と身構えるところだが大きなガラス張りの奥から椅子とベーカリーが見えるのでそれと判る。

Img_0011_2
店内は10数席程度と非常にこじんまりとしながらも清楚なつくり、そしてここの主役ははパンと焼き菓子。

さすがに16時を回っていたのでパンがほとんど売り切れていた・・・、とりあえずは
Img_0012_2
チーズ系とラテを。パンはしっかりとモチモチ系、ラテも結構しっかり。商店街の町並みと緑道の小さな緑が意外と絵にハマる。



お店データ

uneclef(ユヌクレ)


大きな地図で見る

所在地:東京都世田谷区松原6-43-6 #101
営業時間:09:00~17:00
定休日:火,第2,4,5水
電話番号:03-6379-2777
http://uneclef.com/

Img_0013_2
どうやらパンのトラフィックが高くて暫くの間はカフェメニューはお休みしてテーブルはイートインスペースとしてbakeryに専念するそう(実はここを訪問した日は開店初日)。

この界隈ではアリそうでなかったジャンルのbakeryだけに、少し北のカフェH(訪問済)のジャンルと見事マッチすることからあわせて行くのもヨサゲと思われる。カフェメニューの復活が待たれるが、普通にオススメ。

2011年10月26日 (水)

【閉店】惜別、nice time cafe / 下高井戸(その2)


# 移転後の富士川町のお店を訪問してきました、詳細はこちら

ちょいと前フリで、イベントネタを。メールで告知の依頼を受けたので。

カフェ好きな人なら既にご存じかもしれませんが、11/5(土)に調布の味スタでイベントがあります。主催は調布の神代団地の中にある手紙舎&ヒバリさんところが333DISCSとタッグを組んでもみじ市を上回るイベントを行われます。

-----------------
カフェ&ミュージックフェスティバル
-----------------
・日時 11/5(土)10:00開場 / 12:00開演 / 18:30終了
・場所 味の素スタジアムオープンスクエア
・チケット 前売券6,800円 / 当日券7,800円
・WEB http://cafeandmusic.com/

6組のすばらしきアーティストと19店のすばらしきカフェが集結。「カフェ」をキーワードにしたオンリーワンのフェスティバルが幕を開けます。
古道具・古本・カフェ雑貨マルシェを同時開催!コーヒードリップ・マスキングテープワークショップも。託児所、こどもの遊び場コーナー、カフェ経営無料相談コーナーも出現!


協賛:味の素ゼネラルフーツ(株)/味の素スタジアム
後援:J-WAVE 81.3FM / レトロ印刷JAM / 調布パルコ
協力:commmons
主催:333DISCS / 手紙社

-----------------
出演アーティストは高野寛、原田知世、遊佐未森などこちらはアラフォーホイホイな世代か。


で、あんたは行くのかって?残念ながら、私は「個人的信条により」行きません。

そもそもアーチスト分お値段上乗せなのでカフェ目的な人には躊躇するのと、出店カフェのラインアップは良さげなのだが、年々参加者が増えるもみじ市+αの人出を考えると、毎日味スタ脇を通って会社に行ってる私としては引いちゃうわけですよ。

そもそも、それぞれのお店の個性はその地にあるからこその味があるからであって、人はあってもモノが欠け、ハコがないフェスティバルには色々と思い入れのあるお店が出展されて居られても疑問を呈するわけです。
手紙舎さんもあの「昭和40年代の公団住宅である」神代団地にあるからこそ味があるわけで、そこを落とすと本来の味を失うと個人的には考えています。

今のカフェに対する祭りっぷりを見ると、第三次讃岐うどんブームを彷彿とさせるわけです。1990年代後半にTJかがわが火をつけて、讃岐うどん王選手権までやったあれ。あの歴史をだいたい集約した映画「udon」、まさにアレですよ。



