無料ブログはココログ

Google +1

にほんブログ村

Instagram

にほんブログ村(記事一覧)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月30日 (日)

商店街の隠れ家アンティークカフェ、antique studio Minoru / 経堂

Img_0328_2
 とある日の午後のこと、千歳船橋のいつも使いにしているお店の店主から、経堂に気になるお店があるんですよぉ~、と言われて行ってみることに。

Img_0326_2
 駅北口のすずらん通りを入ってすぐの位置にあるお店、antique studio Minoru。基本は場所貸しなのだが、空いている日はカフェをやっているという。そのカフェの入口は右側にひっそりとある。

途中靴を脱いで赤絨毯の階段を上がり・・・

Img_0329_2
踊り場にあるライトと壁画が重厚さを伺わせる・・・。

さらに上がり・・・
Img_0333_2
んん・・・・?

Img_0334_2
目の前に広がるこの表からは想像もつかない大掛かりなアンティーク空間、ロフト付きである。写真では写っていないが、左手にカフェのカウンターという構成。

とりあえずは奥に座らせてもらう。

Img_0331_2
ロフト席の下にある席からフロアを眺める。元は50年ほど続いていた写真館を改装したとはいえ、それにしても大掛かりな店内である。

今回は・・・

Img_0336_2
普通にカフェオレを頂く。



お店データ

antique studio Minoru(アンティークスタジオみのる)


大きな地図で見る

所在地:東京都世田谷区経堂2-2-9 アンティークスタジオみのる
電話番号:03-5450-8144
営業時間:11:00~20:00
定休日:火
その他貸し切りイベントがあるので事前にスケジュールを確認のこと。
http://antique-studio-minoru.com/

Img_0337_2
経堂というとクルマがマトモに入り込めない路地が多いだけに個人系のこじんまりしたお店が多いのだが、予想外の隠れ家的アンティークカフェ。貸し切りが比較的多く土日は使うのが難しいのが少々難点だが、ランチも若干はやっている。

あの入口からの長いアプローチと異空間の店内は「経堂らしからぬ」1店、渋い大人のお店の1つである。

2011年1月25日 (火)

【閉店】路地裏のガールズカフェ、Rcafe / 桜木町

# 2011年9月頃に閉店しました

# 少し投げ忘れネタを・・・

 正月にちょっと気になるお店があって横浜に。まぁ、勿論休みだったわけですが、そんなこんなですんなり帰るわけにも行かず、桜木町でかろうじて開いていたお店を。

Img_0003_2
桜木町駅前の路地に入ってすぐに現れるお店、Rcafe
見た目がこれなのですぐに判るが・・・・

Img_0006_2
店内はこんな感じ、ピンクベースのポップな店内。

Img_0004_2
2Fは窓際にカップル席、天井は恵比寿の某カフェの3Fを一部彷彿とさせる空間。

ちょっとハズしたかなぁ・・・、と思いつつ、1Fに戻って

Img_0010_2
ガトーショコラを頂く。



お店データ

Rcafe


大きな地図で見る

所在地:神奈川県横浜市中区花咲町3-87
営業時間:11:30~24:00
定休日:無
電話番号:045-250-3939
http://www.r-cafe.jp/

Img_0009_2
 ハコは完全にガールズ向け、というのがありありと出ているのだが、年齢層の足元を見てか、ハコの設計に手抜き感のある所が否めない所。1Fと厨房の仕切りが完全にオープンで、階段を上がろうとすると厨房が全部丸見えになるのが致命傷、あまり気持ちいいものではない。
# 折しも平沼橋の某カフェが祭りになってた時期に行っただけに・・・

 foodは特に注文をつけることはないが、やはりコーヒーはちょっと・・・だったかなぁ、と。あと、奥のスタッフのやりとりやtabelogの話も総合するとスタッフの入れ替わりが激しいような節がある(ってちょっと検索かけたらやっぱり募集してた。)。

 個人的には、「ぐるなび掲載店に良店無し」の典型的のお店(キッパリ)。

2011年1月23日 (日)

