無料ブログはココログ

Google +1

にほんブログ村

Instagram

にほんブログ村(記事一覧)

2018年4月20日 (金)

【電車の見えるカフェ】BUoY CAFE(ブイカフェ) / 北千住・千住大橋


元ネタはカフェ大御所の求人記事から。北千住の南の方にアートギャラリー&イベントスペースにカフェが出来るこということでwktkして待っていたところ、どうやらopenしたので1度現場を確認した後、再度訪問。

場所は北千住の南、最寄りはわずかに京成線の千住大橋のほうが近い場所、尾竹橋通り沿い、JRのアンダーパスの側道にある元ボウリング場と銭湯だった跡にある…

Img_6677_2
アートセンター、BUoY(ブイ)。

Img_6680_2
その2FにあるのがBUoY CAFE(ブイカフェ)、openはたしか2017年10月だったか。

Img_6681_2
入るとおそらく元ボーリング場跡の奥に長~いガラーンとしたハコ。その窓際に元工作台というか図工室にあったような大テーブル席が3つあり、usedのチェアが20席程度で構成された客席。

Img_6686_2
そして南側の窓からは高架を走る京成線が一望。左手の脇には常磐快速線、奥につくばエクスプレスや日比谷線がチラリと見える。

Img_6705_2
キッチンは階段の上後方南西側にあり、DIY感あるカウンター空間にハリオのドリッパーが並ぶ。

この日は土曜の14時半頃、お客さんは他に1人。今回は様子見で…

Img_6687_2
フツーにコーヒーを(豆はなにか忘れた)。ドリップは今回フレンチプレス(クレバーもあり)、豆は駒込の百塔珈琲さん(既訪 LCF系)から。爽やかな酸味系、後味も良い。

» 続きを読む

井尻珈琲焙煎所 / 大正


Img_8347_2
かねてから京阪神エルマガジン系列の雑誌で気になっており、祐天寺のA(既訪)の片一方の豆元ということを聞いていたお店を1月の帰省時に。先の商店街のお店でランチを済ませて、駅に戻って今回の本題に向かう。

場所は環状線の駅を出て1本北側の路地入って程なく、駅前の呑み屋街の中に「珈琲専門店」という行灯が出ているお店が。

Img_8348_2
今回はこちら、井尻珈琲焙煎所

# 店内は1枚だけ写真の許可を貰ったので拙い解説で

入ると薄暗く奥に長いハコ、すぐ左手にフジローヤルの焙煎機が鎮座する。

客席はその奥から逆L字状にダークブラウンのカウンターに8席ほど。そして右手中程から奥にかけてテーブル席が4席×2組といった構成。

この日は土曜の13時半頃、奥には親子連れの常連さんが居られ、お子さんが店主の所作をじーっと見つめている。今回はカウンター席に座らせてもらって…

Img_8349_2
(たしか)コスタリカをネルドリップで。大正らしくない良い空間と、ネルドリップの舌触り。

» 続きを読む

2018年4月17日 (火)

ink. by CANVAS TOKYO(インク バイ キャンバス東京) / 代官山


 11月のとある週末の午後、広尾のコーヒースタンドの2号店がopenしたということでそちらに。

 場所は猿楽小学校裏交差から八幡通り沿いに少々並木橋方面へ進んだ右手のビル、通りからは解りづらいが路地側に白いファザードを見せる入口が。

Img_6589_2
今回はこちら、ink. by CANVAS TOKYO(インク バイ キャンバス東京)、2017年10月日にopenした広尾のCANVAS TOKYO(既訪 波カフェ)の2号店である。

Img_6593_2
入ると真っ白いハコ、カウンターにはマシンは首都圏では初導入と思われるSlayer EspressoSlayer Steam。上には7色のキスマークデザインのカップが積み上げられる。

コーヒースタンドスタイルなのでキャッシュオン。左手奥側にはバーガー用の器具がちょこっと見える。

Img_6592_2
客席は折コンにステンレス板を載せテーブルにした腰掛けが20数人程度といったシンプルな構成。

この日は11月の土曜の15時頃、お客さんは7,8人ほど。今回は様子見で…

Img_6594_2
カフェラテを。ただーし、乳脂肪分少なめのミルク感しか…(´・ω・`)

» 続きを読む

2018年4月16日 (月)