# 以下、予定どおり2011年10月31日をもって閉店されました。お店自体は山梨の奥地へ、現在のハコはスタッフがベーグル店として引き継ぐようです。

そんな私的カフェ論はさておいて・・・、今回の東北大震災は少なからずカフェ業界にも暗い影を落とし、今もお店を営む方々の心の奥に残っている。

そんな中の1店、下高井戸で10年続けられたお店が2011年10月末をもって今の場所を引き払い、山梨の奥地へ引っ越すとのこと。いわゆるほっこり系カフェの先駆者として場を提供していただいたことに感謝をしつつ、とある方をお連れして急遽。

Img_0074_2
下高井戸の駅近くのnice time cafe(実は3度目。2回目はこちら)。平日の夜に行ってもここ最近は名残を惜しむ地元の方々で満席。

10分そこそこ待って、なんとか空いたところで夜ご飯にありつく。
Img_0087_2
変わらぬ比較的ミニマルな空間と小物。今日はこのお店としては最後のギャラリー展が。

色々と頂きたかったところだが、さすがにラスト近くて今回も・・・
Img_0078_2
カレーを。少々少なめながらも色々と具だくさんのタイココナッツカレー。ここのお店の実力はここから・・・

ついついリーズナブルなので頼んでしまう・・・
Img_0083_2
セットのコーヒー(豆は千歳船橋のあそこ)と・・・

Img_0085_2
チーズケーキのハーフ。オレンジチーズケーキなので結構重そうで重くない、しかもこれだけ揃って\1,500行かないからカフェとしてはお得感満点。



お店データ

nice time cafe



大きな地図で見る

所在地:東京都世田谷区赤堤4-46-6 1F
営業時間:12:00~21:00(注 若干短縮されてます)
定休日:木
電話番号:03-3325-7798
http://www.nicetimecafe.com/
http://ntcmemo.exblog.jp/

Img_0084_2
数少ない下高井戸の名カフェとしてあり続けたことに感謝をしつつ、お店の方々の新天地での反映を祈りつつ、ごちそうさまでした(-人-)

なお、ここ数日非常に混雑している状況なので、事前に予約して行かれる方が吉と思われ。
---
チラシの裏

今のお店のハコ自体は、スタッフが受け継ぎ11月中にベーグル店として再開されるよう・・・

カフェ マメフク / 狛江


元ネタはこの方から。狛江市民センター前交差の角にカフェが出来るらしいと。

開店前の事前偵察を一度経て、開店後にタイミングを見計らってちょっと入ってみる。

Img_0042_2
カフェ マメフク、ほぼその名のとおり「からだにいいもの たっぷり野菜」をコンセプトにしたお店である。

Img_0043_2
店内は20席ほど、わりに卒なくまとめた感があり、店主のカラーが出ているよう。

Img_0044_2
どうやらご婦人姉妹(?)で切り盛りされて居られるよう。メニューを見てるとfoodも優しめ系のものが多いよう。

今回はちょいと後があったので・・・
Img_0045_2
人参ケーキを。



お店データ

カフェ マメフク


大きな地図で見る

所在地:東京都狛江市和泉本町1-35-3
営業時間:11:00~21:00
定休日:日月
電話番号:03-5761-5733
http://ameblo.jp/mamefuku-komae/

Img_0047_2
一言で言えば、ご近所使いのごはんカフェ、的使い方がしっくりくるお店。実際この時間はご飯使いの方が多かったようで、狛江界隈はこれといったカフェが少ない(市役所近くの某hは例外)だけに、今後も頑張っていただきたいお店である。

2011年10月25日 (火)