HUMMINGBIRD COFFEE(ハミングバード珈琲) / 紀和

 先に猫と苺とおもちゃの鉄道で往復してきた後に、向かった先は紀和と和歌山市の中間の珈琲店。だがしかし・・・・

「本日のみ都合により開店は18時から」

あぁぁ・・・(ちなみに行った時間は17時)、かといってここまで来て引き下がれず、和歌山市駅に戻って充電のためのビバーク(ぉぃ)してから再び開店時間にトライ。
# どうせ移動はスルッとKANSAI 3daysの神通力が効くエリアなのでバス代なんて気にならないし・・・

Img_0238_2
国道から少し路地に入った一軒家の軒先を改装したお店、HUMMINGBIRD COFFEE(ハミングバード珈琲)。

ぽっかりと灯りが点いているところにおそるおそる入ってみる。

Img_0240_2
入ってすぐ脇は「珈琲と雑貨のお店」を標榜するだけに雑貨のコーナーがしっかりとある。その奥に客席といった構成。(ただし雑貨コーナーの写真はなし ^-^;)

Img_0243_2
カウンター席はタイルが貼りつけられ、シンプルな中にも味のある渋さを感じる店内。

Img_0242_2
店主が静かにコーヒーを淹れるひととき、凛とした空気が張り詰める。

ということでオーダーしたのは・・・
Img_0245_2
ブレンドと・・・

Img_0246_2
チーズケーキを。ただのチーズケーキでは無くてちょっとレモン風味が入ったしつこくないすっきり系。

続きを読む "HUMMINGBIRD COFFEE(ハミングバード珈琲) / 紀和" »

2011年1月22日 (土)

猫の手も借りた駅カフェ、たまカフェ / 貴志(紀の川市)

Img_0224_2
 さて、関西ラリーの2日目の本目的はこれ。JRの和歌山駅からヒョロッと伸びる猫の手も借りた鉄道、和歌山電鐵(元南海電鉄貴志川線)。個人的にはまだ南海の経営だったころに1度行ったきり。
# 厳密には公共放送桃太郎と某デザイナーの手を借りた鉄道、なのだが・・・

その経緯は以下動画



が非常に参考になる。

Img_0220_2
JRの構内(しかも改札内)のホームの端にある改札を抜け、電車に乗ること約30分ちょっと、

冬休み明けの日曜にも関わらず途中駅(特に伊太祈曽)で人が増え・・・、そのまま
Img_0221_2
終点、貴志。

Img_0225_2
駅の階段を降りてすぐ脇にある昨年夏に建て替えられた駅の待合室を兼ねて作られたカフェスペース、たまカフェ。

Img_0233_2
本日は駅長、というか常務執行役員は日曜なので公休日。

Img_0228_2
次の電車までホットみかんを。

続きを読む "猫の手も借りた駅カフェ、たまカフェ / 貴志(紀の川市)" »

2011年1月19日 (水)

工場跡事務室 / 東大寺(奈良)

 先のお店からスルッとKANSAIを使って・・・、というと時間がかかりすぎるので再びJRで折り返して奈良へ。

 奈良はもともと波(Wi-Fiの使える)カフェが極端に少ないので市内に行ってもドノーマルのお店を、ということになるのだが、あえて定番のならまちを選ばず、かねてから目を付けていたお店を。

Img_0200_2
 バスに乗って少し、ちょうど県庁の北東側に当たる芝辻町。街道から東大寺の境内の門跡に入ってすぐ脇にある平屋の工場っぽい建物。門の脇の小さな看板がかろうじてcafeという存在を示している、工場跡事務室

Img_0186_2
入口はどこかな・・・と探すと、左手の建物はギャラリー、右手がcafeになる。奥にひっそりと開いた扉。
おそるおそる入っていくと・・・

Img_0187_2
おお、まさに町工場。入口はこの右手。

Img_0192_2
引き戸をがらがらーっと開けると手前にキッチンがあり、畳敷きの部屋に靴を脱いで上がる。
そう、このお店、元乳酸菌飲料の工場ということもあり、このようにかつての面影を博物館のように随所に小物として残してある。