Coffee Work Shop Shanty(コーヒーワークショップ・シャンティ) / 北千住


Img_6459_2
11月のとある日の夕方、北千住方面へ。しかしながら北千住のお目当てのお店はだいたい火曜日が定休で、呑み屋街が多い性格上、18時になると大体のカフェや喫茶店は営業が終わってしまう。

そんな中で老舗の喫茶店があったことを思い出して行ったのが…

Img_6458_2
Coffee Work Shop Shanty(コーヒーワークショップ・シャンティ)、東口のサンローゼ亡き後、北千住を代表する喫茶店である。

Img_6462_2
入ると電球色に包まれたそこそこに手入れされた店内、左右にテーブル席が20数席あり、正面突き当りにカウンターが。

Img_6466_2
そしてカウンターにはサイフォンが並べられ、白髪のシュッとしたマダムが手際よくサイフォンをドリップしていく。バックカウンターには年季の入った(おそらく)第一コーヒーの赤缶が品種別に並べられる。

この日のお客さんの入りは地元のご年配の方々4割程度…と思ったらあとから会社帰りのお客さんが続々と。今回は様子見で…

Img_6460_2
ンゴマを。それにしてサイフォンはぬこ舌にはつらひ…(´・ω・`)

» 続きを読む

2018年4月14日 (土)

シャララ舎 / 笹塚

元ネタはinstagram方面から。かねてから気にしていた本八幡のカフェが笹塚に移転してくると。お店の現場も確認してopenしたということなので、その週末に早速。

場所は笹塚と代田橋の間、環七のちょっと東の京王線の1本南側の通り沿いのマンションの1Fに入る…

Img_9657_2
今回はこちら、シャララ舎、2018年3月に2度目の移転openをしたお店である。入口は左手から。

左手のフロアは物販エリアとなっており、店主が手がける琥珀糖を中心に販売されている。そして正面にレジカウンター。喫茶はその物販エリアの右手から。

Img_9659_2
入ると多く棚や植物で区画が区切られ、通り側は高円寺のRやEのようなお一人様~2人がけの席が7席ほど。入った左手回り込んだところにもお一人様が。

Img_9661_2
真ん中に鉱石小物の棚で仕切り、東端の壁面にカウンター席が3席ほどあり、北側にキッチン、そして一番奥の部屋は焙煎室といった構成。

全体的に外見とは裏腹に電球色が映える落ち着いた雰囲気。この日は移転open直後の土曜の13時頃、お客さんは1組、今回はまずはおやくそくとして…

Img_9664_2
鉱石のソーダ水、今回は(たぶん)青の梅ソーダを。琥珀糖、グミっぽい食感なのな。

» 続きを読む

2018年4月12日 (木)

DUMBO Doughnuts and Coffee(ダンボ ドーナツアンドコーヒー) / 麻布十番


# 今回は小ネタ

11月のとある日の土曜の夕方、メトロ一日券だったので途中某所に寄る前に麻布十番で途中下車。そういえばかねてから未訪問だったビジュアル系ドーナツショップに。そのお店とは…

Img_6400_2
DUMBO Doughnuts and Coffee(ダンボ ドーナツアンドコーヒー)、2016年8月以来、女子ウケの良いインスタ映えするドーナツがとカップ評判で人気のお店である。

Img_6399_2
入るとすぐ正面にカウンタがあり、マシンは筐体がカスタマイズされたSlayer EspressoSlayer 2連

客席は入口左右にカウンター席が2席ずつ、以上、といった基本takeoutのスタイル。この日は土曜の18時近く、お客さんは閉店間際になっても後から続々と。今回は…ん、限定モノがあるということで…

Img_6396_2
「ひみつ」を、C-TIVEコラボドーナツ

» 続きを読む

2018年4月10日 (火)

珈琲 驢馬とオレンジ / 西荻窪


Img_8867_2
元ネタは中央線沿線のカフェの鬼、この方からの頂きネタ。西荻窪にしっとり感のあるカフェが出来たと。しかもパッと見雰囲気良さ気なのはひしひしと伝わって来たこともあり、夜営業している間に早速。

場所は西荻窪の南口から乙女ロードをひたすら下ること、だいたい一本東側にロマンスレコードカフェJさん(既訪)があるあたり。全面広くサッシ戸のお店が1軒。

Img_8874_2
今回はこちら、珈琲 驢馬とオレンジ、2018年1月25日にopenしたお店である。

Img_8869_2
入ると年季の入ったハコ、すぐ正面に6席ほどの大テーブル席があり、左手の壁面には古いオーディオセットが置かれる。そして正面やや左手中程から奥にかけてキッチンが。