【閉店済】caffe beanDaisy / 横浜西口【その3】

# 2015/8/23をもって閉店しました…(´・ω・`)

Img_0041_2

# 今回も小ネタ

横浜公園界隈から横浜に戻るのに、最近はJRでなくなぜか市バスの101系統に乗る、というのも岡野町にさっくりと出たいため。そして向かうは・・・

Img_0036_2
南幸のcaffe beanDaisy。というのもとある理由から押さえておく必要があったため。

今回はエスプレッソを引っ掛けていくということでカウンター席へ。

Img_0038_2
勿論オーダーするのは決まっていて・・・・

Img_0039_2
ラテを。おねーさん、えらく自信なさげだったけど、俺的にはその場所にあるカフェがいいんだよって(って言いたい所だが)。



caffe beanDaisy


大きな地図で見る

所在地:神奈川県横浜市西区南幸2-9-9 アネックス横浜101
営業時間:11:00~23:00
定休日:なし
電話番号:045-548-9345
http://beandaisy.jp/

Img_0040_2
横浜西口カオス地帯の上質のエスプレッソを頂けるお店としては鉄板的。今回もfoodはいただかなかったが、このお店はどちらかと言えば場所柄21時を回ると人が増えてくる、というなんともなところなので落ち着いてエスプレッソ頂くならその手前ぐらいが案外ゆっくりと頂けるかも。

---
さて、今回の調査はWi-Fiが入った、という噂をtwitter経由で聞きつけたのですが・・・・、
結果はどうやら近所のau Wi-Fi(含むwi2)の波がえらく強く飛んできている模様。勿論店内でもそこそこ使えるので覚えておいても損はしないかもしれず。

2011年10月24日 (月)

A+K cafe(エーケーカフェ) / 祖師ヶ谷大蔵【その2】


# 2013年11月あたりに閉店したようです(現地報告)

# 今回は小ネタ
 最近仙川沿いの某ホームセンターに行くと帰りにちょいと近所のお店に寄るのだが、いつも決まって祖師ヶ谷大蔵、しかも南側界隈のお店を選ぶことになる。今回は久しぶりにその一番近いお店を。

Img_0004_2
A+K cafe(1回目はこちら)

テーブルの各席に扇子が配され、なるほど、風流な節電ということで・・・。

今回は・・・
Img_0001_2
おちゃらかのシリーズ、ラ・フランスを。



お店データ

A+K cafe


大きな地図で見る

住所:東京都世田谷区砧7-12-26 1F
営業時間:10:30~20:00
定休日:火
電話番号:03-3416-3909
http://akcafe.blog.ocn.ne.jp/

Img_0005_2
相変わらず商店街の南端ということで地理的不利面はあるが、ベタ臭い地元系にはないスッキリ系カフェとして普段使いで使ってるところ。ちょいと気を整えて本を読みたいときには選びたいお店だったりもする。

2011年10月23日 (日)

【移転】Cafe tint(カフェ ティント) / 上北沢

# 2013年8月に下北沢へ移転しました

元ネタは某店舗デザイン会社blogから。場所は有名ベーグル店を線路脇に抱える上北沢。

駅近くの踏切から南に下ること少し、ビルの地下へと下る入口脇にペイント板で作ったディスプレイがあるお店、
Img_0079_2
Cafe tint(カフェ ティント)、たしか以前夜カフェFがあった場所。

Img_0081_2
店内は事前情報でだいたい知っていたのだが、地下店舗にもかかわらずほぼ白一色といった風合い。そこに店主の好みか小物がこの方の言葉をかりるなら「メルヘンカフェ」に仕上がっている印象を受ける。

さて、秋だしねぇ・・・
Img_0083_2
今回はさつまいものミルクセーキを。ん、ちょいと芋がストローに引っかかる・・・・。

続きを読む "【移転】Cafe tint(カフェ ティント) / 上北沢" »

2011年10月22日 (土)

オフィスビルの鉄カフェ、Cafe & Bar STEAM LOCOMOTIVE(スチームロコモティブ) / 有楽町


 とある日の午後にちょいとネタカフェを探すことに。で、相手が相手だけにちょいと思いついた場所を・・・、場所は有楽町の駅前のビルの1F、

Img_0061_2
Cafe & Bar STEAM LOCOMOTIVE(スチームロコモティブ) 、その名のとおりFe分豊富なお店である。運営は鉄道模型店ではそこそこ名の知られたポポンデッタ

Img_0062_2
入口こそ鉄道グッツが幅を利かせるが、奥はNゲージのジオラマを据え、周りに客席といった構造。勿論子供にも配慮して近くで見えるような高さに設定されており、場所によっては踏み台もあったりする。レイアウトの中で走る車両は今回は新潟色が強いものが多数・・・、ん?