行った頃が10時過ぎだったので当然誰も居るわけでもなく、奥に座らせてもらう。

Img_0188_2
小物も古道具系が随所に並べられつつも、随所に奈良らしいモノがちらほら。

さて、オーダーは・・・
Img_0193_2
「おうす」(すなわち抹茶)を。

ここでお茶受けがついてくるのだが・・・、年始なので
Img_0194_2
ぜんざいが。
# そういえばここ1,2年ぜんざい食べてなかったよなぁ・・・

続きを読む "工場跡事務室 / 東大寺(奈良)" »

2011年1月18日 (火)

【電チラカフェ】CAFE FUNCHANA(カフェ ファンチャーナ) / 三郷

# 関西カフェラリーシリーズ、2日目に入ります。

前日が相変わらずのハイペースだったので、・・・といいつつ2日目も朝から出動。

Img_0167_2
まずは実家近所・・・、ということで王寺からJRで一駅、三郷。
線路沿いに王寺に戻る方向に歩くと現れるお店・・・

Img_0168_2
奈良のタウン誌では常連カフェ、CAFE FUNCHANA

Img_0180_2
店内はガッツりカリモク60系のチェアを中心に広い間隔で取られ、観葉植物の緑と床の木の色と壁面の白の3パターン色が心地良さを与えてくれる。

Img_0169_2
コーヒーはサイフォン、エスプレッソ、水出し系と3パターン。

てことでモーニングをオーダーしてみる。
Img_0173_2
トーストでも必ずサラダがつくしっかり系。

ドリンクは組み合わせができるので・・・
Img_0176_2
ラテを。こんな感じでアートも書いてくれる。器も素朴な風合いのある陶器、傍らで一部販売も行なっている。
そして、付け合せが・・・・「みかん」。このあたりがやっぱりどこか(いい意味で)地方カフェっていう感じ。

続きを読む "【電チラカフェ】CAFE FUNCHANA(カフェ ファンチャーナ) / 三郷" »

2011年1月17日 (月)

学校裏の倉庫カフェ、SEWING TABLE COFFEE(ソーイングテーブルコーヒー) / 星ヶ丘(枚方市)

Img_0145_2
# 関西カフェラリーシリーズの1日目最終編

 京都波カフェラリーで胃がボロボロになりながらも天満橋のあそこを取るかこちらを取るかで迷った挙句に、最後はおけいはんを枚方市で乗り換え。個人的には少しだけ住んでいたこともあり土地勘のある枚方市。そこから信貴電もとい交野線で2つ、星ヶ丘。

Img_0142_2
住宅街の坂を上り4,5分、住宅街の端にある洋裁学校。今回はこちらが目的地。

Img_0143_2
少々不安になりながらも学校裏へと続く路地を進む。

そして裏庭に出てきたのがこれ。
Img_0158_2
「は?!」

度肝を抜く堀立小屋っぷり。かろうじて脇にあるテントがカフェ、なのかなぁ・・・・?という片鱗を伺わせてくれる。

さてさて、入口はどこかいな・・・、と探してどうやらテントの奥がそうらしい。

Img_0156_2
戦後間もない頃に開校した洋裁学校のおそらく倉庫らしき場所をほぼそのまま使用したミニマルなギャラリーカフェ、SEWING TABLE COFFEE(ソーイング テーブル コーヒー)。
すでにこの方は私が天満橋で絶賛しているお店とセットで行かれていたのだが、写真を見てハコの出で立ちにクラクラ来てしまった次第。

Img_0147_2
そんなわけでハコの素性がほぼそのまま良く出ている。
床もコンクリづくりなのだがすでにボロボロで椅子も場所によっては安定しない、そんな所もこのハコのアジの内。

Img_0155_2
奥にはかろうじてソファー席。

Img_0151_2
このときはギャラリーイベントが開催されており、店内はそれなりにひっきりなしに出入りがある。それもそのはず、ku:nelとかの「あっち系」では有名らしい。