Img_8873_2
右手は2フロアに分かれて手前側にテーブル席が6席、奥に8席ほどの構成。どことなく古商店感を残す落ち着いたハコ。

この日は平日の20時頃、お客さんは他に1人でちょうど出ていかれたところ。今回はお茶使いで…

Img_8871_2
珈琲濃いめとラムケーキと。ラムケーキなかなかバランス良い甘さ。珈琲豆は高円寺のブラウンチップさんから、ネル向きの豆っぽい香り。

» 続きを読む

2018年4月 6日 (金)

CAFE SOSEKI(カフェ漱石) / 早稲田


この日は昼過ぎに早稲田方面へ。元ネタは早稲田界隈はこの方からの頂きネタ。早稲田と神楽坂の間の区立公園にカフェが併設されているということで。

最寄り駅は早稲田だが外苑西通り寄り、住宅地の中にどどーんと現れる、

Img_6189_2
新宿区立漱石山房記念館、その1Fに入る…

Img_6191_2
CAFE SOSEKI(カフェ漱石)。カフェは入館料なしのエリアにあるので、入口入ってすぐ左手がカフェエリアとなる。

Img_6192_2
入ると手前オープンスペースの部分にテーブル席が8席ほど、その奥右手にカウンターが細長くあり、キャッシュオンスタイルを取る。置かれているマシンはSynessoのCyncraかな。

残りの客席は窓際のカウンター席が8席ほど。この日は11月初旬でも晴天故にガラス張りの温室状態で暑い…。今回はお茶使いで…

Img_6196_2
抹茶セットを。

» 続きを読む

2018年4月 4日 (水)

SORAYA(ソラヤ) / 門前仲町

さて、先の永代橋袂のコーヒースタンドから更にバスで東へ移動。向かったのは富岡八幡宮のちょいと東、レトロなアパートの低層階倉庫跡らしき1Fにある複合施設、YANE、その中に入る…

Img_6177_2
今回はこちら、SORAYA(ソラヤ)。

Img_6179_2
手前がボタニカルショップ、左手奥がフォトスタジオだったか、中央奥がカフェとなる。

Img_6178_2
カフェエリアは正面にカウンターとキッチンを備え、脇にLA MARZOCCOのLINEA Classicが鎮座。

客席はキッチン前のカウンター席が4席ほど、中央に大テーブル席が10数席、南側にベンチシートを含むテーブル席が10数席、奥にソファー席を8席程度備える。そしてシャビーで緑多めのオサレな店内。

この日は日曜の10時過ぎ、お客さんは他に奥に1組のみ…って何やら雰囲気がただならぬ様子、ってどうやら彼の両親に初めて面会という現場…(^-^; 今回は様子見で…

Img_6181_2
カフェラテを。豆はAllpressから、ううーむ、多分木場ブレンドらしきビター一辺倒のはっちゃけたテイスト…(´・ω・`)

» 続きを読む

2018年4月 3日 (火)

GUMTREE COFFEE ROASTER(ガムツリーコーヒーロースター) / 門前仲町


先の丸の内のブックカフェからバスに乗って門前仲町へ移動、といっても永代橋のちょっと先で下車。中央区新川の人気コーヒースタンドがロースタリー兼コーヒースタンドをopenしたというの早速。

場所は永代橋の袂程なく、少し路地に入った角に見覚えの木のロゴが有る…

Img_6169_2
今回はこちら、GUMTREE COFFEE ROASTER(ガムツリーコーヒーロースター)、GUMTREE COFFEE COMPANYの姉妹店で2017年10月25日にopenしたお店である。

Img_6171_2
入るとカウンターの奥、通り側にDIEDRICHの焙煎機が鎮座し、カウンターには角型のケースにディスプレイされたコーヒー豆が9種ほど並べられる。その右手にHARIO V60のドリッパーがいくつか。

Img_6174_2
カウンターは東側奥まであり、一番端にSynessoの

客席は南側窓際にそって6,7人程度が座れる腰掛けとシンプルな構成。

この日は11月の日曜の9時過ぎ、お客さんは後から他に1人ほど。今回は様子見で…

Img_6175_2
カフェラテを。GUMTREEさんらしいリーフ具合。

» 続きを読む

«Cafe Le Vent(カフェ ルヴァン) / 旗の台

カテゴリー

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30