Img_0066_2
お、食パン

店内は親子連れが・・・、とおもいきやこの日はちょうど近所の日比谷公園で鉄道フェスティバルがあったので後半になるとそっち系の方がチラホラ。

Img_0063_2
今回はあっさりとアイスラテを。こちらではキャッシュオンデリバリーを取るスタンス。



お店データ

Cafe & Bar STEAM LOCOMOTIVE(スチームロコモティブ)


大きな地図で見る

所在地:東京都千代田区有楽町1-12-1 新有楽町ビル1F
営業時間:11:00~23:00(月~金)
     11:00~22:00(土)
     11:00~20:00(日)
定休日:不定休
電話番号:03-3211-0610
http://www.steamlocomotive.jp/

Img_0064_2
foodメニューもそれなり、夜になればアルコールもあるようだが、個人的受けとしては基本的には「ネタカフェ」的扱い。昼間は子連れでも安心して連れていける(ただし値段は普通の非チェーン店なカフェ並)ので話のネタにはなるお店ではある。

---
なお、波(Wi-Fi)についてはビル内通路にMzone,フレッツ・スポットの共用APがあるのでそちらが使用可能

2011年10月20日 (木)

【閉店】HAKKA CAFE / 本八幡


# 2012年6月末をもって閉店しました

Img_0048_2
さて、本八幡でかねてから課題店として残していたお店を1つ。元は北口のマンションの1Fにあったのだが、数年前に南口の雑居ビルの地下に移転したお店・・・

Img_0046_2
HAKKA CAFE、どうやら聞くところに寄るとサッカー解説者の松木安太郎氏のご夫人のお店らしい。確かにイベントがやはりサッカー系が多いのも納得できる話。

階段を降りた重い扉を開けると・・・

Img_0050_2
そこはババーンと開けたライブスペース的なところにデザイナーズチェアといった構成。そこそこイベントも出来るステージもある。そんなわけで椅子の配置も結構余裕がある。他にお客はどうやら千葉のカフェ巡りっぽいねーちゃん方々と、といった様子。

今回は・・・
Img_0051_2
ふつーにカレーを。





大きな地図で見る

所在地:千葉県市川市南八幡4-4-5 ウインズ本八幡B1F
営業時間:11:30~15:00,15:00~23:30(月~金)
     11:30~23:30(土)
電話番号:047-376-0010
定休日:日
http://www.hakka-cafe.com/

Img_0052_2
千葉西部界隈の駅前カフェとしてはそこそこ、といったところであろうか。雰囲気的には下北沢のアジトっぽいカフェ某Fが近いか。まぁ、元々この界隈のカフェとしては先に訪れたK以外はこれといったお店が無いのでそういう選択肢になるのだが。イベント使いとしてはそこそこイケそうなお店ではある。
(ただそれ以上でもなくそれ以下でもなく・・・)

---
肝心の目的であった波(Wi-Fi)は移転前はあったようだが、移転後に「非開放」になりました・・・・onz

2011年10月17日 (月)

本八幡の良心、CAFE螢明舎 八幡店 / 本八幡・京成八幡


 さて、京成中山から移動すること数駅、この界隈に来ればやっぱりここは行っておきたいお店に。

 現在押上のツリーのお陰でますます小さく見える本社ビルから絶賛移転工事中の京成電鉄新本社脇を抜けてJR本八幡へ向かう道の途中にあるお店・・・
Img_0041_2
CAFE 螢明舎の八幡店。(実は再訪)