とりあえずカウンター席の端っこに座らせてもらって・・・、厨房前にあった年季のあるコーヒーミルを見てメニューは決まった。
Img_0150_2
ラテを頂く。器も「そっち系」の素性がよく出ている素朴なモノ。

続きを読む "学校裏の倉庫カフェ、SEWING TABLE COFFEE(ソーイングテーブルコーヒー) / 星ヶ丘(枚方市)" »

2011年1月15日 (土)

BON BON CAFE / 河原町今出川

Img_0114_2
 先のお店から今出川通を横断、一気に鴨川縁に出る。そしてtwitterで波カフェのネタが上がっていたここ、BON BON CAFE

 Img_0113_2
入口はどっちかいなぁ・・・、とさまよっていたらどうやら河縁のこっちではなくて先程の方らしい。

Img_0119_2
元銀行だったハコらしく奥には金庫室だったらしき喫煙フロアが厨房奥に。
店内も中二階のようなロフト席もあり、多種多様にあふれる。

Img_0118_2
奥は鴨川に近づくようにテラス席が。

Img_0115_2
勿論、言わずもがな、な眺望である。

今回はまだまだ数が残っていたので・・・

Img_0116_2
簡単にキャラメルラテを。



お店データ

BON BON CAFE


大きな地図で見る

所在地:京都府京都市上京区河原町今出川東入梶井町447-5(加茂大橋西詰)
営業時間:11:00~24:00
定休日:なし
電話番号:075-213-8686
http://www.madoi-co.com/food/bon-boncafe/

さて、肝心の波(Wi-Fi)のほうだが、スタッフに聞くと「ない」とのこと。

どうやらお会計をしていて解ったことだが店内にはあるのだがどうやら非開放っぽい様子。(誰かお客さん宛に開放してれば教えてください。)

Img_0117_2
それにしてもハコもロケーションもなかなかのお店。天気の良い日はテラス席で、それ以外の日は銀行のハコを楽しみながら、と使い分けできそうなお店である。


2011年1月10日 (月)

【電車の見えるカフェ】PORTAL CAFE / 京都駅

 こちら側の新年最初は関西カフェラリーシリーズからスタートです。

 1月の3連休を使って関西へ。まずは課題店をたんまりと抱えている京都へ。

Img_0064_2
駅に着いてまず向かったのはここ、JR京都駅中央改札正面のSUVACOにはいるPORTAL CAFE(ポータルカフェ)。

Img_0067_2
正面から厨房脇の細い通路を抜けると、比較的高い仕切りで仕切られたボックス席と・・・

Img_0066_2
奥にはオープンテラス席。テラス席の向こうにはパンチングメタルの向こうに広がるTrain View。

Img_0068_2
今回はこの後のスケジューリングもあるのであっさりとブレンドを。



お店データ

PORTAL CAFE


より大きな地図で 鉄道が見えるカフェ を表示

オススメ度:☆☆☆☆
路線:JR京都線(東海道本線),嵯峨野線(山陰本線)
   東海道新幹線,近鉄京都線
所在地:京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
JR伊勢丹 SUVACO 2F
営業時間:07:00~23:00
電話番号:075-342-2577
http://www.wjr-isetan.com/kyoto/suvaco/shop_info_2f.html

Img_0065_2
ここ、BOX席になっている8ヶ所ほどの壁面(一部はテーブル下にあり)にこのようにコンセントとEtherの口が設置されている。LANケーブルについては申告すれば借用できる。
なお、速度は下りが3Mbps、上りが7Mbps程度とetherにしては遅い。ルータはBBR-4MGといった構成。PPTPも問題なく通る。

開店時間からして駅すぐのマルチユースなカフェとしては最適な場所。Wi-Fiだけは無いがそれなりにカバーできるものはひと通り揃っているのでビジネスユースにももってこいである。
なお、テラス席は雨天閉鎖、お子様メニューは無しとのことなので鉄なviewを目当てにする方には要注意。しかしながら日本の大動脈である幹線だけに種類の豊富さではトップクラスであろう。

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

カテゴリー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31