店内はオーダーもの以外ほぼ撮禁なので拙い解説を。雰囲気的には喫茶店だが目の前にカップが背面にずらっとカウンター席、左右にフロアが仕切りのあるフロアで客席が2,30程といった構成。フランス系洋風チックもあり気品の高さを伺わせるが、長年の紫煙の中でちょいと年季がはいりつつ、そして入口脇には新聞と気取らない雰囲気も見て取れる。

今回もカウンター席の端に座らせてもらって・・・、上を見上げてみると、以前見たゴルフ場マップがさらに黄色くなってることが前回来店時からの時の経過を伺わせてくれる。

それでは、ちょいと一杯引っ掛けますかね・・・
Img_0043_2
(たしか)ロアブレンドを頂く。ここのお店のコーヒーは比較的重みを感じる味。



お店データ

CAFE螢明舎 八幡店


大きな地図で見る

所在地:千葉県市川市八幡2-4-9 かんていビル2F
営業時間:10:00~23:00頃
定休日:無
電話番号:047-336-3545
http://cafe-keimeisha.jp/

Img_0044_2
個人的に、お店の良さというのは3要素あって、味とハコ(含むロケーション)と人と考えてる。この3つのバランスが上手く揃えばイイお店と考えてるし、少々1つが弱くても他で補えるものがあればそれなりにイイお店ではある(ただし立川の某Sの様に1つが極端に悪いのは論外だが)。このお店の場合、元々京成線沿線に良質のお店が少なにこともあるのだが、ある意味喫茶店らしいハコとコーヒーが上手くハマったお店であり、このあたりに来れば是非訪れたいお店の1つにしている(店主ちょっと怖いけど)。

煙に巻かれるのを覚悟の上でだが、奥のテーブル席で大人の会話にふけるのもよし、カウンターにて1人で頂くのもよし、そんなシーンが結構サマになる千葉県総武線界隈では数少ない良店である。

2011年10月16日 (日)

Big Dipper(ビッグディッパー) / 海浜幕張


海浜幕張へお出かけ、いうとたいていメッセで展示会を見ることになるのだが、そこで非常に困るのが「昼飯」。メッセ内のメシはチェーン店でかつ4桁越えが当たり前、周辺のお店はチェーン店ばかりで芸がないとビッグサイトより質が悪い。そんなわけでカフェブロガーとしては変わったところを探すことになるのだが・・・、海浜幕張では「ほぼ一択」になるこのお店へ。

メッセから元堤グループ現帽子社長のホテルの脇を通りすぎて歩くこと15分ほど、幕張新都心の東隣のマンションが並ぶ住宅街の中、ベイタウンモールのバレンタイン通り(勿論、あの元監督の名前からのネーミング)のマンションの1Fに入るお店・・・
Img_0024_2
Big Dipper(ビッグディッパー)。

Img_0023_2
店の前の道路(どうやら路駐出来るようになっているらしい)の車列で嫌ぁ~な予感がしたが、(写真は客が引いてから撮影)店内は2~30席程度なのでほぼ満席、テラス席にも人が出てくる状況。

流石同じサイトで家具類の通販をやってるだけあってデザイナーズチェアを多用したオサレ系か。

さて、今回のランチは・・・
Img_0018_2
鶏と玉子のライスと・・・

Img_0021_2
ラテを。これで\1,000ちょっと越え、でもメッセで頂くよりはよっぽどマシ。



お店データ

Big Dipper


大きな地図で見る

所在地:千葉県千葉市美浜区打瀬3-6 ミラマール1F
営業時間:11:00~23:00
定休日:水
電話番号:043-276-2731
http://www.big-dipper7.com/hp/
http://bigdipper7.blog112.fc2.com/

Img_0022_2
この界隈では「非常に珍しい」独立系オサレカフェ。そんなわけで地元民にも重宝されているようで家族連れの利用も多い。それでいて昼から夜まで万遍なくカバーできるのだから必然的に人は集まる。個人的には海浜幕張なら「ここしか無いやろ」というほぼ一択にしても良いお店である。

2011年10月13日 (木)

hotto cafe(ほっとカフェ) / 向ヶ丘遊園


# 先のお店から続いて・・・

Img_0008_2
先のお店に行く前に、区画整理の後の道沿いにできたマンションの2Fに入るお店の存在に気づいたので、先のお店の訪問の後にちょいと覗いて見ることに。

Img_0007_2
先のお店(N)のすぐ近所にあるカフェ、hotto cafe(ほっとカフェ) 。

Img_0009_2
15,6席そこそこのこじんまりとした店内ながらも場所の特性を生かして踊り場にテラス席を設けたりと。ここでは意外とご近所さんが多数でほぼ満席といった状態。

厨房にLA MARZOCCOのLineaシリーズがあったのを確認したので・・・
Img_0010_2
様子見でラテを。手作りっぽい陶器のコーヒーカップでちょいとお茶。



お店データ

hotto cafe(ほっとカフェ)


大きな地図で見る

所在地:神奈川県川崎市多摩区登戸1831番1 メビウス102
営業時間:10:00~19:00
定休日:月,第3火
電話番号:044-299-8229
http://hotto-cafe.com/
# ちなみに全席禁煙

Img_0012_2
こちらはどちらかと言うとテーブル席が主で地元系的要素が強い傾向がある。ウリはサイホン式のコーヒーなのだが、レンタルカフェとしての営業も出来るよう。drinkやsweetsに関してはこちらも都内ほど高くはなくそこそこ頂けるのはこのあたりのカフェとしての共通事項か。ただしfoodはこちらのほがしっかりしてそう。結果的にはシーン別に使い分けることになるのだがこちらはどちらと言うと2,3人向けといったほうがしっくり来るお店である。



# 波に関しては、どうやら近所のfonが余裕で拾える状況である。

2011年10月11日 (火)

cafe niko / 向ヶ丘遊園


# 今回は登戸界隈シリーズ

向ヶ丘遊園の某カフェが閉店して気落ちしてたところに、北口側の方に新鋭カフェがいくつかあると。比較的砂漠地帯だったこのエリアだけにちょいと期待して行ってみる。

Img_0006_2
場所は多摩区役所の東向かい、アパートの1Fに入る三連引き戸の扉が印象的なcafe niko。すりガラスなので中の様子はわからない、思い切ってがらがら~っと。

Img_0001_2
奥に細長い店内は淡い目の配色で結構ゆったり座る系統の1シータのチェアがほとんど。そんな中でゆったりと本を読めるようにライトはアームの長いものを用意している。

とりあえず一番入口側の席に座らせてもらって、何やら窓際に貼ってある白犬偽fonのステッカーが鬱陶しいが、それはさておき、今回は・・・
Img_0004_2
(多分)タンザニアと・・・

Img_0003_2
お茶うけにクッキーを少々。

扉に日が差し込む中でマターリ過ごす午後のひととき。



お店データ

cafe niko


大きな地図で見る

住所:神奈川県川崎市多摩区登戸1820 藤和第1コーポA棟101
営業時間:10:00~20:00
定休日:水
電話番号:044-900-6021
http://cafe-niko.com/

Img_0005_2
場所的には北口となり南口と比してちょいと人がまばらになりがちだが、この界隈ではカフェそのものが珍しいので貴重な存在。店主(男性)が1人でやってるらしく、置いてる本にもその片鱗は伺えるのだが店内はいたって中性的。foodは基本軽め、コーヒーはスペシャリティ系を使用している一方、全体的にそれほど高くないので、1人でお茶をのみながら本を片手にマターリするには好都合のお店である。

# はぁ、波(Wi-Fi)が汎用性のないソフトバンクWi-Fiの偽fonじゃなきゃぁなぁ・・・(個人的にはそれだけが残念)

2011年10月 9日 (日)

honohono cafe / 新高円寺(高円寺(南))


 元ネタはこの方の旦那から。前々からルック商店街に新しいカフェができますよとのこと。ちょいと思い立ったので行ってみる。

 先に少し南の某コーヒースタンドaで一杯引っ掛けてから・・・(ここのエスプレッソは手軽で重宝する)・・・、
Img_0070_1
(ごめんなさい、非力なマシンで手早く撮ったらこんなのしかありませんでした・・・onz)ルック商店街を少し北に上がり、下り坂に入りかける頃に現れる2011年9月にできた新しいお店、honohono cafe(ホノホノ カフェ)。

この日は21時時近くになっても1F(喫煙)が満席だったので、普段は21時までの2F(禁煙)に案内される。
(2Fからのオーダーは駒沢の某aみたくインターホンで注文する。あの階段で頻繁に登り下りするのは厳しいだろうなぁ・・・)
Img_0081_2
2Fは少々趣が異なり、一軒家の性格を色濃く反映したフロア、通りと反対側の奥は座敷になり、あとはソファー席といったゆったり空間、窓際の席からはルック商店街を見下ろす風景。

それでも8割方埋まってるのだが、適当な間隔と配置と観葉植物でそれほど気にならず。そんなわけで頂くのは・・・
Img_0073_2
ちょっと嗜好を変えて、ベトナムコーヒーと・・・

Img_0079_2
フルーツ系パンケーキを。この組み合わせで4桁は行かない値段だから結構お手頃。



お店データ

honohono cafe


大きな地図で見る

所在地:東京都杉並区高円寺南3-21-19
営業時間:11:30~23:00
定休日:不定休(8日に1日のサイクルらしい)
電話番号:03-3318-5100
http://honohonocafe.com/

Img_0075_2
高円寺ではいくつかある一軒家カフェの中でもそこそこまとまりのあるお店。雰囲気もそれなりに良く開店して期間もないうちに人気店となりつつある。昼も昼でそこそこ良さげな様子をみると、ソファーでまったりと過ごす一軒家カフェ、というのが当てはまるか。個人的には高円寺では良店の部類に入れたいお店である。

2011年10月 5日 (水)

fato.(ファトカフェ) / 中村橋


Img_0009_2
江古田で昼飯を終わった時でもまだ時間があったので、ここまで来たからにはあのお店に行っておく。目指すは中村橋。

Img_0008_2
中村橋駅の南東側、ミ●●彡(トロッピー --> トロピカルバス -->関東バス)が終点へ珍走する一方通行の道沿いの水色のアパートに入るカフェ、fato.(ファトカフェ )練馬では異色のほっこり系である。

この日はイベントがあって開店は14時から、にも関わらず電信柱の影から 柱|・ω・`)ソーッ… と開店時間を伺う2人組がいたり、かと思えばいかにもな年齢層なねぇちゃん方々がワイワイと開店時間を狙って駅から来る。

そして、14時。openと共に・・・予約席を覗いて一気にほぼ満席に。
Img_0011_2
店内は南側にテーブル席が10席ほど、中央にカリモクなロビーチェアを配した席、北側にカウンター席が3席ほどと比較的シンプルながらも非常にこじんまりしたもの。

Img_0013_2
カウンター席周りにはアンティーク系小物とご近所手作りお菓子など。

さて、頂くは・・・
Img_0016_2
番茶ラテとあんみつを。器と敷物がこの層のツボを突く。



お店データ

fato.


大きな地図で見る

所在地:東京都練馬区中村北2-26-6 
営業時間:10:00~18:00(日~火,木.金)
     10:00~21:00
定休日:水
電話番号:03-5936-5512
http://fato.ciao.jp/
http://happy-bagel.cocolog-nifty.com/blog/

Img_0021_2
地元の食材を使いつつ、ナチュラルヘルシー系かつ柔らかいデザイン、ku:nelやリンネル系のジョシにはストライクゾーンであろう、お値段もそこそこ手頃なのも嬉しい。行くなら1,2人で平日午後にまったりと本を片手におやつを頂くのがベストか。練馬にはあまりない毛色のお店であることもあり、人気店であることも頷ける、素直にオススメ。

2011年10月 3日 (月)

Cafe & Restaurant PEACE / 江古田


とある日の昼に豊島園から出てくる人を待ち構えることがあって、練馬周辺のカフェでしばらく時間を潰すことに。

そんな中でランチを・・・、と選んだお店は、
Img_0002_2
江古田駅の北口の日大の西端の交差点近くにある一軒家カフェというかイタリアン、Cafe & Restaurant PEACE(ピース)。この界隈ではあまりにも有名である。

恐る恐る覗いてみるとどうやらかろうじて空いてたようだったので・・・
Img_0004_2
階段脇の残りの席に座らせてもらう。

Img_0006_2
ウッドデッキな店内と、ちょいと年季の入ったアメリカンチックなアンティーク系小物の目立つ店内。でもここのfoodはイタリアン。場所柄ほとんどが学生っぽい。

そんなわけでランチは・・・
Img_0007_2
ナポリタンと鳥のハーフをワンプレートで。これまたご飯の上に「ガツン」と乗ってくるのでfoodのHeavyなこと・・・。



お店データ

Cafe & Restaurant PEACE


大きな地図で見る

所在地:東京都練馬区小竹町1-57-2
営業時間:11:30 ~ 16:00,16:00 ~ 23:30
定休日:不定休
電話番号:03-5966-1567
http://www.peace-peace.net/
http://peacenews.exblog.jp/

Img_0005_2
昼はガッツリ学食メシ、夜はゆったりイタリアンといったところ。代々木上原の某L(未訪)に端を発するお店らしくそこそこのfoodがそこそこお手軽なお値段で頂ける、勿論カフェ利用もOKらしい。そのボリューム感もあってか昼は待ちが発生するほどなので覚悟の程を。少し客が引けば2Fはいい雰囲気になるであろう。

2011年10月 1日 (土)

Dexee Diner nerima(ディキシーダイナー 練馬店) / 練馬


# 今回は小ネタ

練馬消防署裏の某カフェに行った後、少し間が開いたので練馬駅界隈のお店を探すことに。
で、目星をつけて探したのはいいのだが・・・・練馬駅界隈でウロウロすること15分、まさか・・・、と思って見つけた場所が都営大江戸線との連絡通路の途中にある・・・
Img_0026_2
Dexee Diner nerima(ディキシーダイナー 練馬)、渋谷や恵比寿に幾つかお店があるチェーン店だが西武の駅構内店舗にしてはオサレである。

店内は撮影が制限されたので拙い解説を。
店内は東西に細長く手前に喫煙フロア(なぜ手前に持ってくる・・・)と厨房、奥は比較的大きめのフロアで禁煙席が。セブンチェアが並ぶテーブル席が主力だが、地下にもかかわらず明るめに持って行ってる。

今回は軽く・・・
Img_0027_2
スムージーで。



お店データ

Dexee Diner nerima


大きな地図で見る

所在地:東京都練馬区練馬1-3-5 西武練馬駅B1F
営業時間:07:30~23:00
定休日:なし
電話番号:03-6427-0992
http://www.dexee-diner.com/map_nerima.html
http://ameblo.jp/dexeediner/theme-10024850972.html

Img_0028_2
だいたいのカフェのチェーン店系はひと通りのツボを押さえている練馬では珍しいオサレ系に部類するカフェだが、いかんせん節々に中途半端さが見受けられるのが残念。(例えばお店の案内(駅までは書いているが「どこのフロアにあるか」すら書かれていない、入口側が喫煙席(これには内装上の理由がありそうだが)とか・・・))そこさえ目をつぶれば足回りの良い場所でのオールラウンダー的なカフェとして使えそうである。

# ちなみに、波(Wi-Fi)は、入口付近であれば都営の駅の共用(NTT系3社+UQ+ソフトバンクWi-Fi)無線LANのAPの波が、また1Fにある55ステーションに設置されていると思われるfonの波が捕捉可能である。

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

カテゴリー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31